in

カジュアルだけど上品な帆布のトートバッグ5選

カジュアルだけど上品な帆布のトートバッグ5選

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

Journal編集長
Journal編集長

年齢を重ねると、服装だけでなく持ち物も変化してきますよね。その代表がバッグだと思います。バッグを選ぶ基準も変化し、ファッション性やデザイン性だけでなく、機能性や丈夫さなどでも選ぶようになってきます。

長持ちする一生モノのバッグとしてBECOS編集部がおすすめしたいのが、帆布(はんぷ)生地のトートバッグ!

カジュアルだけど上品な帆布トートバッグは使い込むほど味が出るので、年齢を重ねた大人にこそ持ち歩いてもらいたいバッグです。

今回は、日本製の帆布トートバッグを厳選して5品紹介させていただくので、お気に入りのバッグ探しの参考にしてみてくださいね。

「帆布」(はんぷ)生地とは?

「帆布」と聞いてもピンとこない人もいるかもしれませんが、「キャンバス生地」と言われると、なるほどと思うかもしれません。

帆布生地は英語で“canvas”と書くため「キャンバス生地」という名称が広まっています。

日本国内では帆船(はんせん)の帆(ほ)に、麻や綿で織られた厚手の生地を使用していたことから、「帆布」という名が付きました。

帆布生地の特徴は?

帆布(キャンバス)最大の特徴として挙げられるのが丈夫さ。

複数の糸をより合わせて平織という織り方で織っているため、強度が生まれています。

帆に使用されていた理由も、その頑丈さからなのでしょう。

帆布とキャンバスの違いって何?

実は、細かく言うと帆布生地とキャンバス生地は少し違います。

より合わせる糸の数によって出来上がる生地の厚みが異なるのですが、帆布とキャンバスではこの厚みの基準が違うのです。

帆布は「号」、キャンバスは「oz」(オンス)が厚さの単位となり、世界的にはoz(オンス)が使用されています。

帆布生地は何に使われているの?

トートバッグでおなじみの帆布生地ですが、実は私たちの生活の中で帆布を使ったものは多くあります。

例えば、スニーカーやエプロンなどの日常的に使うものから、体操マットや野球ベースなどの学校などで使用するもの、テントや相撲のまわしまで。

帆布生地は、その丈夫さからさまざまな用途で利用されているのです。

帆布トートバッグを長く使うためには

お気に入りの帆布トートバッグと出会ったからには、長く使い続けて一生モノにしたいですよね。

そのためにメンテナンスをしっかり行いましょう。

使用前は

強度の高い帆布生地は、使う前はゴワゴワとかたい印象。

使ううちに馴染んできてやわらかくなるので、無理に揉んだりする必要はありません。

長くきれいに使いたい場合は、布用防水スプレーを全体にかけておくのがおすすめ。

日々のお手入れは

糸を織りなしている帆布生地は、汚れが目に詰まってしまうことが多いです。

使用後は、ブラシや乾いた布で優しく目に詰まった汚れを落としましょう。

汚れてしまったら

丁寧にお手入れしていても汚れが目立ってきてしまった時は、薄めた中性洗剤を含ませた布で拭いてから水拭きし、陰干ししておきましょう。

形が崩れてしまうため丸洗いは避けたほうがいいですが、派手に汚してしまった場合は、ぬるま湯に中性洗剤を入れて優しく押し洗いし、丁寧にタオルドライしてからしっかりと陰干ししてください。

長く使える!日本製の帆布トートバッグ5品を紹介

海外でも人気のキャンバストートバッグですが、日本でも帆布生地の生産が盛んな地域があり、トートバッグ作りが行われています。

今回は日本製の帆布トートバッグをBECOS編集部が紹介します!

【犬印】帆布トートバッグ(小)

>【犬印】帆布トートバッグ(小)をもっと詳しく見てみる。

昭和28年創業の「犬印鞄製作所」では、東京浅草の工房で職人が一つひとつのかばんを手作りしています。

使っている帆布生地は滋賀県高島市で作られており、高い強度のゴリっとした手触りが特徴。

こちらのトートバッグは、スクエアデザインでかっちりとしているのでビジネスや通勤・通学でも活躍してくれそう。

かばんの口を閉じるひねり金具や、持ち手の牛皮が、さりげない高級感を演出しています。

シンプルなデザインは、犬印ならではロゴマークを活かしていますね。

ショルダーストラップも付いているので、いろいろなシーンで使えるのも嬉しいポイントです。

サイズ:縦29×横34×まち幅13cm

把手:長さ45cm

重量:約400g

素材:純綿6号帆布(超撥水加工)

