in

紀州塗

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

和歌山県

  • 1288年頃
  • 鎌倉時代

歴史

現在の和歌山県岩出市にある根来寺では寺用の膳や盆などを数千人にも上る僧たちが日常に使う什器を主として、数多くの漆器を作っていました。

技術上の不手際から朱塗りの器にかすりの黒模様が生じ、偶然ながら美しい器が生まれました。

これがかえって趣あるものとして喜ばれ、故意に工夫して表面の朱を研ぎ破るような技法が発展していきます。

その後、この技法での塗りがいつの間にか「根来塗」と称され、変り塗の重要な一手法となりました。

特徴

寺で日常的に使う実用品だったため、根来塗は黒漆で下塗りをし、その上に朱漆を塗っただけで仕上げるシンプルなものでした。

そのため、使用中に表面の朱塗りが摩耗して下塗りの黒漆がところどころ表に現れて朱と黒の文様ができ、それがかえって趣があるとして喜ばれました。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

越前焼

津軽塗