in

モダンでおしゃれな曲げわっぱのおひつ3選

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

Journal編集長
Journal編集長

いつも食べているご飯の味に満足していますか?炊飯器から茶碗に盛って食べると、炊き立ては美味しくても保温をしているうちに味も食感もかなり落ちてしまいますよね?そんなお悩みは、結構多いです。

そこでおすすめなのが杉の木でつくられた「曲げわっぱのおひつ」です。ご飯の味が本当においしくなるんです!

曲げわっぱは奈良時代マタギ(木こり)が杉の生木を薄い板状にしたものを曲げ、桜の皮で縫い留めたお弁当箱を作ったのが始まりだと言われています。

このような形状のおひつやお弁当箱は日本各地でみられますが、「曲げわっぱ」の名で呼ばれているのは、秋田県の伝統工芸品「大館曲げわっぱ」のみです。

天然杉のまっすぐで弾力性に富んだ木目を利用して作られるので、機能性はもちろん、見た目にもモダンでおしゃれ。そんな曲げわっぱのおひつの特徴やおすすめを紹介します!

曲げわっぱのおひつの5つの特徴

曲げわっぱのおひつには、陶器や金属性のモノとは違う、次の5つの特徴があります。

通気性に富みご飯が蒸れない

曲げわっぱの材料に使われる杉の木は、「柾目(まさめ)」と呼ばれるまっすぐな木目が特徴です。この柾目が余分な水分を吸収してくれるため、とても通気性が良いことで知られています。「呼吸する素材」と言っても過言ではないでしょう。

それにより水滴がたまリ過ぎないので、ご飯が蒸れません。水分バランスのよい、ふっくら炊き立て状態をキープすることができます。

ご飯を炊飯器に入れっぱなしにしておくと「ぷ~ん」と蒸れたようなニオイを感じたことはありませんか?炊飯器のような使い勝手の良い製品には密閉性がありますが、どうしても通気性が悪くなり、汗をかいたように余分な水分がたまってしまいがちです。

曲げわっぱのおひつにご飯を移し替えれば、そんな悩みも解消できますね。

殺菌効果がありごはんが傷みにくい

曲げわっぱに多く使われる「杉」の木には天然の抗菌作用(フィトンチッド効果)があると言われています。お弁当箱やおひつだけでなく、お酢やお酒を仕込むための樽などにも昔から杉が多く使われてきました。

そのため、入れたご飯が痛みにくいという特徴があります。大館曲げわっぱ伝統工芸士・栗久六代目栗盛俊二さんによると「曲げわっぱのおひつに入れたご飯は、春・秋で二日、夏場で一日おいしい」のだそうです。

ある程度の温度調節が可能(温度の持続性)

曲げわっぱには、夏場は保冷効果、冬場は保温効果が期待できると言われています。これは機械的な働きではありませんので「ある程度の」温度調節ととらえてください。

このような杉の持つ天然の温度調節機能を利用して、冷蔵庫などがなかった時代にもご飯を美味しく食べることができた昔の人の知恵はすごいですね。

ご飯のおいしさを保てる

ご飯を曲げわっぱのおひつに入れることによって、ご飯の水分調整や温度調整、気になる鮮度キープまでを天然素材である杉が引き受けてくれます。保湿効果もあるので、ご飯が冷めても乾燥せずにふっくらです。

つまり「曲げわっぱのおひつを使うと、ご飯のおいしさを保つことができる」という結論に達します。ついつい炊飯器の保温に頼りっぱなしで、最後のほうはどうしても不味くなって捨ててしまっていた!なんてことがなくなるかもしれません。

美味しさが保てる曲げわっぱに入れたご飯は「冷凍」しても美味しさが保てると言われています。炊き立てを曲げわっぱのおひつに移したら、食べきれない分はラップをして冷凍庫へ入れると無駄にならずベストですね。

木の香りが楽しめる

曲げわっぱの素材として使われている杉には、杉特有の香りがあります。そのため手にしたときから杉の清々しい香りを感じることができるでしょう。

そしてさらに炊き立てのご飯を入れれば、その香りはさらに引き出されます。この杉の香りの成分の中には「セドロール」と呼ばれる鎮静効果のある物質が含まれていると言われています。

曲げわっぱの木の香りを楽しみながら食べるご飯は、いつもよりもリラックスして楽しめそうですね。

モダンでおしゃれな曲げわっぱのおひつ3選

曲げわっぱのおひつは、伝統工芸品の中でもシンプルなデザインなので現代のインテリアにも浮き上がらずにさりげなくマッチします。

それでいていつものご飯を極上の味にしてくれるのですから、普段使いにしたり大切なあの人への贈り物にしたりするのに最適です。モダンでおしゃれな、曲げわっぱのおひつを厳選して3つ紹介します!

大館曲げわっぱ おひつ隅丸・七寸

>大館曲げわっぱ おひつ隅丸・七寸をもっと詳しく見てみる。

老舗「大館工芸社」製の曲げわっぱのおひつです。約三合のご飯が入るサイズで、塗りヘラもついています。桜の皮で止めた部分もデザインが凝っていて、シンプルな中に小粋なアクセントを与えています。

  • 価格:38,000円
  • サイズ:直径22.5×高さ11㎝
  • 材質:天然秋田杉

>大館曲げわっぱ おひつ隅丸・七寸をもっと詳しく見てみる。

大館曲げわっぱ おひつ 六寸

>大館曲げわっぱ おひつ 六寸をもっと詳しく見てみる。

六寸という手ごろなサイズの曲げわっぱのおひつです。白木のへら付きで、約二合分のご飯が入ります。

秋田杉特有の細かくてまっすぐな木目が特徴の白木は、潔いまでにシンプルなので現代風のインテリアにもよく合います。

  • 価格:26,000円
  • サイズ:直径18.8×高さ9.5㎝
  • 材質:天然秋田杉

>大館曲げわっぱ おひつ 六寸をもっと詳しく見てみる。

大館曲げわっぱ 栗久 おひつ 三合

>大館曲げわっぱ 栗久 おひつ 三合をもっと詳しく見てみる。

秋田大館曲げわっぱの老舗「栗久(くりきゅう)」のおひつです。隅のご飯も取りやすいように底面はゆるやかなカーブを描いています。

小ぶりなサイズの「しゃもじ」が付きで、ご飯はたっぷり三合入るので家族で囲む食卓におすすめです。

  • 価格:36,000円
  • サイズ:直径20×高さ9㎝
  • 材質:天然秋田杉

>大館曲げわっぱ 栗久 おひつ 三合をもっと詳しく見てみる。

まとめ

日本の毎日の食卓に欠かすことのできない主食であるご飯。炊飯器の進化などにより、スイッチ一つで誰にでも「美味しく炊く」ことができるようになりました。

しかし、炊き立ての美味しさをキープしてくれるのはやっぱり「おひつ」です。時代が変わってどんどん便利になったからこそ、あえて炊き立てのご飯は「おひつ」に移して食べてみてほしいのです。

とくにモダンでおしゃれな「曲げわっぱのおひつ」なら、抗菌・消臭効果も兼ね備えており衛生面が気になる人にもおすすめできます。

いつものご飯をもっと美味しく楽しめるようになる、曲げわっぱのおひつを使ってみませんか?おひつの味を知ってしまうと、炊飯器からおひつにご飯を移すのが「手間」から「楽しみ」に変わるかもしれませんね。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

プレゼントに最適な高級そうめんと合わせて贈りたいギフト4選

残暑見舞いにおすすめの涼を感じるギフト6選