in

有田焼

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

佐賀県有田町

  • 1616年頃
  • 江戸時代

歴史

現在の佐賀県有田町周辺で焼かれた国内最古の磁器です。

1616年、豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に連れてこられた朝鮮人陶工のひとり李参平が、磁器の材料となる陶石を有田泉山で発見したことが始まりと伝えられています。

伊万里港から運ばれたので伊万里焼とも呼ばれております。

特徴

有田焼は、透き通るような白磁の美しさと、繊細で華やかな絵付が特徴です。

薄く軽く、ひんやり感のあるガラスのような滑らかさ硬質さが魅力で、耐久性が強く吸収性がないので、食器としての使用に最適です。

そのほとんどは、陶器ではなく磁器が主流となっています。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

伊賀くみひも

九谷焼