in

甲冑

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

東日本

  • 800年頃
  • 平安時代

歴史

考古学の成果として、弥生時代では「組合式木甲」(前期末から中期中葉)と「刳抜式木甲」(前期末から古墳前期)といった木製甲があり、弥生前期末頃には半島系武器と共に甲冑の出現も確認されています。

古代古墳時代には、古墳の出土品として、「短甲」と呼ばれる帯状鉄板を革綴(かわとじ)ないし鋲留(びょうどめ)して組み立てる日本列島独自の形態のものが出現し、さらに古墳時代中頃からは、大陸の影響を受けた「挂甲」と呼ばれる甲(鎧)が出現しました。

奈良時代には引き続き短甲・挂甲が使われましたが、実物が伝わっておらず、どのような形態・外観であったのかよく解っていません。

平安時代における武士の出現とともに大鎧という独自の甲冑がみられるようになりました。

平安時代は中国(唐)との交通が絶え、日本的な趣味が発揮されて、甲冑にも一大変化がもたらされました。

それまでの騎射戦がほぼ完成されたため、大鎧が出現しました。

室町時代胴丸・腹巻併用時代と言うこともできます。槍の流行、鉄砲の伝来など室町時代末期の軍事上の変革にともなって甲冑は三たび変化を余儀なくされました。

こうして戦国時代には当世具足が一世を風靡しました。

特徴

日本製の甲冑には海外で見られないような特徴がいくつかあります。

鉄そのもので製作されている海外の鎧は、鉄でできている様子が目に見えて分かります。

日本製の甲冑のようにさまざまな施しがされていません。

防御力に関しては日本製の方が抜群に高いと言われています。

高い防御力を持っている理由にはさまざまな部分を組み合わせており、鉄だけでなく漆塗りや紐(ひも)が使われていることにより丈夫な作りとなっていることにあります。

外見的にも美しい姿をしている日本製の甲冑は非常に海外からも評価が高いです。

日本製甲冑の1番の特徴は、鮮やかな彩りと全体的な美しさにあります。

古墳時代や平安時代の甲冑にはあまり見られませんが、武士が活躍し始めた頃には自らの権力を誇示する方法として、身に着ける甲冑を華やかにしました。

また、戦いで使用されなかった甲冑を飾り用として武家屋敷に飾っていた時代である江戸時代も、彩り鮮やかな甲冑が多数製作されています。

上級武者たちは大袖を甲冑に施しており、大袖には色鮮やかな繊維物でデザインされているものが多い傾向が見られます。

赤や青などハッキリした色が使われているのも日本ならではの特徴となっており、江戸時代に飾り用として製作された甲冑にはたくさんの色が使われています。

その美しさによって日本製の甲冑をより引き立たせています。

さまざまなジャンルの技術を組み合わせている甲冑、日本製の甲冑は甲冑師が主に製作していますが、甲冑師だけではなくさまざまなジャンルに特化したプロたちが関わり、製作されていることが特徴のひとつでもあります。

例えば、戦国時代では甲冑職人だけでなく、刀や弓矢職人も重宝している傾向があり、甲冑の需要が多かったため、職人の数も急激に増えました。

時代ごとに流行した鍛鉄や皮革、金工、漆工芸というような分野の技術も取り入れられています。

甲冑の彩りと美しさに関してお伝えしたように、江戸時代は特に甲冑としての実用性よりも、飾るためのものとして重宝されていたため、外見の姿様子にポイントを置いていたのです。

よって、金工や漆工芸で使われる技法を甲冑に施すことにより、甲冑の美しさをより向上させました。

甲冑づくりに必要な技法だけでなく、さまざまなジャンルの技法を組み合わせることにより、また新しい日本製の甲冑が生まれたということになります。

これは日本独特の技法だと言えるでしょう。

日本製甲冑はさまざまなパーツを組み合わせていることで「甲冑」になります。

立物(たてもの)、吹返、目庇、面頬、脇引、脇当、喉輪、大袖、草摺、はい楯などのパーツがあります。

これらのパーツが統一してそろっている甲冑であればあるほど、価値が高くつきます。

日本製の甲冑は海外製よりもたくさんのパーツが存在しており、そのパーツも時代によって製作される甲冑の種類によって違いがあります。

このような違いがあるからこそ日本製の甲冑に魅了されてしまう人が多い証拠かもしれません。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

菊間瓦

経師