in

砥部焼

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

砥部焼の歴史

砥部焼は1777年に伊予国大洲で発祥しました。

当時、伊予う国大洲では伊予砥という砥石が特産品としてありましたが、砥石の生産だけでは財政的に厳しい状態でした。

そこで、新たに変わる産業として発展したのが砥部焼だったのです。

当時、伊予国では良質な陶石が取れていました。

また、町全体に傾斜があり、周囲の山々には燃料となる赤松が大量にとれていました。

傾斜のある土地は窯を築くのに最適であり、焼き物を作るのに適した土地柄だったことを活かして、大須藩は独自に磁器の研究をして砥部焼を生産し始めたのです。

明治時代に入り、廃藩置県が起きると、唐津や瀬戸などから工芸技術者を連れてこれるようになり、砥部焼の生産技術が向上したことで大量生産できるようになりました。

大正時代に入ると瀬戸などではろくろを使った焼き物の生産など、近代的な技術を取り入れていきました。

この当時、砥部焼は手作りで生産を続けていましたので、他の産地の発展に押されているといった状況でした。

しかし現在では、戦後の民芸運動も相まって手作りの工芸品の技術が評価され、全国的に砥部焼の魅力が伝わっています。

砥部焼の特徴

砥部焼の特徴は、頑丈な作りをしていることです。

砥部焼は厚手の白磁に薄い藍色の呉須と呼ばれる釉薬を縫って作っています。

そうして作られた磁器は他の磁器と比べても非常に頑丈で壊れにくいつくりをしています。

砥部焼は「喧嘩焼」としばしばいわれますが、その由来は砥部焼が頑丈で夫婦でけんかしても割れないという逸話からきています。

また、磯辺焼きのもつ美しい色合いと地肌も大きな特徴の一つです。

磯辺焼きは白い地肌に原料の陶石からくる薄い灰色があいまって、風味のある色合いが出ています。

手作業ならではの個性的なデザインも大きな魅力です。

砥部焼は昔から手作業で一つ一つ作られています。

職人は、よりよい磁器を作ろうと、釉薬を改良したり、手書きのデザインを加えたりして工夫を凝らしてきました。

生産量では全国の大産地に及びませんが、独特な風合いが評価されており、愛媛の無形文化遺産にも認定されています。

現在では、若手の陶芸家や女性陶芸家が砥部焼作りを始めるようになったこともあり、伝統の作りと新たな技法の融合した新しい風が砥部焼に吹き込んでいます。

砥部焼の利用シーンと利用の注意点

砥部焼は日常用品として湯飲み、茶碗、食器、鉢、お皿など多岐にわたる製品が作られています。

使いたいときにさっと使え、頑丈で壊れにくく、白磁を原料とした透き通る白色のデザインが多くの人に支持されています。

模様も豊富で、食卓を彩るのに適した焼き物です。

また、花瓶、置物などインテリアとしても砥部焼は用いられます。

デザインが豊富で、細菌では若い陶芸家による現代風の砥部焼が作られているので、かわいらしいデザインの焼き物も多く作られています。

砥部焼は芸術作品として作品としての価値も高く、「生命の碧い星」と題された砥部焼で作られた地球儀が平成7年にスイスジュネーブの国連欧州本部に寄贈されたことも有名です。

この地球儀は、高さ160センチメートル、直径105センチメートル、重さ300キログラムという、ろくろづくりでは日本最大級の焼き物でした。

国際連合に寄贈されるような立ち位置を日本で築いているだけでなく、砥部焼は、このように大規模の作品も作成できる焼き物でもあるのです。

砥部焼の見学をできる工房

・名前長戸製陶所

・所在地愛媛県伊予郡砥部町五本松196

・営業時間9:00~18:00(不定休)

・電話番号089-962-2123

砥部焼の体験をできる場所

・名前 砥部焼観光センター炎の里

・所在地愛媛県伊予郡砥部町千足359番地

・営業時間8時30分~18時00分

・電話番号089-962-2070

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

信楽焼

小石原焼