メイドインジャパンという最高級と共に

カート

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ カップ (ホワイト)
1300

【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ カップ (ホワイト)

なし

リネン生地を折り重ねたような独特のフォルムのカップ(ホワイト)
薄さや軽さにこだわりながら、リネン生地を折り重ねてできるフォルムを焼き物で表現しました。焼成時にできる自然な揺らぎと、繊細で美しいデザインが魅力的なアイテムです。スタイリッシュな雰囲気で、テーブルを美しく演出してくれるため、おもてなしにもおすすめのシリーズです。

¥1,300 税抜
- +

在庫状況:在庫あり
Product ID S0007-250
More Information
その他の情報
ブランド 有田のモダンな磁器「2016/|有田焼・伊万里焼」
商品名 【有田焼】2016/ クリスチャン メンデルツマ カップ (ホワイト)
伝統工芸 有田焼
容量 190ml,
寸法 φ70 H78mm /φ2.76" H3.07"
製品重量 120g/0.26 lbs
原産国 日本
備考 磁器(手洗い推奨) 電子レンジ:〇 食器洗浄機:〇 直火:X IH:X オーブン:X,
Details

デザイナー

Designer

リネン生地を折り重ねたような独特の有田焼

クリスチャン・メンデルツマ

Studying model of Christien Meindertsma at Fujimaki Seitou_Photography Kenta Hasegawa

特徴

Characteristic

16世紀のオランダの商人たちは、貴重な磁器をオランダへと持ち帰る際、将軍への特別な贈り物としてオランダのリネン生地などを献上しました。オランダ人デザイナー、クリスチャン・メンデルツマは、「磁器とリネン」という歴史上の関係性から新しい有田焼のデザインを見出しました。リネン生地を使って、コップ、皿やボウルの形状のモデルを作り、それを磁器へと再構築したデザインは、通常の釉薬を使用したシリーズと、2016/を制作する10の窯元で廃棄する磁器材料が混ぜ込まれた釉薬を利用した、特別な有田焼コレクションがあります。

プロフィール

Profile

彼女は自らの活動を通して、製品の生涯や原材料を探求する刺激的で勢いのあるデザイナーです。彼女は、対象となる製品や製造プロセスに注目し、それらを深く研究していきます。「Checked Baggage」や「PIG 05049」といったプロジェクトを通して追求したのは、どんどんと見え難くなっている原材料、製造者、それらの辿ってきた歴史、そして製品の間のつながりを明らかにしていくことです。同様にプロダクトデザインの仕事では、あまり使われなくなった、もしくは忘れ去られてしまった過去の製造プロセスに注目し、それらの良きところを取り戻すことを特徴としています。過去の作品は、ニューヨーク近代美術館、ヴィクトリア&アルバート博物館、クーパーヒューイット国立デザイン博物館などに収蔵されています。