メイドインジャパンという最高級と共に

カート

特集

フィルタ

Filter by カテゴリ
  1. 【限定商品】メンズ着物「VEDUTA」 65 商品
  2. 【限定商品】メンズ浴衣「VEDUTA」 65 商品
  3. 【国産最高級】い草を使った畳ラグ「IKEHIKO」 15 商品
  4. 【国産最高級】い草を使ったヨガマット「IKEHIKO」 10 商品
  5. 普段から使いやすい「備前焼」 17 商品
  6. 戦国武将の甲冑インテリア「ボトルアーマー」 9 商品
  7. 光の角度で表情が変わる「天目盃」 12 商品
  8. 【国産】い草を使った畳ラグ「IKEHIKO」 15 商品
  9. 鬼瓦のインテリア「鬼瓦家守」 9 商品
  10. 西陣織のお皿「ORI-ZARA」 12 商品
  11. 螺鈿のインテリア「嵯峨螺鈿 野村」 6 商品
  12. 漆の蝶ネクタイ「CONCERTO」 5 商品
  13. 孤高の陶芸家「藤岡光一」 14 商品
  14. 西陣織のバッグ「京きわみ」 5 商品
  15. 金箔から生まれる工芸品「箔一」 44 商品
  16. 京都のこだわりの和ろうそく「中村ローソク」 55 商品
  17. 伝統の木目込み技術でつくる「フォトフレーム」 3 商品
  18. 金沢箔のブランド「箔一」のアートパネル 20 商品
  19. 伝統の木目込み技術でつくる「招き猫」 11 商品
  20. 青い和モダンなカップ 16 商品
  21. おすすめの和モダンな酒器・徳利・ぐいのみ・おちょこ 52 商品
  22. ウルトラマン×伝統的な屏風 6 商品
  23. 伝統の木目込み技術でつくる「和のトレイ」 6 商品
  24. 組子細工でつくったお膳「和膳」 3 商品
  25. 若きネクタイ職人がつくる国産にこだわった高級「ネクタイ」 9 商品
  26. 大切なものを飾るための桐箱「想ひ函」 3 商品
  27. グラデーションが美しい、カジュアルにも使える畳ラグ 15 商品
  28. 2016/ Arita 創業400年を記念した有田焼の新ブランド 362 商品
  29. 和風総本家に取り上げられた宮内庁御用達のスリッパ「moco」 10 商品
Filter by ブランド
  1. モダンなインテリア、屏風「大湊文吉商店|屏風・組子」 10 商品
  2. 室内に飾る鬼瓦インテリア、お守り「鬼瓦家守|三州瓦」 9 商品
  3. 宮内庁御用達の高級スリッパ、ルームシューズmoco「サナックス|革細工」 10 商品
  4. 日本一の桐箪笥産地の飾り棚ブランド想ひ凾「野本桐凾製作所|加茂桐箪笥」 3 商品
  5. 日本産シルクの大人気ネクタイSHAKUNONE「笏本縫製|ネクタイ」 9 商品
  6. 西陣織を使ったおしゃれなお皿「ORI-ZARA|西陣織」 12 商品
  7. レディースのバッグ「京きわみ|西陣織」 5 商品
  8. モダンな蝶ネクタイ・ボウタイ「CONCERTO|高岡漆器・西陣織」 5 商品
  9. モダンな浴衣、着物「VEDUTA|浴衣・着物」 65 商品
  10. ビールタンブラーが人気の陶芸家「恒枝直豆|備前焼」 17 商品
  11. モダンなマグカップ、急須、茶碗、酒器、お皿「陶葊|清水焼・京焼」 38 商品
  12. モダンなコーヒーカップ、茶碗、ボウル、湯のみ「大日|清水焼・京焼」 4 商品
  13. 酒器が人気の陶芸家「藤岡光一|陶芸家」 14 商品
  14. 戦国武将のボトルホルダー、ボトルアーマー「忠保|甲冑」 8 商品
  15. モダンなマグカップ、茶碗、湯呑「瑞松|清水焼・京焼」 1 商品
  16. インテリアになる和ろうそくの老舗「中村ローソク|和ろうそく」 55 商品
  17. モダンなお皿、カップ、小鉢の「まるぶん|有田焼・伊万里焼」 4 商品
  18. 有田のモダンな磁器「2016/|有田焼・伊万里焼」 397 商品
  19. 金箔を使ったインテリア、食器「箔一|金沢箔」 64 商品
  20. 厚みのあるい草ラグ「イケヒコ|い草ラグ・畳マット」 25 商品
  21. ミラーと螺鈿のモダンアート「嵯峨螺鈿 野村|螺鈿細工」 6 商品
  22. おしゃれなフォトフレーム、アクセサリー収納「柿沼人形|江戸木目込み」 20 商品

伝統工芸品とは

「伝統工芸品」とは、数百年数千年の歴史を超えて脈々と受け継がれている技術や技法を用いて、ハンドメイドで作られた商品を指します。日本では現在、約25,000社、合計140,000人の職人達が、1,200種類もの「伝統工芸品」のものづくりを行っています。

そのような「伝統工芸品」の中には、日本国が特別に指定した「伝統“的”工芸品」が存在します。「伝統“的”工芸品」は、ものづくりが始まってから100年以上の歴史を持つなど、5つの厳しい条件を、商品、技術、文献などの歴史資料を基に、経済産業省が審査を行います。見事、審査をクリアすると「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて指定されます。

また、同法律に基づき「伝統工芸士」という職人に与えられる国家資格も存在します。「伝統工芸士」は、それぞれの産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、その技を後世の代に伝えていくことが求められます。そのため、「伝統“的”工芸品」の製造に12年以上携わり、知識試験、実技試験、面接試験など、特別な試験をクリアした職人だけに与えられる国家資格です。

日本には現在、特別に指定を受けた「伝統”的”工芸品」が約230種類存在し、日々伝統を受け継ぐため職人達がものづくりを続けています。

「伝統”的”工芸品」としての指定の条件

1. 主として日常生活で使用する工芸品であること。
2. 製造工程のうち、製品の持ち味に大きな影響を与える部分は、手作業が中心であること。
3. 100年以上の歴史を有し、今日まで継続している伝統的な技術・技法により製造されるものであること。
4. 主たる原材料が原則として100年以上継続的に使用されていること。
5. 一定の地域で当該工芸品を製造する事業者がある程度の規模を保ち、地域産業として成立していること。

このように、法律によって伝統工芸を指定、保存している国家は非常に稀で、日本は世界で最も伝統工芸の技術、技法の継承に力を入れています。

そのような伝統工芸品の歴史、技術・技法を詳しく紹介しています。古代から継承されてきた日本のものづくりに触れてみましょう。