in

目でも楽しめる!おしゃれな酒器6選

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

Journal編集長
Journal編集長

お酒をゆっくりと味わう時、ゆったりとした時の流れと共に心もなごませてくれるおしゃれな酒器はいかがでしょうか?

伝統の技で作られた酒器は目でも楽しめながらお酒をおいしくしてくれます。

今回はそんなお酒と一緒に楽しみたいおしゃれな酒器6選をご紹介します。

伝統の技が光る酒器でぜひお酒を

家でゆったりとお酒を楽しむときこそ、とりあえず一気に飲み干すビールなどではなく、日本酒やウィスキーなどじっくりと味わえるお酒がおすすめです。

そんな時に良き相棒となってくれるのが見た目にも楽しいおしゃれな酒器。

伝統工芸の技で作られた酒器こそ味わい深く、より充実した大人の時間を楽しめます。

趣のある酒器で、くつろぎの時間をより良い癒しの時間へと変えてみてください。

【津軽びいどろ】北洋硝子 (アデリア) 五様 ミニグラスセット

  • 価格:5,500円(税込)
  • サイズ:φ62× H48mm
  • 容量:50ml
  • 製品重量:500g
  • ブランド:北洋硝子/津軽びいどろ/Hokuyo Glass

日本の四季の色合いを独自の調合で美しいガラスとして表現する北洋硝子の津軽びいどろは、職人が一つ一つ匠の技で作り出された芸術品ともいえる美しいガラスです。

5つのミニグラスはそれぞれ色や形も微妙に違っているので、呑む時の気分やお酒に合わせて選ぶ楽しみも味わえます。

桜の花びらが舞うようなピンク色の「春の宵」、淡いグリーンが夏の爽やかな風を感じさせる「夕涼み」、青森名物ねぶた祭りのにぎやかさを8色の色で表現した「ねぶた流し」、透き通る青が新選に輝く「朝の露」、夕暮れの金色に輝く広大な空を感じさせる「黄金空」。

美しいガラスの色合いでお酒もさらにおいしくなります。

日本の四季の色合いを独自の調合で美しいガラスとして表現する北洋硝子の津軽びいどろは、職人が一つ一つ匠の技で作り出された芸術品ともいえる美しいガラスです。

5つのミニグラスはそれぞれ色や形も微妙に違っているので、呑む時の気分やお酒に合わせて選ぶ楽しみも味わえます。

桜の花びらが舞うようなピンク色の「春の宵」、淡いグリーンが夏の爽やかな風を感じさせる「夕涼み」、青森名物ねぶた祭りのにぎやかさを8色の色で表現した「ねぶた流し」、透き通る青が新選に輝く「朝の露」、夕暮れの金色に輝く広大な空を感じさせる「黄金空」。

美しいガラスの色合いでお酒もさらにおいしくなります。

【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (銀藤) 片口酒器 (3点セット)

  • 価格:9,900円(税込)
  • サイズ:片口φ100× H65mm ぐい呑φ50× H40mm
  • 容量:片口300ml
  • 製品重量:400g
  • ブランド:陶葊/清水焼・京焼/Touan

陶葊は伝統を受け継ぎながらも独自に研究開発した釉薬を使い、同じ京焼・清水焼にはない素晴らしい作品を作り続けています。

この花結晶の酒器は焼釜の中で溶けて冷却する過程で結晶が出る特性を持った釉薬を使用しており、焼き上げてはじめて浮き上がる模様が銀色の花のように鮮やかで、目を見張るほど美しいデザインとなっています。

こだわって選び抜かれた釉薬を使用しているため、まるでガラスコーティングされたような透明感あふれる色彩が表現されています。

【京焼-清水焼】陶葊 赤耀虹彩 盃

  • 価格:5,478円(税込)
  • サイズ:φ85× H45mm
  • 製品重量:100g
  • ブランド:陶葊/清水焼・京焼/Touan

こちらも陶葊で作られた盃で、茶褐色の光沢ある盃に果てしない銀河を想わせる、幻想的な釉薬を用いて焼き上げられています。

赤耀(せきよう)は鉱物の一種であり、パワーストーンといわれています。

その釉薬を用いて浮かび上がった模様の表面には、独特の虹色の虹彩が輝き神秘的な光を放っています。

お酒を入れるとさらに美しく光り輝き、すこし贅沢な気分も味わえる盃です。

【新潟漆器】塗師Kiyo (小林仏壇店) おちょこ・ぐい呑 (2点セット)【BECOS限定】

  • 価格:22,000円(税込)
  • サイズ:ぐい呑 φ62× H48mm おちょこφ62× H48mm
  • 製品重量:25g
  • ブランド:小林佛檀店/仏壇・塗箔師/Kobayashi Buddhist Altar

仏壇店制作のおちょこと聞くとびっくりしてしまいますが、仏壇の伝統的な漆塗りの技術を活かしながらもいままでの漆にはないメタリックな質感を与え、なおかつ木目が引き立つような絶妙で美しい仕上がりの酒器となっています。

伝統的な技をしっかりと大事にしながらも新しい事に挑戦し、見事に進化して完成された一品です。

金属で出来ているかのように美しく輝く漆は木製の器に高級感を与え、内側に輝く錫粉がぐい呑に鮮やかに彩りを放っています。

木製なので驚くほど軽くて持ちやすく、つがれた酒に見とれてしまうほど美しい光沢が心に染みる漆器です。

【京焼-清水焼】大日 HiBiKi 碧彩 ぐい呑み

  • 価格:2,200円(税込)
  • サイズ:φ60× H50mm
  • 製品重量:200g
  • ブランド:大日/清水焼・京焼/Dainichi

30年以上にもわたって自ら天然の材料を用いて釉薬を作り、作陶している大日。

葡萄や杉、ひまわりといった自然の植物を灰にして、それをさらに長い時間をかけて水を取り替えたりアクや不純物を取り除き、手間ひまをかけて灰釉を作っています。

その手作りの釉薬で作られたこのぐい呑は緋色の素地の陶器の上に流された、これが天然の色かと驚くほど鮮やかで奥深い水色の釉薬とのコントラストが美しい一品です。

この職人でしか出せない釉薬の色合いは爽やかな水色の中にも淡く藍色が混ざり合い、心を澄み渡らせてくれるような器となっています。

【備前焼】恒枝直豆 酒器セット(片口・ぐい呑セット)

  • 価格:8,580円(税込)
  • サイズ:φ62× H48mm
  • 容量:片口250ml ぐい呑30ml
  • 製品重量:600g
  • ブランド:恒枝直豆/備前焼/Naoto Tsuneki

土の色の素朴な良さが引き立つ、備前焼の片口・ぐい呑のセットです。

備前焼は窯の焚き方で様々な色や風合いをかもし出しますが、 恒枝直豆氏の作品はいつもシンプルに普段使いできる親しみやすい器を作っています。

この片口・ぐい呑のセットもシンプルながらも優しい色合いをかもし出し、飾らずに素直な心である大切さを感じさせてくれます。

また備前焼には表面に微細な気孔があるため、お酒の香りをよりいっそう引き立てて美味しいお酒をいただけます。

まとめ

伝統の技で作られた酒器は見る人、使う人に不思議な心のやすらぎを与えてくれます。

ぜひお気に入りの酒器を見つけて、心豊かな時間を過ごしてくださいね。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

いま贈るならコレ!和モダンな食器6選

豊岡鞄5選!高い基準をクリアした上質かばんを使いませんか?