in

日本の伝統工芸の”今”を知ることができるWEBサイトまとめ

Journal編集長
Journal編集長

年々増加する訪日外国人の数と比例して、日本の名所や名産品が載っているサイトやブログなどのWEBサイトの数がどんどん増えていますよね。しかし、伝統工芸に的を絞ったサイトはあまり多くはありません。今回は、伝統工芸の今を知ることができるWEBサイトを紹介していきます。

知っているようで知らない伝統工芸についてチェックすると日本のよさが再発見できること間違いなしです!

それぞれのサイトの内容と特徴を紹介します。

ワゴコロ

https://wa-gokoro.jp/

『ワゴコロ』は、”日本の伝統文化や職人の魅力を伝えるサイト”として、日本のあらゆる伝統文化や行事、芸能などについて紹介。

ワゴコロの担当者が伝統文化を体験レポートする様子なども詳しくアップされているサイトです。

香道・書道・茶道・華道など日本ならではの『道』の付く諸芸を詳しく解説しているほか、伝統工芸の職人たちのプロフィールや生み出させる作品の紹介もしています。

伝統文化に関わる人を増やし関わる人の役に立ちたいという思いで運営されていますので、書かれている内容もとても深いです。

特に伝統文化に興味がある方は必見のサイトです。

●運営者:(株)ヒトノテ ワゴコロ編集部

四季の美

https://shikinobi.com/

『四季の美』は、”ワクワクするニッポンを未来へ”をテーマに、日本の伝統産業・伝統工芸を応援するためにつくられた求人サイトです。

求人情報だけでなく、工芸・近代文学・人物(職人)・イベント・着物・文化などジャンルに分けて日本について詳しく紹介されています。

伝統工芸品をつくるための技術の身に着けるための学校紹介や、工房・産地組合・自治体経由で職人として働きたい人を支えます。

●運営者:代表:伊藤達也

ニッポン手仕事図鑑

https://nippon-teshigoto.jp/

『ニッポン手仕事図鑑』はWEBサイトならではの”動画”をメインに、日本の職人の技術や文化を伝えているサイトです。

動画なので手仕事の様子がとてもわかりやすくなっています。

編集長の大牧圭吾さんは、「記録として職人の技術や文化を残していくだけでなく、サイトを通して人と人が出会い、新しいビジネスが生まれてほしい」と考えています。

職人の手仕事がずっと伝承されていくためのお手伝いとして動画作成やイベント企画運営などを受け付けています。

●運営者:株式会社ニッポン手仕事図鑑

REAL JAPAN PROJECT

https://realjapanexperience.com/

『REAL JAPAN PROJECT』は”日本のものづくりをもっと身近に、そして未来へ”という想いから始まったプロジェクトです。

工芸品や食・観光などの日本の文化についての情報発信、工房や職人の紹介がされています。

商品開発・PR・販売も手掛け、オンラインショップで商品が購入できます。

渋谷区千駄ヶ谷にはショールームもあるので、日本のものづくりを手に取って体験したい方におすすめ。

イベントやワークショップも開催されています。

●運営者:株式会社 リアルジャパンプロジェクト

JIZAI

https://jiz.ai/

『JIZAI』は、陶磁器・染織品・漆器・金工品・木工品・人形などのカテゴリ別に日本の伝統工芸を紹介しているサイト。

作品の画像をクリックすれば、職人のプロフィールやほかの作品にいたるまでの詳細を知ることができる”ものづくりサイト”です。

こちらでは商品の販売などはされていませんが、コメントを書き込むことができるので、気になる作品や職人がいる方はぜひアクセスしてみてはいかがでしょうか。

●運営者:株式会社ワークス

さんち~工芸と探訪

https://sunchi.jp/

”工芸の後ろ側には、悠久の時間と職人の織りなす物語が流れている”ととらえ、その物語に触れることで工芸愛を深めてほしい願いをこめてつくられたサイトが『さんち~探訪』です。

