With the highest grade of Made in Japan

Mini Cart

Wajima Lacquer

伝統技法 : 輪島塗
発祥地 : 石川県輪島市
発祥の年代 : 1400年頃
時代 : 室町時代"

歴史 :

"輪島塗の発祥は諸説あり正しい年代が確立されてはいませんが、 文明8年(1476年)には輪島に塗師がいたことは明らかになっています。天正10年(1582年)加賀藩主が能登を巡行した際に、すでに輪島塗の特徴である地の粉が使われており、 輪島独自の加飾技法である沈金は18世紀に完成、蒔絵は19世紀初め会津からもたらされたと言われています。漆器の販売は塗師屋が商品見本を背負い全国各地を行商してまわり、販路を拡大していきました。 特に、18世紀から講組織による販売が加わり、飛躍的に需要が伸びるとともに品質向上がはかられました。

特徴 :

"堅牢な塗りと加飾の優美さを特徴とし、日本を代表する漆器として高く評価されています。特に、輪島特産の地の粉(珪藻土の一種)を下地に塗り、塗り上げるまでに20工程以上、総手数では75~124回にも及ぶていねいな手作業で作られるため、堅地漆器の名声を博しています。 さらに、木地の外側や損傷しやすい箇所に漆で麻布を貼る布着せの技法や地付けの際、下地が剥離破損しやすい上縁に桧皮箆(ひかわべら)で生漆を塗る地縁(ぢぶち)引きが、漆器の品質と堅牢度を高めています。 また、加飾にも優れ、特に、沈金技法は輪島で完成したといわれ、多くの名工を育ててきました。

"

選択にマッチする商品が見つかりません。