in

会津塗

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

400年受け継がれる伝統の漆器

会津塗が福島県会津地方で伝統産業になったのは、1590年に幕府の命を受けて蒲生氏郷(かもううじさと)が会津の領主になったことが始まりです。

蒲生は産業として漆工芸を奨励し、以前領主をしていた近江の国から漆器職人を呼び寄せるなどして、漆塗りを会津地方に広げていきました。

さらに、漆器の原料となる漆の栽培も会津で行うようにし、漆の生産から漆器の製作まですべて一貫してできるように整備することで、会津は漆器の1大産地となるまで成長したのです。

江戸時代の中期には海外への輸出も行われるなど、その活気は日を追うごとに大きくなりました。

その後幕末の戊辰戦争で会津塗産業は壊滅的な被害を受けますが、何とか活気を取り戻し、約400年という時を超えて現代まで受け継がれています。

会津塗の特徴

●特徴

会津塗の最大の特徴は、その美しい模様にあります。

会津塗は檜垣、松竹梅、破魔矢を組み合わせた「会津絵」という模様が施されています。

会津塗の模様の描き方はひとつではありません。

例えば、水あめに金粉を混ぜて、後で水あめのみを洗いとる「消金粉」といわれる技法や、色粉で絵柄を描く「朱磨き」など。それ以外にも「鉄錆塗」「金虫喰塗」「木地呂塗」「花塗」など、模様の描き方はたくさんあります。

多彩な塗りの技法があるところも会津塗の特徴です。

会津漆器には、何度も漆を塗り重ねることで漆特有のツヤを目立たせるものと、透明の漆で木目を際立たせるものの2つがあります。

漆をしっかりと塗りこむタイプのものは市場に出るまでに地塗り、中塗、上塗りの工程を入れなければなりません。

上塗りにはさらに、花塗り、呂色塗りなどがあります。

花塗は油分の多い上塗漆を塗ったまま放置するものです。

会津の場合、卵の白身を漆に混ぜることが多いです。

こうすることで、漆が伸びないで固まってしまうことを防ぎます。

呂色塗りは油分な少ない上塗漆を塗り、乾燥後に木炭で研いで磨いていきます。

●作成行程

木地作り

木地はお椀などの丸物、お盆などの板物を使います。

木地は水分をなくすため、2~3週間自然乾燥させます。

下地つけ

下地付けは渋下地と錆下地の2種類があります。

この2つの違いとして、渋下地は薄いので、この後の工程で上塗りをしたあと2~3年すると、上塗りに痩せが生じて独特の味が出てきます。

一方、錆下地は生の漆にとの粉という意思を砕いた粉を加えたものを塗りつけます。

錆下地は滑らかな下地を作るのに優れています。

塗り

塗は3つの工程に分けられます。

順番に、下塗り、中塗り、上塗りの工程を踏んでいきます。

漆塗りは難しく、塗師の筆さばきは長年の経験を踏まないと身につかないといわれています。

加飾

加飾とは模様付けのことを指します。

特徴の項でも述べましたが、会津漆器の加飾は様々な方法があります。

それだけ、バラエティーに富んだ伝統工芸品とえます。

会津塗の利用シーンと利用の注意点

●会津塗りの良さとは

会津塗りの良さは、手触り、口当たりがいいことです。

漆は独特のしっとり感があります。手で触ってみると、材質に漆がなじんでいることが肌に伝わってきます。汁物などは口当たりがよくて飲みやすく感じます。

機能的な面で見れば、漆で塗られた会津塗は断熱性が高いため、熱いご飯やスープを入れても熱くなりにくくなります。

逆に、アイスなどの冷たいものは熱が外に逃げにくくなるので溶けにくくなります。

●まとめ

会津漆器の歴史と特徴についてまとめてみました。

多彩な模様と何度も塗り重ねた漆のツヤが会津漆器の良さです。

ぜひ、会津漆器を見かけることがあったら模様などにも注目してみるといいですね。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

琉球漆器

曲げわっぱ