【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:神谷慎介
Rated 3.5/5 based on 11 customer reviews

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:神谷慎介

30,000円(税抜)以上お買い上げで送料無料!

Image
販売中: 在庫あり
¥28,000
お気に入り
鬼瓦家守 神谷 慎介 神谷慎介

1400年の歴史を持つ鬼瓦は、古来より厄除け、魔除けとして、日本の家屋や家族を守ってきました。しかし、鬼瓦を屋根に飾ることができる家屋が減少しています。そこで現代の建築様式にマッチさせるため、「室内に飾る鬼瓦」という斬新なアイデアを実現した商品を作りました。

~鬼師 神谷慎介~

生きた鬼へのこだわり

今にも噛みつきそうな牙、突き刺さりそうな角の立体感がある作品。本来、鬼が持つ「怖さ」がストレ-トに伝わってきます。「誰が見ても、鬼の意匠性を感じられる作品に」。それは即ち、鬼が鬼として「生きている」ことを意味しています。

鬼師

Oni Shi

「一期一会」

神谷慎介

来歴

History

平成15年、有限会社上鬼栄入社。愛知県鬼瓦技能製作師評価試験上級に合格。かわらぶき技能士二級。湖東三山西明寺をはじめ、数々の神社仏閣に作品を納め続けている。

鬼瓦へかける思い

My philosophy

鬼瓦界の未来はこの手に

「長く残る作品は、100年以上の歴史を刻むもの。その歴史に携わることが夢」と語る、若手鬼師。国宝や文化財など後世に残るものを手掛けていきたい、と野心をのぞかせる。尊敬する先人達の背中を追いかけ、自分にしかできない表現を模索している。信条は「一期一会」。鬼瓦界の未来を背負う彼の眼に、迷いはない。

ヘラをあてた瞬間の感覚を大事に

50本弱あるという金ヘラを土の性質や工程によって使い分けている。中でも銅のヘラが気に入っており、土にあてた時、しっとりとした独特の感触があるという。随時、使いやすいように削るなどのメンテナンスを行っている。

こだわり

focus points

名を彫ることは責任を負うこと

作品には制作者(自分)の名前を彫ることがある。何十年、何百年か後に瓦を下ろした時、名前が彫られていて恥ずかしくないような仕事をするために。この意識が制作時のモチベーションになっている。

お客様へ

For Customers

作業ひとつひとつに魂を注ぎ込む

自分の名前を彫っているところ。依頼によっては、名前だけでなく屋号や日付を彫ることもある。「はらい」や「とめ」を特に意識して、細心の注意を払いながらの作業。魂を注ぎ込む瞬間だ。

インフォメーション

ブランド 鬼瓦家守
原産国 愛知県
技法 三州鬼瓦
素材 瓦、ウォールナット
サイズ cm (約) 14.0*20.0*2.6
重さ g (約) 800
容量 ml (約)
電子機器
備考 The product is in a paulownia box. Please do not touch orge mask with bare hands. It is possible to install both [wall hanging] and [stationery]. You can fix with plaster iron that is included even with gypsum board wall without base.
納期 1~3営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)