in

九谷焼

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

石川県

  • 1655年頃
  • 江戸時代

歴史

1655年に、加賀藩の名により、有田で陶工の技術を学んだ後藤才治郎が、江沼郡九谷村で窯を開いたことから「九谷焼」の歴史が始まります。

しかし、原因は分かっていませんが、その窯はわずか100年ほどで廃窯となってしまいました。

この期間に焼成されたものが、「古九谷」と呼ばれています。当時、日本の陶器と言えば「伊万里焼」が主流でした。

江戸後期に入ると、磁器産業が瀬戸で成功を収めたことをきっかけに、加賀でも「春日焼」「若杉焼」が作られるようになります。

それらの成功を見た大聖寺藩でも「古九谷」を再興しようという動きが強くなり、大聖寺の豪商、吉田屋伝右衛門が立ち上がりました。

1823年、伝右衛門は九谷村の古九谷窯跡の隣に登窯を築き、次の年に九谷焼の焼成を始めます。

そしてついに、1873年のウィーン万博をきっかけに「ジャパンクタニ」として九谷焼の名前が一気に広まり、「九谷焼」は大量に海外へ輸出されるようになったのです。

特徴

九谷焼の魅力は何といっても色絵装飾がすべてであり、絵付けを離れて九谷焼を語ることはできません。

九谷五彩(赤・黄・緑・紫・紺青)を基調とし、緑と黄、紫が主体となって展開し、その沈んだ色彩の重なりによって生まれた色彩の深みが、重厚な味わいをかもし出します。

次に九谷焼の豪放な魅力はその筆致にあると言われています。

力強い呉須の骨描きに厚く盛り上げる上絵付により、絶妙な調和が保たれます。

こうした色彩感覚と筆致により、豪華絢爛(ごうかけんらん)な装飾色絵磁器を創り上げ、九谷の世界を表現しています。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

有田焼

京焼・清水焼