付属:天然皮革(牛革)

価格:11,990円(税込)

>【犬印】帆布トートバッグ(小)をもっと詳しく見てみる。

【倉敷帆布バイストン】トートバッグ 大タテ(長)

>【倉敷帆布バイストン】トートバッグ 大タテ(長)をもっと詳しく見てみる。

日本の帆布生地の約7割が岡山県倉敷市で作られており、「倉敷帆布」として世界にも知られています。

そんな倉敷帆布のかばんメーカー「バイストン」のトートバッグは、天然素材を使っているため通気性・耐久性に優れた一品。

比較的薄手の10号生地のため、日常使いしやすく普段着にも自然とマッチします。

肩掛けできるA4サイズ、そして内ポケットと外ポケットが付いたトートバッグなので仕事用としても活躍してくれますよ。

縦:約32.5cm

横:約29cm

マチ:約14cm

持ち手の長さ:約52cm

重量:約420g

素材:10号帆布(パラフィン加工)

価格:5,500円(税込)

>【倉敷帆布バイストン】トートバッグ 大タテ(長)をもっと詳しく見てみる。

【一澤信三郎帆布】トートバッグ(中)

【一澤信三郎帆布】トートバッグ(中)

>【一澤信三郎帆布】トートバッグ(中)をもっと詳しく見てみる。

1905年に創業し、京都の工房でかばん職人が手作りしている「一澤信三郎帆布」。

今回紹介するトートバッグは二色の配色が個性的で、きっとお気に入りの色の組み合わせに出会えますよ。

「牛乳瓶を20本入れて運ぶために作られたかばん」のため頑丈さが特徴。

マチが広くたくさんの荷物を入れても大丈夫です。

他に、小サイズと大サイズもあるので、カップルや家族でおそろいにするのもいいですね。

縦:30㎝

横:35㎝

マチ:22㎝

持ち手の長さ:約52㎝

価格:11,000 円(税抜)

>【一澤信三郎帆布】トートバッグ(中)をもっと詳しく見てみる。

【日乃本帆布】丸底トート M

【日乃本帆布】丸底トート M

>【日乃本帆布】丸底トート Mをもっと詳しく見てみる。

山形県米沢市の株式会社三香堂が「永く愛されるかばんを作りたい」と生み出したのが「日乃本帆布」ブランド。

丸底で縦長のシルエットのすっきりとしたトートバッグは、毎日でも使いたくなるデザインです。

内ポケットが3つあり、外側にもファスナーポケットが付いているため、機能性もバツグン。

オリーブグリーンとブラックの二色展開で、どちらも使うほどに色あせが味になっていきますよ。

高さ:28㎝

幅:27㎝

マチ:17㎝

重量:約470g

素材:9号帆布(パラフィン防水加工)

価格:10,780円(税込)

>【日乃本帆布】丸底トート Mをもっと詳しく見てみる。

【須田帆布】がんがん・トート

【須田帆布】がんがん・トート

>【須田帆布】がんがん・トートをもっと詳しく見てみる。

茨城県つくば市にある須田帆布が「がんがん使ってほしい!」という想いで作っているのがこちらの「がんがん・トート」。

須田帆布の代表作でもあります。

深さがあるので資料や新聞なども余裕で入り、財布やスマホを入れるためのポケットもあるので機能的。

シンプルなデザインながら、隠れたセンスの光る帆布かばんです。

サイズ:35.0×28.0×15.0cm

重量:約680g

素材:9号帆布

価格:13,937円~14,267円(税込)

>【須田帆布】がんがん・トートをもっと詳しく見てみる。

まとめ

日本製の帆布トートバッグは、職人の手仕事ならではの丁寧で丈夫な造りが魅力の、長く使いたいかばんです。

シンプルなデザイン、優れた耐久性、生地のもつ温かみは、帆布生地だからこそ。

お気に入りの帆布トートバッグを見つけて、オンオフで使い込んでくださいね。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

愛が伝わる!妻に贈りたいクリスマスプレゼント5選

優しいモノをあげたい! 妊婦さんへのおすすめのプレゼント

優しいモノをあげたい!妊婦さんへのおすすめのプレゼント9選