in

益子焼

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

益子焼の歴史

益子焼きは1853年、大塚啓三郎という人が発祥しました。

大塚は、結婚を機に益子に移った際に益子の大津沢で陶土を見つけます。

幼少期から茨城の笠間で陶芸の修行をして育った大塚は、この陶土を使って農業の傍ら陶芸をするようになりました。

また、笠間の陶工、田中長平も益子の協力を得て、益子焼の基盤を作っていきました。

しかし、農業の傍らで陶芸をしていた大塚は製作資金が少なかったため、益子焼を広げるために藩の役所に資金の貸し付けを申し出て、益子焼の製作に力を入れていきました。

当時、関東地方は笠間焼しか焼き物がありませんでしたので、新たな焼き物として益子焼の評判は上々でした。

しかし、売れ行きに生産が追い付かず、祖製品が市場に出回ることも多かったため、益子は「益子陶器伝書所」を設立し、その信頼性を守るように努力してきたのです。

益子焼の陶土は肌理が荒く精巧な器を作るには向かなかったため、主に水がめや壺が作られていました。

その後、1927年に、浜田庄司によって芸術性が豊かな花器などの民芸品が作られるようになり、その知名度は全国区に上がりました。

1979年には現在の経済産業省により伝統工芸品にも指定されるなど、今は国を代表する陶芸品となりました。

益子焼の特徴

益子の陶土は砂気が多く、粗さが目立ちます。

そのため、陶器を作ると割れやすい性質があります。

しかし、この粗さが陶器に味を出し、深みの強い作品を作り出すのです。

益子焼では、この陶土の特徴を生かして水がめ、土鍋、土瓶といった肉厚な陶器がよく作られます。

益子焼の表面に塗る「釉薬」には、漆黒や鉄分を多く含み陶器に飴色をだす「鉄釉」というものが用いられています。

この釉薬を犬毛筆で色付けすることで、益子焼は厚みのある色合いと肌ざわりになるのです。

また、益子焼は日用品よりも芸術品としての立ち位置が大きい焼き物です。

1927年、日用品にある美しさを広げようとする「民芸運動」を唱えた陶芸家、浜田庄司が花器や茶器を芸術的に仕上げたことで、益子焼は芸術品として多くの人に知られるようになりました。

浜田は、 杓掛け・流し掛け・掻き落としの技法を使った鉢、皿をよく作ったほか、滋賀県甲賀市の信楽焼の絵付けを施した山水土瓶なども作っています。

このように、民芸品を自由にアレンジして型にとらわれない作品が多いのもおおきな持ち味の一つです。

益子焼の利用シーンと利用の注意点

日用品として益子焼を使うのならば、土鍋や土窯など厚みのある商品がおススメです。

益子焼の土は、釉薬との相性がいいので深みのある色合いの陶器が多く、デザイン性が高くなります。

土窯といえば、栃木県横川駅の土窯で売られる駅弁当が有名です。

駅弁に重量のある土釜を用いることはあまりにもい常識外れだと、かつては批判の声も多かったのですが、今では「落ち着いていて温かみが感じられる、中身が冷めにくい」と言われ好評です。

また、温かい色合いのマグカップや湯飲みも人気です。

日用品以外でしたら、花瓶や壺なども益子焼をつかうならおススメです。

非常にデザイン性が高く、インテリアとしても味わいがあります。

益子焼を近くで見たい、触ってい見たいというならば、栃木県益子市で開かれる益子陶器市という、益子焼のイベントに行くのがいいでしょう。

益子陶器市は春と秋の年2回開催されており、日用品から美術品に至るまで、様々な益子焼が販売されています。

会場には販売店は50店、約500ものテントが並びます。

自分好みのデザインをした益子焼がここなら見つかるはずです。

益子焼は陶器です。

落としたりぶつけたりすると割れる可能性があるためご注意ください。

益子焼の見学をできる工房

名前:株式会社つかもと

所在地:栃木県芳賀郡益子町益子4264
営業時間:8:30~17:00(12:00~13:00は休憩時間)
公休日:毎週木曜、隔週水曜、年末年始
電話番号:0285-72-322

益子焼の体験をできる場所

名前: 益子焼窯元よこやま

所在地: 栃木県芳賀郡益子町益子3527-7
営業時間:9:00〜17:00(最終受付15:00)
定休日: 毎週月曜、第4火曜日
電話番号: 0120-696-864

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

波佐見焼

信楽焼