in

江戸切子

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

東京都

  • 1834年頃
  • 江戸時代

歴史

1834年に、江戸大伝馬町のビードロ屋(ガラス屋)加賀屋久兵衛が金剛砂(不純物の多い砂質のコランダム、研磨剤)を用いてガラスの表面に彫刻したのが初めてと伝えられています。

1873年に明治政府の殖産興業政策の一環として品川興業社硝子製造所が開設され、1881年には切子(カット)指導者として英国人エマニエル・ホープトマン氏を招き、十数名の日本人がその指導を受け、現代に伝わる江戸切子の伝統的ガラス工芸技法が確立されました。

特徴

透明な鉛ガラス(透きガラス)や、色被せの層が薄いガラスに正確かつ細かい文様が刻み込まれています。

文様には魚子、麻の葉、菊継ぎなどの種類があり、それを一種類か規則的な組み合わせで彫刻していきます。

庶民の文化がその様式の中に取り入れられた、江戸らしい独特の美意識が感じられる作品です。

色被せ【いろきせ】ガラスが用いられる場合には赤や青が多いのですが、紫などが伝統的な色とされています。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

伊勢型紙

琉球ガラス