in

伊賀焼

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

伊賀焼の歴史

伊賀焼の産地は三重県伊賀市です。

日本六古窯の一つに数えられており、かつては伊賀市にある槙山周辺の窯で盛んに焼かれていました。

伊賀焼が焼かれ始めた正確な年代はわかっていませんが、現在の伊賀焼へと繋がる古伊賀は中世頃に作陶が始まったようです。

初期の伊賀焼は擂鉢や壺といった雑器の製作が中心でしたが、安土桃山時代に茶の湯が盛んになると、伊賀の領主であった筒井定次により、茶壺や茶入といった茶器が焼かれるようになります。

やがて安土桃山時代が終わると伊賀焼はほとんど焼かれなくなりますが、江戸時代中期には藤堂藩の支援もあって、再び作陶されるようになり、現代の伊賀焼へと続いています。

現在の伊賀焼は国指定の伝統工芸品に指定されており、全国各地に盛んに出荷されるなど、人気の高い焼き物となっています。

伊賀焼の特徴

伊賀焼は土に小石が混じる素朴な風合いをした焼き物です。

表面にはヘラで「山手道」と呼ばれる波線や格子状の型が描かれています。

さらに釉薬を使って「焦げ」や「ビードロ」を演出することに加え、「耳」と呼ばれる装飾を施すのも伊賀焼の大きな特徴です。

また、意識的に「ゆがみ」や「へこみ」を作ることで、飽きの来ない造形的な美しさも生み出しています。

この伊賀焼は作陶後に乾燥させてから素焼きを行い、釉薬をかけてから再び焼成して作るものです。

高温で焼き上げることで「灰かぶり」や「山割れ」が生じ、独特の風合いへと仕上がります。

古琵琶湖に由来する陶土を高温で焼きしめて作るため耐火温度が極めて高く、日常でも扱いやすいといった特徴もあります。

伊賀焼の利用シーンと利用の注意点

利用シーン・使用上の注意点 伊賀焼の素朴な風合いは料理によく合います。

控えめな色合いが盛り付けた料理を引き立ててくれるので、和食に最適な食器です。

丈夫で扱いやすい焼き物なので、家庭でも積極的に使うことができます。

<基本的なお手入れ>

初めて使う際には目止めをします。

目止めとは水漏れを防止するための作業で、お粥を焚いて土の隙間を埋める作業です。

一般的には米のとぎ汁を使ったりしますが、伊賀焼の場合は必ずお粥で目止めを行います。

料理で使用した後は臭いが付かないように早めに洗い、よく乾燥させます。

乾燥が不十分だとカビが生える原因となるので注意しましょう。

<してはいけないこと>

土鍋などのように火にかける物は、直前に底が水で濡れていないかを必ず確認することが大切です。

濡れたまま火にかけると底が割れる原因となります。

伊賀焼の見学をできる工房

見学できる工房

名称:長谷園

所在地:三重県伊賀市丸柱569

電話:0595-44-1511

アクセス:JR関西本線で伊賀上野駅下車(国道422号経由)タクシーで約10分

定休日:お盆・年末年始

 

名称:土楽窯

所在地:三重県伊賀市丸柱1043

電話:0595-44-1012

アクセス:新名神高速道路信楽IC下車、約25分

定休日:不定休

 

名称:香山窯森里陶園

所在地:三重県伊賀市丸柱1675番地

電話:0595-44-1535

アクセス:JR関西線伊賀上野駅下車、タクシーで約25分

定休日:不定休

 

名称:やまほん陶房

所在地:三重県伊賀市丸柱2053

電話:0595-44-1600

アクセス:信楽高原鉄道信楽駅より車にて約15分

定休日:火曜日

伊賀焼の体験をできる場所

体験できる場所

名称:伊賀焼伝統産業会館

所在地:三重県伊賀市丸柱169-2

電話:0595-44-1701

アクセス:JR伊賀上野駅からタクシーで約25分、近鉄上野市駅からタクシーで30分、マイカーを利用する場合は、名古屋方面より名阪国道、壬生野I.C下車より約10km(10分)、大阪方面より名阪国道、生野I.C下車より約10km(10分)、京都方面より新名神高速道路、甲南I.C下車より約15km(20分)となっています。

伊賀焼伝統産業会館から各窯元までの道のりは、受付で案内してくれることになっています。

営業時間:火~日曜日(9:00~17:00)

定休日:月曜(月曜が祝日の場合翌日休館)年末年始12/29~1/4

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

唐津焼

薩摩焼