「ローソク」という言葉はよく耳にすることがあるという方でも「和ろうそく」という言葉はあまり聞いたことがないという方も多くいるでしょう。ここでは、和ろうそくとは何のことを指すのか、和ろうそくの原料や製法、どのように使うことができるのかなど、和ろうそくについて、その魅力も踏まえて詳しくご紹介していきます。

和ろうそくとは

和ろうそく

和ろうそくは、灯具であるろうそくの一種です。また、和ろうそくの炎は、ほかのろうそくよりも大きく、趣のある灯りが特徴であると言われています。和ろうそくの歴史は、室町時代に中国から伝わってきたことに始まります。その後、江戸時代には最盛期を迎えました。江戸時代においては、各地で木蝋の生産が推奨されたという背景があり、ろうそくの産地が形成されていきました。

しかし、そのような時代でもろうそくは高級品として扱われ、武家や町屋の上流または特別の場合にしか使用することが許されていませんでした。明治時代以降は、西洋ローソクが普及してきたことにより、和ろうそくは徐々に減少していきました。

しかし、インテリアとして見直されるようになってから、「和の灯り」として再び人々の注目を集めるようになったのです。和ろうそくには、洋ローソクとは異なる、和ろうそくならではの神秘性や姿の良さ、火持ちの良さが高く評価されています。なお、和ろうそくの炎は洋ローソクと異なると言われていますが、このような炎の違いには理由があります。

それは、和ろうそくの構造によるものです。和ろうそくは、中が空洞芯になっているため、空気がろうそくの中を流れるのです。そして、この空気の流れによって和ろうそくならではの炎を揺らめかせます。

また、和ろうそくは風がない時でも揺れたり、ぽんぽんと弾むことがあります。これは、芯から空気が流れ出ることによって起こる現象です。ちなみに、和ろうそくには白色だけでなく赤色や淡いピンク色、水色といったさまざまなカラーバリエーションがあります。昔から作られているのは白色と赤色の2種類です。

仏壇に供えるだけではなく、インテリアとしても使用されている和ろうそくですが、白色の和ろうそくは、葬儀や中陰、年忌法要や祥月命日などの法要の際に使われることが多いです。

赤色の和ろうそくである、朱ろうそくは浄土真宗の方に使われることが多く、七回忌からの年忌や彼岸、お盆などで使われています。

和ろうそくの原料

和ろうそくの原料

和ろうそくの原料となっているものは、植物のハゼの実の油から抽出した木蝋(もくろう)と呼ばれるものや米ぬかから抽出した糠蝋(ぬかろう)です。また、和ろうそくの芯は和紙の上にい草の灯芯を巻いたものや、和紙だけを巻いた紙芯が使用されています。

和ろうそくの原料でもある木蝋は、パラフィンワックスや他のワックスにない独特の粘りを持っているのが特徴です。また、食品衛生法に適した安全性を兼ね備えているものであり、さまざまな製品に使われているため、日常生活の中でも意識せずに使用しているものの中に含まれている可能性が高いです。

たとえば、化粧品の口紅やハンドクリーム、クレヨンや色鉛筆にも使用されています。

このように、和ろうそくの原料だけでなくあらゆる製品に使用されている木蝋ですが、絶滅の危機にさらされていることも特筆すべき点となります。それは、木蝋のもととなるハゼの実を採取する人が減少していることや、一大産地である長崎県千本木地区で起きた大火砕流の影響によると言われています。

糠蝋も和ろうそくの原料となっていますが、これからも和ろうそくを作り続けるためには、糠蝋だけでなく木蝋の原料も大切にしなくてはいけません。ハゼの木を絶滅の危機から救い、保護していく必要があるということがいえるでしょう。

和ろうそくの産地での違い

和ろうそくは木蝋やソイワックス、蜜蝋などの純植物性の原料を用いて作られていますが、日本各地にある和ろうそくの産地では、それぞれの産地ごとに異なる原料を使って作られています。たとえば、東北地方ではウルシの果実を使用して作る一方、九州や四国地方では、ハゼノキの果実を使用して和ろうそくを作っていたのです。

なお、植物性の原料を使用しているという点は変わりません。ちなみに、福島県でもウルシの果実を原料とした漆蝋を使って和ろうそくを製造していましたが、漆蝋の生産が途絶えてしまったことからハゼノキの果実を原料としたハゼ蝋を使っているようです。このことから、一般に木蝋という時にはハゼノキの果実を原料としたハゼ蝋を使っていると考えて良いでしょう。

日本で和ろうそくを製造している地域としては愛媛県内子町や兵庫県西宮市、福島県会津若松市や山形県鶴岡市などを挙げることができます。

また、福井県福井市にある、和ろうそくを製造している工場では、堅掛け(型掛け)と呼ばれる、北陸地域に根ざした和ろうそくの製造手法で和ろうそくを作っているというように、原料の違いだけでなく、製造方法にも地域による差があると言われています。

