With the highest grade of Made in Japan

Mini Cart

Traditional Technique
Shop By

Filter

Shopping Options
Category
  1. 87
  2. 21
  3. 589
  4. 5
  5. 14
  6. 1
  7. 6
  8. 17
  9. 28
  10. 64
  11. 180
  12. 99
  13. 3
Price
$
$
Shop by Brand
  1. 9
  2. 17
  3. 4
  4. 11
  5. 12
  6. 66
  7. 10
  8. 51
  9. 3
  10. 10
  11. 12
  12. 18
  13. 6
  14. 2
  15. 5
  16. 16
  17. 1
  18. 5
  19. 54
  20. 70
  21. 17
  22. 1
  23. 131
  24. 22
  25. 13
  26. 12
  27. 5
  28. 17
  29. 61
  30. 3
  31. 4
  32. 16
  33. 397
  34. 47
  35. 35
  36. 25
  37. 6
  38. 10
  39. 28
  40. show 19 more show less

伝統工芸品とは

「伝統工芸品」とは、数百年数千年の歴史を超えて脈々と受け継がれている技術や技法を用いて、ハンドメイドで作られた商品を指します。日本では現在、約25,000社、合計140,000人の職人達が、1,200種類もの「伝統工芸品」のものづくりを行っています。

そのような「伝統工芸品」の中には、日本国が特別に指定した「伝統“的”工芸品」が存在します。「伝統“的”工芸品」は、ものづくりが始まってから100年以上の歴史を持つなど、5つの厳しい条件を、商品、技術、文献などの歴史資料を基に、経済産業省が審査を行います。見事、審査をクリアすると「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて指定されます。

また、同法律に基づき「伝統工芸士」という職人に与えられる国家資格も存在します。「伝統工芸士」は、それぞれの産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、その技を後世の代に伝えていくことが求められます。そのため、「伝統“的”工芸品」の製造に12年以上携わり、知識試験、実技試験、面接試験など、特別な試験をクリアした職人だけに与えられる国家資格です。

日本には現在、特別に指定を受けた「伝統”的”工芸品」が約230種類存在し、日々伝統を受け継ぐため職人達がものづくりを続けています。

「伝統”的”工芸品」としての指定の条件

1. 主として日常生活で使用する工芸品であること。
2. 製造工程のうち、製品の持ち味に大きな影響を与える部分は、手作業が中心であること。
3. 100年以上の歴史を有し、今日まで継続している伝統的な技術・技法により製造されるものであること。
4. 主たる原材料が原則として100年以上継続的に使用されていること。
5. 一定の地域で当該工芸品を製造する事業者がある程度の規模を保ち、地域産業として成立していること。

このように、法律によって伝統工芸を指定、保存している国家は非常に稀で、日本は世界で最も伝統工芸の技術、技法の継承に力を入れています。

そのような伝統工芸品の歴史、技術・技法を詳しく紹介しています。古代から継承されてきた日本のものづくりに触れてみましょう。

Fabric
87 product(s)
染色品
21 product(s)
繊維品
0 product(s)
Ceramic
589 product(s)
Lacquerware
5 product(s)
木工品
14 product(s)
竹工品
0 product(s)
Metal works
1 product(s)
仏壇・仏具
6 product(s)
和紙
17 product(s)
Writing tools
0 product(s)
Dolls,Kokeshi
28 product(s)
material
64 product(s)
その他工芸品
180 product(s)
Folding fan
0 product(s)
Glass work
99 product(s)
Cutlery
0 product(s)
箪笥
3 product(s)
提灯・灯籠
0 product(s)