in

牛首紬

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

牛首紬の歴史

石川県の旧牛首村、現在の白峰地区に継承する製法で織られた紬織です。

柔らかく肌なじみの良い紬織でありながら、釘をも抜くことができるほど丈夫なことから、別名釘抜き紬とも言われています。

牛首紬の起源は、1159年の平治の乱に敗れた源氏の落ち人が、当地へ逃れ、城を構えて再起を狙っていた際に、その妻女が機織りが得意だったことから村人に機織りの技を伝授したことに始まります。

その後牛首紬に関する最古の記述は、1643年に京都の俳人松江重頼が記した「毛吹草」に記されています。白峰地区は古くから養蚕が盛んだったとされていて、生糸にならなかった屑繭と機織りで1600年から1700年の間には紬が織られていたのではないかと考えられています。

明治に入ってからは麻織物と共に紬織も盛んになり、各地への訪問販売を通じて全国への販路が拡大し、大正期には紬織の最盛期を迎えます。

その後、経済不況と太平洋戦争で人々が贅沢品を控えるようになり、紬織業者は廃業を余儀なくされました。

しかし、その衰退期にも兼業家内生産によって牛首紬の伝統技術は伝承され続けていたのです。

1955年からは白峰の地場産業復興活動の一環として、桑畑が再興されて養蚕に取り組み始めま、紬工場も再建されました。

1988年には当時の通産大臣によって、指定伝統的工芸品に認定され、全国的に高い知名度を誇るようになりました。

牛首紬の特徴

牛首紬の特徴は、「玉繭」と言われる1つの繭の中に2頭の蚕がいる繭を使います。

2頭の蚕が吐く糸は不規則に重なり合い、独特の織り味を出すことができます。

紬織と絹の上品な光沢が楽しめます。糸は通常よりも太く、弾力性や伸縮性が生まれ、シワへの抵抗力があります。

白峰は湿度が高く、この地で織られることで、保湿、吸湿、通気性があり、柔らかく、なじみが良い着心地に仕上がることが特徴です。

牛首紬の復興期に行なった新たな試みで、石川県の代表的な伝統工芸の一つでもある加賀友禅の染色を施しました。

友禅を染付たものは、格式高い紬に生まれ変わり、セミフォーマルの着物としても活用できるようになったことも、従来の紬織では考えられない、新たな特長を牛首紬に加えることになりました。

有名な友禅作家が染色したものも多くありますが、全て牛首紬のブランドとして販売されています。

牛首紬の利用シーンと利用の注意点

従来、紬織はカジュアルなものとされ続けていました。

しかし、加賀友禅の染色を施した訪問着や袋帯が登場したことによって、カジュアルからセミフォーマルまで幅広く利用できるようになりました。

使用上の注意点は、通常の着物や帯と同様に、着物と帯は別々にきちんとたたんで保管することです。

シワに強い素材ですが、長期の保管では余計なシワが入ってしまうことがあるので、保管の仕方は重要です。

また、保管中の湿気は着物が痛む原因になります。

湿度の高い時には吸湿し、湿度の低い時に放湿する特性のある桐箪笥での保管が最適と言われていますが、桐箪笥がない場合は、通常の箪笥に乾燥剤や防虫剤を入れて保管するようにします。

また、天気の良い日には虫干しをすると良いとされています。

着物が吸った湿気を放出し、乾燥した空気を吸ってもらうためです。

虫干しができない場合は、特に除湿に気をつけて保管するようにしましょう。

牛首紬の見学をできる工房

名称:織りの資料館白山工房

所在地:石川県白山市白峰村ヌ17
電話:076-259-2859
アクセス:車の場合は高速北陸自動車道、金沢西ICから70分、福井北ICから70分、小松ICより60分、
電車の場合、JR金沢駅より加賀白山バスで白峰北口まで120分JR松任駅より加賀白山バスで白峰北口まで120分
営業時間:9:00〜16:00
定休日:年末年始、お盆、5月から11月の毎週木曜日

名称:加藤手織牛首つむぎ
所在地:石川県白山市桑島イ1番地26,
電話:076-259-2736
アクセス:金沢西ICから車で70分、福井北ICから車で70分
営業時間:8:00〜16:00
定休日:不定休電話にて事前に問い合わせることをおすすめします

牛首紬の体験をできる場所

名称:織りの資料館白山工房

所在地:石川県白山市白峰村
電話:076-259-2859
アクセス:車の場合は高速北陸自動車道、金沢西ICから70分、福井北ICから70分、小松ICより60分、
電車の場合、JR金沢駅より加賀白山バスで白峰北口まで120分JR松任駅より加賀白山バスで白峰北口まで120分
営業時間:9:00〜16:00
定休日:年末年始、お盆、5月から11月の毎週木曜日

名称:石川県立伝統産業工芸館※不定期で牛首紬の体験・実演を行なっています
所在地:金沢市兼六町1番1号
電話:076-262-2020
アクセス:JR金沢駅より北鉄バス小立野方面行きに乗車、約15分。出羽町で下車。徒歩1分。
営業時間:9:00〜17:00
定休日:4月~11月は、毎月第3木曜日、12月~3月は、毎週木曜日及び年末・年始(祝日の木曜日は除く)

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

久留米絣

桐生織