in

「クリスチャン・メンデルツマ」のつくる有田焼2016/6選

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

Journal編集長
Journal編集長

2016年に400周年を迎えた有田焼。そんな記念すべき年に生まれた有田焼ブランド「2016/」を知っていますか?有田焼が世界中のデザイナーたちによってよりスタイリッシュでモダンな食器やインテリアになりました。

丈夫でおしゃれで使いやすい有田焼ブランド「2016/」に携わるデザイナーのうち今回は「クリスチャン・メンデルツマ」についてご紹介いたします。

クリスチャン・メンデルツマが作り出す新しい有田焼の魅力をチェックしてみてください。

有田焼ブランド「2016/」とは?

日本を代表する有田焼は現代でも国内だけでなく国外でも人気があります。そんな有田焼が400周年になった2016年に現代のライフスタイルに合う「2016/」というブランドが指導しました。

そもそも有田焼とは?

有田焼は佐賀県有田町周辺で製造されています。陶石を原料にして作る磁器で、ツルツルとした肌触りで、白い素地が特徴的です。

また、薄いのに割れにくく強度に優れているため、普段使いの食器としてもプレゼントとしても重宝されています。

400周年記念として「2016/」が始動!

有田焼は世界に誇れる日本の伝統工芸品で2016年に400周年を迎えました。400周年を記念して作られたのが「2016/」なのです。

「2016/」では世界中のデザイナー16名が参加しており、それぞれの持つ完成や技術を駆使した有田焼が完成しました。

日本の伝統文化と世界で活躍するデザイナーの感性が融合することで新しい有田焼が実現しました。新しい有田焼は現代のライフスタイルに合うようなスタイリッシュなデザインが魅力的です。

普段使いもできますが、特別感があるため、プレゼントとしてもおすすめです。

クリスチャン・メンデルツマとは?

クリスチャン・メンデルツマはオランダ人のデザイナーです。メンデルツマは材料を徹底的に研究するデザイナーとして知られています。

クリスチャン・メンデルツマの経歴

メンデルツマは何年もの間、製品の生涯や原材料を探求する刺激的で勢いのあるデザイナーです。メンデルツマは作る製品の製造工程や原材料に注目して、それらを深く研究していきます。これまで携わってきた「
Checked Baggage」や「PIG 05049」では、プロジェクトを通して、どんどんと見えにくくなっている原材料や製造者、その製品の歴史、製品のつながりをあきらかにしていくことを追求しました。

それと同じようにプロダクトデザインの仕事ではあまり使われなく経った製法や忘れ去られてしまった製法に注目して、それらの良いところを取り入れていきます。

過去の作品はニューヨーク近代美術館やヴィクトリア&アルバート博物館、クーパーヒューイット国立デザイン博物館などに収蔵されています。

オランダのデザインアワードで受賞

毎年オランダで行われるデザインウィークでのデザインアワードで受賞したときはすべての面で審査委員に強く印象を残すほどでした。

デザインアワードを受賞したFLAXチェアはウールと亜麻の天然繊維と協力なバイオプラスチック繊維を組み合わせており、信じられないような形状に圧着ができます。

メンデルツマは何年もの間亜麻の可能性を研究しており、栽培方法や処理方法を理解するために亜麻の農場を購入するほど研究熱心でした。受賞した椅子は長年過小評価されてきた短い亜麻繊維の価値を回復したいという気持ちで研究・制作されました。

このように原材料を徹底的に研究して作り出す作品はどれも今までにないようなデザインで、原材料のよさを最大限作り出しているように感じられます。

歴史上の関係性から新しい有田焼を作る

メンデルツマが生まれ育ったオランダと日本は16世紀には交易を行っていました。オランダの商人たちは貴重な磁器をオランダへ持ち帰る時に、将軍に対してオランダのリネン生地などを特別な贈り物として献上していました。

メンデルツマは「磁器とリネン」の歴史上の関係性から全く新しい有田焼のデザインを見出しました。リネン生地を使って、コップやお皿、ボウルの形のモデルを作って、それを磁器に用いたデザインとなっています。そして通常の釉薬を使ったものと、2016/を制作する10の窯元で使われない磁器の材料が混ぜ込まれた釉薬を利用した有田焼コレクションがあります。

薄さ軽さにこだわる

「2016/」では有田焼の特性である薄さや軽さにとことんこだわって、重ねても美しい食器を制作しています。まるでリネン生地を折り重ねたような有田焼になっています。薄いのに丈夫で普段使いにもぴったりなので、普段の食事がよりスタイリッシュになりそうですね。

かさばらないのでプレゼントとしてもおすすめです。

「クリスチャン・メンデルツマ」のつくる有田焼6選

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ ボウル 200 (スプリンクル)

  • 寸法:φ200 H80mm /φ7.87″ H3.15″,
  • 価格:6,900円

丸いボウルにリネン生地の織り目のような溝が入っています。薄くて軽いため、スタッキングしやすく、重ねたときもとても美しいです。スタイリッシュな雰囲気をしているため、テーブルコーデがより美しく演出することができるでしょう。

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ プレート 220 (スプリンクル)

  • 寸法:φ220 H17mm /φ8.66″ H0.67″,
  • 価格:5,500円

丸く薄いプレートに生地の織り目のような溝が入っています。非常に薄いので重ねて収納しやすいのが特徴。食器棚の中でもかさばらないのがポイントです。

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ コーヒーカップ (スプリンクル)

  • 寸法:φ70 W95 H58mm /φ2.76″ W3.74″ H2.28″
  • 価格:2,500円

コーヒーを好きな方におすすめなのがこちらのコーヒーカップです。薄さや軽さにこだわりつつ、リネン生地を折り重ねてできるフォルムを焼き物で表現しています。自然な揺らぎは焼成時にできたもので繊細な美しさを感じさせます。

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ カップ (スプリンクル)

  • 寸法:φ70 H78mm /φ2.76″ H3.07″
  • 価格:1,900円

ジュースやお茶など冷たい飲みものを飲むのにぴったりなカップです。非常に軽く持ちやすいのが特徴です。スタイリッシュなデザインのため男女問わず人気があります。

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ ピッチャー (スプリンクル)

  • 寸法:φ80.5 W117 H140mm /φ3.17″ W4.61″ H5.51″
  • 価格:10,000円

まるで布を折り重ねたような取っ手が魅力的なピッチャーです。リネン生地を折り重ねてできるフォルムを焼き物で表現しています。薄くて軽くて丈夫です。

花瓶として利用することもできるためインテリアとしてもおすすめです。

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ スプーン (スプリンクル)

  • 寸法:W18 D110 H5mm /W0.71″ D4.33″ H0.2″,
  • 価格:1,500円

リネン生地を重ねてできた形状を表現したスプーンです。折り目がとても可愛らしく、シリーズでそろえることで、ティータイムがより楽しくなりそうです。

斬新なデザインなので、テーブルコーディネートがスタイリッシュな印象になります。

小さなアイテムでもこだわりを感じさせるアイテムです。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

伝統工芸職人になる方法~未経験でも大丈夫?年収は?

「スタジオ・ウィキ・ソマーズ」のつくるおしゃれな有田焼2016/6選