和ろうそくの製法

和ろうそくの製法としては、一本一本を手で作る 「清浄生掛け(しょうじょうきがけ)」という作り方と、型に流して作る「型流し」という作り方の2種類があります。

清浄生掛けでは、まず初めに竹に和紙の上にい草の燈芯をまきつけた芯を1本1本さしていきます。この時の芯の良し悪しが和ろうそくの燃焼に大きく関係します。その後、芯締めという、灯芯に蝋をなじませ硬化させ、生掛け(きがけ)をしやすくする作業をおこないます。次に蝋を塗って乾かす作業を芯が太くなるまで繰り返します。

目的の大きさまでできたら、最後に蝋を上掛けし、頭切りという熱した包丁で頭の部分の芯出しをする作業をおこないます。最後に、竹串からろうそくを抜き、尻切りをし、寸法をそろえる尻切りという作業をおこない完成です。

一方の型流しは一般的な製法である和ろうそくの製法と一般的で原材料も安価な製法の型和ろうそくの製法の2つに分けることができます。一般的な和ろうそくの製法では、まず、型に芯をさした竹くしを入れてから蝋を溶かした液を入れ、手で下塗りをしてから上掛け蝋を溶かした液をかける作業をおこないます。

ちなみに、この手で塗るというところがこの製法のポイントです。型和ろうそくの製法は、型に芯をさした竹くしを入れ、溶かした液を入れるところまでは一般的な製法と同じですが、手で下塗りをする工程は無く、上掛け蝋を塗るだけで作業終了です。

和ろうそくの使い方(火をつけずに楽しめる?)

和ろうそくのインテリア

和ろうそくは、火をつけて洋ローソクと同じような用途で使用すること以外にも使い道があります。和ろうそくには、「お供え・おつかいもの」という意味もあり、その1つの形として、「絵ろうそく」というものがあるのです。

絵ろうそくは和ろうそくの一種ではありますが、火をつけることはなく、お花の代わりにお供えするためのろうそくとして使用されています。そのため、ろうそくの表面にはお花の絵などが描かれています。

このように、ろうそくでも火をつけずに楽しむこともできるのが和ろうそくの魅力といえるでしょう。

和ろうそくは仏壇を汚さない?

和ろうそくは仏壇を汚さないで使えるろうそくであると言われています。その理由は、和ろうそくの原料が大きく関係しています。和ろうそくの大きな特徴として、原料が純植物性であるということが挙げられます。純植物性のろうそくは、燃えていくとほんのりとロウの溶けた香りがするものの、油煙は少ないのです。

また、点火するとロウは液体になるものの、和ろうそくでは、その液体が芯に吸い上げられるため、炎とともに蒸発し、液だれがほとんど発生しません。芯が和紙でできていることも一役買っているようです。さらに、和紙でできた芯に燈芯を巻くこともあります。燈芯は、イグサの花茎の髄のことを指し、和紙の上からこの燈芯を巻くことで芯がより太くなり、蝋の吸い上げも良くなるのです。これだけではなく、ススが少ないというのも和ろうそくならではの特徴ということができるでしょう。

このような特徴が和ろうそくにはあるため、仏壇も汚れにくく、また、汚れてしまった場合でも簡単にふき取ってキレイにすることができるのです。

和ろうそくと洋ローソクの違い

和ろうそくと洋ローソクの違いについてですが、その違いは、原料だけでなく、製造方法、炎の状態、数え方の単位や価格まで、さまざまな点を挙げることができます。まずは原料に関してです。和ろうそくの原料は、ハゼの実の油から抽出した木蝋をはじめとして、大豆から作ったソイワックスや蜂の巣から取り出した蜜蝋(みつろう)など、純植物性の蝋で作られています。

一方の洋ローソクは、植物ではなく、石油から採れるパラフィンというものを原料として作られています。

芯は、和ろうそくの場合、い草の髄から取れる燈芯が使われていますが、洋ローソクでは糸を使用しています。また、製造方法も、一本ずつ手作業で作られるため、できあがる数も限られてしまう和ろうそくに対して、洋ローソクは機械で製造するため、大量生産が可能になっています。

炎は、和ろうそくでは大きくゆらぎ、芯が太いため消えにくいという特徴がある一方、洋ローソクは小さくて炎も消えやすいという特徴があります。なお、和ろうそくの単位は「匁(もんめ)」と呼び、洋ローソクは「号」と呼びます。

価格は、和ろうそくは生産量が限られているため高価になってしまいますが、洋ローソクは機械で大量生産をすることができるので安価です。

和ろうそくの癒し効果

和ろうそくのあかりは、温もりがあり、優しい炎であると言われています。そのため、眺めているだけでも心の癒やしにもなるでしょう。仏壇用のあかりとして使用するだけではなく、食事中のテーブルの上のあかりや音楽を聴きながらお酒をたしなむ時にも使用しても良いでしょう。優しいあかりでリラックスすることができます。