失礼がないように!結婚祝いのラッピングマナーと方法

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

めでたく結婚したお二人に向けて、心をこめて贈りたい結婚祝い。もらう側にとって、一生に一度のことだから、何をもらったかずっと記憶に残るものです。私も結婚したときにいただいたプレゼントは今でも大切に使っています!

「すごく素敵なプレゼントだから、そのまま渡しても喜んでくれるはず!」

「会って直接渡せるし、親しい間柄だからラッピングは適当でも良いでしょ?」

そのようにしてプレゼントの中身だけを重視し、ラッピングが後回しになっていませんか?

ラッピングはプレゼントの顔であり、結婚祝いのラッピングには欠かすことができない大切なマナーがあります。

この記事では、知っておきたい!結婚祝いのラッピングマナーと方法についてわかりやすく解説します。

ラッピングありの通販はBECOSがおすすめ!

  • 一つひとつ心を込めて包むラッピング
  • 日本製の高級和紙を使用
  • ドライフラワーやメッセージカード付き

結婚祝いのラッピングマナー

結婚式のラッピングには、忘れてはならないマナーがあります!とくにラッピングにつかう色には、弔事をイメージさせる白と黒の組み合わせは避けてくださいね。

スタイリッシュな黒系の配色を好む人に贈る場合でも、結婚祝いにふさわしいデザインや色合いのラッピングを選びましょう。

また、結婚祝いを贈る時期は、結婚式の1~2ヶ月前、遅くとも1週間前までとなっていますので、ラッピングもそのタイミングに間に合うように用意してくださいね。

つづいて、結婚祝いのラッピングについての疑問を解決していきます。

「ラッピングなし」は失礼?

結婚祝いを贈る相手は、気持ちの距離が近い、親しい友人の場合もありますよね。

直接会って渡せるケースも多く、すぐに開けて見て欲しいから、手間がかからないようにラッピングなしで良いのでは?と思う人も多いかもしれません。

でも、ラッピングなし状態で結婚祝いを贈るのは失礼にあたります。

ラッピングには中の物を守る役割だけでなく「贈る相手のことを考えて、大切に思っている」というメッセージが込められているのです。

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

ラッピングせずにむき出しのままで結婚祝いを渡すことは、相手を大切に考えていない印象を与えてしまいます。簡単でいいので頑張ってラッピングしましょう!

袋だけじゃだめ?箱に入れる必要はある?

贈る品物の形状にもよりますが、基本的には箱などに入れたうえで包装紙に包み、のしやリボンをかけた状態にするのが一般的です。

持ち運ぶ際は、さらに紙袋などに入れてから携帯します。壊れやすいものや形が崩れやすいものは、直接箱や袋には入れず、梱包材などと共に入れましょう。

箱や包装は「大切にしたい気持ちがこもっている」ことを表現する意味もあるのです。もし急いでいて箱に入れて包装する時間がない場合は、最低でもきれいな袋に入れて、リボンやシールを貼ってラッピングしましょう!

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

やっぱりプレゼントは、もらったものを開ける瞬間のトキメキが大切ですよね!結婚祝いは一生に一度のことなので、ぜひ素敵なラッピングをしてあげてください!

「のし」は必要?

結婚祝いには「のし」も必要です。のし紙に水引が印刷されているものを使うことが多いので、水引の種類選びを間違えないようにしましょう。

わからない時はBECOSのギフトコンシェルジュに気軽に相談してくださいね。

単品の水引を使えば、リボンのように包みを留めることもでき、その結び方で贈り主の心を表現できますよ。

また、プレゼントにリボンをかける際は「のし」や水引は必要ありません。

自分でできる結婚祝いのラッピング

通販サイトなどで結婚祝いを購入すると、ラッピングのサービス自体が無い場合があります。

その場合は、自分で結婚祝いのラッピングをしてみても良いですね。

贈る相手のイメージに合わせながら、幸せ感あふれる温かみあるラッピングが理想です。

包装紙やリボン、シール、テープなどは、100均などでも数多く売られていますよ。

100均の材料でのラッピングはこちらの動画を参考にしてみてください!

結婚祝いにふさわしい、明るく上品なイメージの素材を選んで自分でラッピングしてみましょう。

ギフトラッピングのコツ!

