in

経師

この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。

経師

  • 京都
  • 700年頃
  • 奈良時代

経師の歴史

経師(きょうじ)と読みます。

奈良時代の写経師が書くことと、製本することを生業としており、後に分業制となり製本を生業とする職人が「経師」と呼ばれるようになりました。

経師の「師」は「匠」と同義語であり、どの時代においても技術を持った職人として選ばれた地位にありました。

経師の特徴

1,000年以上も書物を保つことができる、和綴じと呼ばれる独自の製本技術を築き上げ、現在に多くの書物を残してこれたのもこの経師の技術があったからこそと言われています。

和紙に手作業で糸を通し糊で止め一冊の本に仕上げます。

このシンプルな構造は、解体し修復することを可能にしています。

糸を外し水を使って然るべき手順で解体を行えば、バラバラの元の状態に戻すことができます。

この解体作業ができることで、修復することができ永く残すことができるのです。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

甲冑

三州鬼瓦工芸品