in

大谷焼

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

大谷焼の歴史

大谷焼は約230年の歴史を持つ、徳島を代表する陶器です。

大谷焼は1780年、四国八十八カ所霊場巡りに来た豊後の国(現在の大分県)の焼き物細工師であった文右衛門が大谷村に訪れて蟹ヶ谷の赤土で陶器を焼き上げたのが始まりといわれています。

そして、1781年に12代目藩主である蜂須賀治昭公が陶器に興味を覚え村内に藩窯を作るように命じました。

しかし原材料費がかさんだりしたために3年後に一旦閉鎖されました。

その後、1784年に藍商人である賀屋文五郎の働きによって村内に連房式登窯と日用品用陶器を焼く民窯が築かれました。

この登り窯で信楽焼の職人を雇って技術を取得した納田平次平衛を中心として陶器の生産が始まり、それが現在の大谷焼の原型であると言われています。

大谷焼の特徴

大谷焼の特徴はその製法にあります。

大谷焼は身の丈のほどもある大甕など大物の陶器を作る際に助手が作業台の下に寝ころび足で蹴ってろくろを回す寝ろくろと呼ばれる方法で作ります。

この寝ろくろは日本で唯一の技法です。これらの陶器を焼き上げる登り窯の大きさは日本一であると言われています。

大谷焼の製造工程は粉砕・篩・水簸・土練・成形・乾燥・施釉・窯詰・焼成となります。

大谷焼に使われる大谷の土は鉄分が多いため、ざらりとした風合いとかすかに金属的な光沢を感じさせる質感は、素朴な土の味わいを醸し出した焼き物として人気があります。

こげ茶が一般的ですが深い銀色や灰色の作品もあります。

また大谷焼は2003年に経済産業省の伝統的工芸品に指定されました。

大谷焼の利用シーン・利用上注意点

大谷焼は大型の陶器だけではなく、湯飲みや茶わんなどの身近な実用品など数多くの製品が作られています。

お手入れに関しては土が荒く吸水性が高いために、そのまま使用するとしょうゆや油などを吸い取ってしますので、使う前に目止めをしたほうがいいです。

目止めが難しい場合はたっぷりの水に半日から一日くらい浸して、水分をよくふき取ってから使うといいです。

また使うたびに温かい食べ物の場合はぬるま湯、冷たい食べ物の場合は冷たい水にくぐらせるといいです。

そうすることによってしょうゆや油分が染みにくくなります。

洗うときはやわらかいスポンジで中性洗剤で洗います。

電子レンジ・食器洗浄機・オーブンはNGです。

長期間棚にしまう場合はカビの原因にもなるので、しっかりと乾燥させてからしまってください。

大谷焼の見学できる工房

名称:大谷焼窯元森陶器
所在地:徳島県鳴門市大麻町大谷字井利ノ肩24
電話:088-689-0022
アクセス:JR鳴門線阿波大谷駅から徒歩で約3分鳴門ICから車で約10分
営業時間:月曜~土曜日(祝日も含む)8:30~17:00日曜日9:30~16:30
定休日:年末年始(工房は日曜休み)

名称:大西陶器製造所
所在地:徳島県鳴門市大麻町大谷字山田18
電話:088-689-0414
アクセス:JR鳴門線阿波大谷駅から徒歩で約10分鳴門ICから車で約15分
営業時間:9:00~16:00
定休日:水曜日

名称:大谷焼窯元陶業会館梅里窯
所在地:徳島県鳴門市大麻町大谷道の上30−1
電話:088-689-0048
アクセス:JR鳴門線阿波大谷駅から徒歩約7分鳴門ICから車で約10分
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休(臨時休業あり)

大谷焼の体験できる場所

名称:矢野陶苑
所在地:徳島県鳴門市大麻町大谷字久原71
電話:088-689-0006
アクセス:JR鳴門線阿波大谷駅から徒歩で約10分鳴門ICから車で約8分
営業時間:9:00~16:00
定休日:年末年始

名称:佳実窯
所在地:徳島県鳴門市大麻町大谷字山谷45
電話:088-689-0172
アクセス:JR鳴門線阿波大谷駅から徒歩で約8分鳴門ICから車で約10分
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休

名称:大谷焼 田村陶芸元山窯
所在地:徳島県鳴門市大麻町大谷字中通3-1
電話:088-689-4039
アクセス:鳴門ICから車で約10分坂野ICから車で約10分
営業時間:9:00~16:00
定休日:年中無休

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

小代焼

壺屋焼