結婚祝いのギフトラッピングにはコツがあります。自分が無理なく包装できる方法を選ぶことです。

包装紙で四角い箱などをラッピングする場合には、キャラメル包みや斜め包みが一般的です。

YouTubeに他にもラッピングの仕方がたくさんアップされていますので参考にしてみてください!

ギフト専用の綺麗な色の袋に入れて、シールや飾りを付け、口部分をリボンで結ぶだけでも美しいラッピングは可能です!

飯島るり
飯島るり(ギフトコンシェルジュ)

毎日のようにラッピングをしている私からお伝えしたいここだけの話!としては「なるべく長方形の商品を購入すること」です!笑 正方形や円形の商品だと初心者の方はラッピングにとても苦労すると思います。私も、最初はとても苦労しました。

プレゼントに合わせた包み方

結婚祝いのラッピングをするときは、プレゼントの形や大きさに合わせた包み方を選ぶとさらに素敵になりますよ。

四角い箱類なら、包装紙を使ってきっちりと包みますが、細長いものや丸いものなどはその形をあえて生かして包んでみましょう。

丸いものをラッピングするときは、こちらのようにするのが良いです。

可愛いシールやリボン、チャームなどを組み合わせてもおしゃれですね。また、包む素材は紙に限らず風呂敷もおすすめです。

風呂敷は布なので包みを開いた後も長く使えて、もらった人はとてもお得な気分になれますね。

結婚祝いのラッピングを代行してくれるサービス

結婚祝いのラッピングを自分でやろうと思ったけれど、材料を用意する時間がなかったり、ラッピング作業が苦手だったりと、難しいこともありますよね?

そんなときには、ラッピングのプロの手を借りましょう。

ここからは、結婚祝いのラッピングを代行してくれる便利なサービスを2つ紹介します。

オンラインラッピングサービス「yuibito.gifts」

”ギフトを結び、人を結ぶ”をコンセプトとした、株式会社結い人(ゆいびと)が提供するラッピングサービスです。

プレゼントしたい品物を選び、ラッピングデザインを選んで品物を送るだけの簡単な手続きでラッピングサービスが受けられますよ。

決済後に送られるオンラインフォームに、必要事項を入力して送信すれば、あとはラッピングされた品物の到着を待つだけなので簡単です。

包装紙やリボン変更などのカスタマイズが可能で、可愛らしいドライフラワーや縁起のよい七宝柄メッセージカードなどのオプションも付けられますよ。

  • 会社名:株式会社結い人
  • 所在地:東京都中央区京橋1-1-5 セントラルビル2F

yuibito.giftsのサービスページはこちら

持ち込みラッピングサービス「つつみ屋工房」

”贈る方の想いを包む”がコンセプトの「つつみ屋工房」は、日本橋高島屋S.C店舗への持ち込み、またはWEBから手続きし、商品を送付して受けられるラッピングサービスです。

ラッピングコーディネーターが、シーンや種類に応じて豊富な包装材料やデザインの中から、セレクトし、一つひとつ丁寧に包みます。

店舗持ち込みの場合、ラッピング作業で待ち時間が30分から1時間ほどになりますので、あらかじめ来店予約すれば、待たずに受け取ることが可能ですよ。

※:高島屋以外で購入した商品もラッピング対応可

  • 会社名:つつみ屋工房(株式会社マルニ・ロジコム)
  • 所:東京都中央区日本橋2-1 日本橋高島屋S.C本館1F婦人洋品

つつみ屋工房のサービスページはこちら

結婚祝いのラッピングにこだわった通販ならBECOS

結婚する二人の幸せを心から願って贈る結婚祝いには、そのラッピングにもこだわって、受け取った瞬間からワクワクできるようなプレゼントを渡したいですよね。

日本の伝統工芸品を始めとする、おしゃれでシンプルモダンな商品を取り扱うBECOSでは、贈り物の中身だけでなくラッピングも大切にしています。

通販で買い物するとラッピングがイマイチ…という悩みがすっきり解消できるだけでなく、マナーやしきたりを守ったラッピングができるので、結婚祝いをワンランクアップさせることができますよ。

ラッピングありの通販はBECOSがおすすめ!

  • 一つひとつ心を込めて包むラッピング
  • 日本製の高級和紙を使用
  • ドライフラワーやメッセージカード付き
よかったらシェアしてね!