in

鯖江の職人がつくる!日本製のサングラス5選

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

Journal編集長
Journal編集長

メガネフレームの国内生産シェア率96%である福井県鯖江市。メガネの聖地とも言われる鯖江市ですが、サングラスもとても人気があります。

夏の眩しい日差しから目を守るサングラス。

サングラスは目を守るだけでなくおしゃれアイテムとしてもぴったりです。

今回は鯖江の職人が作るおすすめのサングラスをご紹介します。

鯖江でいつからサングラスを作られるようになった?

明治38年に増永五左衛門が農閑期の副業として眼鏡枠を作るようになったことが鯖江でのメガネの歴史とされています。

眼鏡枠作りは初期費用が少なく、現金収入が得られ、当時は大阪や東京で盛んに作られてきました。

増永五左衛門は大阪や東京から職人を招いて、近在の弟子にメガネの製造技術を伝えました。

当初は「帳場」という各職人グループごとにメガネが作られていました。

その帳場ごとに職人が競い合い、腕を磨くことで分業独立が進み、現在のような一大産地が形成されました。

戦後に入ると高度経済成長の中でメガネの需要が急増し、産地として大きく成長しました。

さらに1948年にはサングラスの本格生産が始まり、メガネとともに産地となりました。

鯖江では製造の自動化などで生産効率を追求し、品質の向上や技術開発に力を注いで、その結果、昭和50年代の終わりごろには世界で初めてチタン金属を用いたメガネフレームの製造技術の確立に成功しました。

軽量で耐久性に優れているチタンは金属アレルギーも起こしにくく、靭帯に優しいメガネとして世界に広まりました。

鯖江のサングラスの3つの魅力

鯖江といえばメガネの一大産地であり、サングラスも人気がありますが、その魅力を知らない人も多いです。

ここでは鯖江のサングラスの魅力をご紹介します。

世界に誇れる技術力と革新性

鯖江の技術力は高く評価されています。

それは、イタリアのミド展やフランスのシルモ展など、世界最大規模のメガネ見本市で称賛されるほどです。

メガネを作る技術力はサングラス作りにおいても発揮されています。

特に鯖江では軽くて丈夫でアレルギーを起こしにくい金属チタンメガネフレーもの製造を世界で初めて確立したことでも有名です。

セル磨きによってふんわりとした柔らかな雰囲気に仕上げており、この技術は世界でも真似できないと称されています。

珍しい素材のフレームを生み出せる

メガネやサングラスに使われるフレームはアセテートやセルロイド、チタンが一般的です。

これは日本だけでなく世界でもこれが一般的です。

しかし鯖江の技術力をもってすれば、通常フレームでは使われないような竹や木などの自然素材もフレームの材料となります。

柔軟かつ成形が難しい素材でも高品質なフレームに仕上げることができます。

安定した人気ブランドがある

鯖江におけるメガネ生産、サングラスの生産はオーダーに沿って仕上げるOEM生産が主流でした。

しかし時代の流れとともに中国で生産を行う企業やブランドが増加しました。

それを機に作る産地ではなく売る産地となり、高品質でデザイン性にも秀でたブランドが数多く誕生しました。

いまや国内にとどまらず世界からも注目を浴びる存在となりました。

鯖江の職人が作る!日本製のサングラス5選

オルゲイユ ORGUEIL ボストングラス

>オルゲイユ ORGUEIL ボストングラスをもっと詳しく見てみる。

ジーンズをメインにメンズアパレルを30年以上もの間トータルプロデュースしてきた「STUDIO D’ARTISAN(ステュディオ・ダ・ルチザン)」が創り出す新しいシリーズであるオルゲイユ。

「ジーンズから表現する新たなファッション文化」をコンセプトに新しくできたブランドから登場したのがボストングラスです。

ボストングラスはアメリカ東部の都市ボストンで流行したことからその名がつけられました。

厚みのあるしっかりとしたフレームでメタルとアセテートのコンビフレームが落ち着いた雰囲気を漂わせます。

テンプル部分にはクラシカルな飾り刻印が入れられ、嫌味のない上品な雰囲気に仕上がっています。

価格:16,200円

>オルゲイユ ORGUEIL ボストングラスをもっと詳しく見てみる。

wjk sunglasses BOSTON

>wjk sunglasses BOSTONをもっと詳しく見てみる。

「w」「j」「k」という意味を持たないアルファベット3文字を並べて組み合わせたブランド名はデザインに縛られたり、偏ったイメージを持たれたくないという考えから名付けられました。

これまで多種多様のアイデアが生まれて消える世の中で培ってきた経験から「良いものは変わらない」「残るものは本物」という事実を見出し、「不変」という物を表現し続けています。

wjkのボストングラスは正面から見える鋲とテンプルに見える鋲で他にはないオリジナリティを表現しています。

レンズにはwjkのプリントをさりげなく印字しています。

迷彩柄の生地はイタリアから輸入し日本で仕上げました。

価格:25,920円

>wjk sunglasses BOSTONをもっと詳しく見てみる。

【甚六作】職人が作り出すホンモノを味わうならこのアイテム

>【甚六作】職人が作り出すホンモノを味わうならこのアイテムをもっと詳しく見てみる。

越前國甚六作はデザイナーの自由な発想と、日本の誇る一流のメガネ職人とのコラボレーションを実現することで既成概念を捨てて、新しい常識を生み出すために歩み続けています。

流行や最先端技術を追うのではなく、最善の選択でメガネを生み出していきます。

甚六作のサングラスは跳ね上げタイプで度付きのものと伊達眼鏡を選ぶことができます。

価格:41,040円

>【甚六作】職人が作り出すホンモノを味わうならこのアイテムをもっと詳しく見てみる。

Orgueil#OR-7065 Boston Glasses

>Orgueil#OR-7065 Boston Glassesをもっと詳しく見てみる。

昔ながらのクラシックで、丸みを帯びたやや逆三角形の愛嬌のあるフレームフォルムが表情に柔らかさをプラスしてくれ年齢問わず人気の高いボストンメガネです。

素材はアセテートを使用しているため、長時間着用しても疲れにくい素材となっています。

価格:16,200円

>Orgueil#OR-7065 Boston Glassesをもっと詳しく見てみる。

クラクト サングラス CLUCT 鯖江 SUNGLASSES -BLACK-

>クラクト サングラス CLUCT 鯖江 SUNGLASSES -BLACK- をもっと詳しく見てみる。

オールハンドメイドでの完全オリジナルのデザインです。

職人によって1つ1つ丁寧に削られたフレームはしっかりとした印象と丁番は歪みの少ない6枚丁番を使用することで、存在感がありながらも長く使い続けられる定番の1本に仕上がっています。

2種類のフレームカラーと4種類のレンズカラーから選ぶことができます。

価格:20,520円

>クラクト サングラス CLUCT 鯖江 SUNGLASSES -BLACK- をもっと詳しく見てみる。

日本製のサングラスをおしゃれに着こなそう

サングラスは今やファッションのアイテムとして老若男女問わず人気があります。

海外製のサングラスも多く、リーズナブルなものも人気がありますが、高品質で使い勝手のよい鯖江のサングラスを1つ持っておきませんか?

ぜひ日本製のサングラスを探しているならおすすめのサングラスをチェックしてみてください。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

通販で買える高級ケーキとおすめのスイーツ皿

通販で買える高級ケーキとおすめのスイーツ皿10選

おしゃれでモダンな日本製の高級やかん6選