『工芸・食・商・本・探訪・宿・人・暦』のカテゴリ別に分けられているので、サイト全体を一つの”読み物”として好きなジャンルから読んで行きましょう。

”探訪”をチェックすれば工芸を目的にした旅のプランづくりにも役立ちます。

●運営者:中川政七商店

COLE

http://cole.ne.jp/

『COLE』は陶磁器工芸をメインにし、それを使うのに欠かせない”食”をコラボさせた”工芸×食べる”WEBサイトとしてはじまったサイトです。

有田焼や伊万里焼、波佐見焼など各地の焼き物工房の様子や、開催されているイベント情報、美しい焼き物に盛りつけられた料理のレシピも公開されています。

また、求人コーナーもあり、全国各地の工芸の求人掲載も募集しています。

●運営者:株式会社 平成浪漫

KARAKURI JAPAN

http://karakurijapan.jp/

『KARAKURI JAPAN』は、インターネットを通じて日本の伝統技術を全世界に”クールに”伝えるサイトです。

YouTubeチャンネルもあり、堅苦しく敷居が高いイメージの伝統文化をエンターテインメント性たっぷりに楽しく伝えています。

折り紙や筆ペン書道など手軽に始められる伝統技術の紹介やオリジナルグッズの販売、インスタやフェイスブックなどでのアピールも積極的に行っています。

●運営者:株式会社 K.Recran

SHOKUNIN

https://japan-traditional-crafts.com/

『SHOKUNIN』は、”日本の伝統工芸品をつくる職人さんたちの人柄と思いをただただ紹介したい”という純粋な想いから始まったWEBサイトです。

有名な伝統工芸品については、インターネットでも多く取り上げられていますが、”日本全部”の工芸品や職人となると、まだまだ知らないことはたくさんありますよね。

そんな情報を集めながら成長中のサイトです。

KOGEI STANDARD

https://www.kogeistandard.com/

『KOGEI STANDARD』は、洗練された工芸品と作り手のインタビュー等を掲載したWEBサイトです。

東京とシンガポールを拠点に活動しているHULS社が運営しており、英語サイトも充実しています。

日本だけにとどまらず、世界中に日本の工芸品の魅力を伝えているサイトです。

粋~IKI~

https://i-k-i.jp/

”今日よりちょっと粋な明日を”をテーマに衣食住にまつわる日本の伝統文化や伝統工芸を解説するサイトです。

職人インタビューなどもとても豊富で読み応えがあります。

エリアなどからも検索が可能で、旅先などで伝統工芸の体験や伝統文化に触れる機会を増やしたい方は必見のサイトです。

TripPicks

https://trippicks.shop/

TripPicksは工芸品の購入、旅行をテーマとしたコンテンツを体感することによって、旅行しているような擬似体験ができるWEBサイトです。

エリア別に工芸品やお土産、職人などが別れており、その土地ならではの体験ができます。

まとめ

日本の伝統工芸といえば、ちょっと年齢層の高い人だけがこだわる、堅苦しくて敷居の高い世界だと思っている人も多いかもしれません。

しかし、今や日本の文化や伝統は世界中から注目され、職人の手仕事を体験したいという外国人も増えています。

職人の世代も若い人に交代した今では、伝統工芸は閉鎖的なものではなくなり、WEBサイトを通じて世界中に情報発信されるようになりました。

そのため海外の方にも、とても親しまれるようになってきています。

昔からある伝統工芸が”今”どうなっているのかを知るなら、今回紹介したサイトをチェックしてみるのが一番です。

日本の伝統工芸を10年後も100年後も受け継いでいくために頑張るWEBサイトを応援していきましょう!

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

伝統工芸士とは?なるにはどうしたらいいの?

独特な技法が光る!越前打刃物のおすすめ包丁20選

独特な技法が光る!越前打刃物のおすすめ包丁20選