フォトブック八千代綴りを製作する「経師」大入祥平さんのインタビューが掲載されています。

奈良時代から継承されてきた伝統技術で、和本の装丁、文化財の修復、保存や複製などを手がける経師がなぜ、フォトアルバムをつくることになったのか。

とても丁寧にインタビューされていますので、ぜひ御覧ください。

みらいデザインミーティング#002 経師1を詳しく見てみる