ブランド

特別な日、大切な人のための最高級ラッピング

結い人

  • 2019年
  • ギフトラッピング
  • 前田 美徳

歴史

日本の伝統文化である「包む」は相手を思いやる気持ち

日本の「包む」という伝統文化は非常に長い歴史があり、「包む」という行為自体は奈良時代からあったと言われています。

「包む」という漢字は、お腹の中に子供を宿した女性をイメージしたものと言われており、中のモノを慈しみ、大切にするという意味が込められています。

風呂敷や和紙、水引などのあらゆる素材を駆使して、贈る相手のことを思いやり「中身を大切に扱う」ということを習慣にしてきました。

私は、この日本の伝統文化である「包む」ということの素晴らしさを世界中の方に知ってもらいたい、贈られたときの感動を味わってもらいたいという思いから、「プレゼントを結ぶ(包む)」こと、それによって「人と人とを結ぶ」ラッピングサービス「結い人」を立ち上げました。

直接渡すことのできない、遠く離れた大切な方にも“想い”と“感動”を伝えられるラッピングをご提供します。

特徴

職人の技で仕上げる日本らしいラッピング

日本には、室町時代に武家の礼法として確立した「折形(おりがた)」という作法がありました。

やがて、この折形は庶民のあいだにも広がり「おりがみ」として発展します。

現代では、折形という言葉自体は、聞き馴染みのないものになってしまいましたが、ご祝儀袋やのし紙のルーツとして伝わっています。

結い人のラッピングには、この「折形」の考え方と伝統工芸でもある「水引」を組み合わせた日本らしいラッピングもご用意いたしました。

ラッピングを解いたときに、ふわりと花が開くように、包装紙が広がって見えるよう、できるだけテープを使わず、折り方と水引を組み合わせ、職人の技でラッピングしています。

お客様へ

「ありがとう」「おめでとう」の気持ちが届くように

特別な日、大切な方へ贈る方の「ありがとう」「おめでとう」の気持ちも一緒につつむラッピングを心がけています。

お客さまの贈り物と「きもち」をお預かりし、贈る方へ大切な心をお届けするお手伝いをいたします。


結い人|ギフトラッピング

表示方法
表示 all 15 商品