With the highest grade of Made in Japan

Mini Cart

印伝

伝統工芸

Traditional crafts

印伝

山梨県

  • 1630年頃
  • 江戸時代

歴史

History

印伝の由来は、1630年頃に、来航した外国人により印度(インド) 装飾革が幕府に献上された際に名づけられたと伝えられています。 その華麗な色に刺激されて、後に国産化されたものを印伝と呼ぶようになりました。 1685年刊の京都の地誌である『京羽二重』や十返舎一九の「東海道中膝栗毛」(1802年)のなかに「印伝」の記述があることから、江戸時代には各地で製造されたものと思わ れますが、現在、製法が伝わっているのは、甲州印伝のみです。 甲州印伝の起源については、1854年、「甲州買物独案内」に記述があることから、 1800年頃には産地が形成されていたと見られています。

特徴

Characteristic

印伝は鹿の革に漆で模様付けした革製品です。馴染みやすく、非常に丈夫なため多くの武将に愛されました。特徴は、漆の模様の凹凸です。革だけでは味わえない立体感が魅力的です。

We can't find products matching the selection.