With the highest grade of Made in Japan

Mini Cart

Seisan-Tenmoku · Sakazuki (Sake cup)
5000

Seisan-Tenmoku · Sakazuki (Sake cup)

なし

青霰天目(Seiun-Tenmoku)

青霰=Blue Hailstone

 

   

This is one of pottery made in Kyoto, Japan.YohenTenmoku tea cup is still unclear how to make it, it is enveloped in a mystery.It is the work of the whole body which YohenTenmoku tea bowl that such modern ceramic artist reproduced.You may drink sake, drink tea, or decorate it as an interior. Depending on the viewing angle and the angle at which the light strikes, it changes various expressions, so it will be a gem that will never get tired.

   

  

  
YohenTenmoku tea cup was made in Fujian Building Kiln (southern China) in southern China about 800 years ago and was wrapped in the most beautiful and the biggest mystery of world ceramics history It is a phantom bowl.

 

 世界に4点しか存在しない耀変天目茶碗の神秘的美しさに迫る!※ The photo above, Yohen Tenmoku tea cup, It is "Inaba Tenmoku" which is regarded as the best thing among cup.

$61.85 税抜
- +

在庫状況:在庫あり
Product ID S0001-051
Details

耀変天目茶碗(ようへんてんもくちゃわん)は、約800年前に中国南部の福建省の建窯(けんよう)で作られ、世界の陶芸史上最も美しく、そして最大の謎に包まれた幻の茶碗です。

※上記の写真は、曜変天目茶碗の中でも最高の物とされる『稲葉天目』です。

鎌倉時代に中国から交易品として日本に伝わりました。

室町幕府の足利将軍家の宝物について記した巻物には、「この世にこれ以上のものはない」と最高の評価が与えられています。

「耀変」とは、元来「窯変」(ようへん=陶磁器を焼く際、窯の中で予期しない色に変わること)、や「容変」の言葉が当てられておりましたが、その茶碗には黒釉(こくゆう=黒色のうわ薬)の下地に大小の瑠璃色あるいは虹色の光彩の斑紋(=まだら模様)が散在することから、「星」や「輝く」という意味の「耀」の字が用いられるようになったと言われております。

「天目」の語源についてはいくつか説がございますが、一般には、中国浙江省にある天目山の名に由来するとされています。現在では黒いうわ薬のかかった茶碗を一般的に天目と呼んでいます。

耀変天目茶碗は約800年前に中国で生まれたのですが、現存するのが世界に3点のみで、しかもその3点すべてが日本にあり、いずれも国宝に指定されています。

More Information
その他の情報
Shop by Brand Beautiful Kyoto Ware・Kiyomizu Ware like a flower "Touan"
商品名 Seisan-Tenmoku · Sakazuki (Sake cup)
Traditional Technique Kyo Ware・ Kiyomizu Ware
Capacity 170ml
Measuring Φ8.5*H4.5cm
Country of Manufacture 日本
Product Weight / g 100g