Made in Japan ブランドと繋がるプラットフォーム

カート

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:神谷延三郎
28000

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:神谷延三郎

¥30,800 税込
- +

なし

1400年の歴史を持つ鬼瓦は、古来より厄除け、魔除けとして、日本の家屋や家族を守ってきました。しかし、鬼瓦を屋根に飾ることができる家屋が減少しています。そこで現代の建築様式にマッチさせるため、「室内に飾る鬼瓦」という斬新なアイデアを実現した商品です。

 

~鬼師 神谷延三郎~

使い手への思いやりがカタチに

鬼面本来の険しさを残しつつ、どこか愛嬌が漂う表情は眺めていて飽きることがない。また全体に丸みをつけ、柔らかさを表現することで幸福の願いを込めた。使い手に対する敬意と思いやりが作品の根底に感じられる作品。

アイテム詳細
その他の情報
ブランド 鬼瓦家守|三州瓦|Onigawara Iemori
品番 S0023-008
商品名 【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:神谷延三郎
伝統工芸 三州鬼瓦
寸法 14.0×20.0×2.6cm,
製品重量 800g
原産国 日本
備考 桐箱入り。箱から取り出す際に鬼瓦を素手で触らないでください。 鬼瓦家守は【壁掛け】、【据置き】の両方の設置が可能です。壁掛けはネジ固定以外に、下地の無い石膏ボード壁でも付属の小鉄で固定できます。
クリエイター & ブランドの紹介

鬼師

Oni Shi

創り続けるという信念

神谷延三郎

来歴

History

昭和42年からおよそ半世紀に渡って鬼瓦の制作に携わる。和風・洋風住宅用の鬼瓦やエクステリア部材など、ニーズに合わせて日々新商品を開発。ユーザー目線の心豊かな作品創りが信条。

鬼瓦へかける思い

My philosophy

全ての工程 に心を込めて

半世紀に渡って培った経験と技術。三州鬼瓦界の生き字引のようなベテランだが、奢ることはなく、常に使い手の立場で考え、鬼瓦と向き合ってきた。「一から十まで全ての工程に心を込めて」。その志は確実に作品に表れるという。長年に渡って創り続けてきた中で、決してブレることのない信念。それがあるからこそ続けられるのかもしれない。

時代とともに変わる製法

図面に使用する型紙。伝統的には吸水性の良い和紙を型紙として使用していたというが、最近は段ボールなどを使うこともあるとのこと。メリットは加工しやすく使い勝手が良い点という。

こだわり

focus points

道具への敬意も忘れない

作業によって道具を変えているが、初代から引き継いだ金ベラ、自ら作成・加工している竹ベラ、木ベラなど思い入れのある道具ばかり。想いを作品に伝える橋渡し役として、道具への敬意を忘れることはない。

お客様へ

For Customers

風景に溶け込む鬼瓦を

「屋根から家を見守る魔除けとして、睨みをきかせて邪気を払うように」。実際に鬼瓦を屋根に載せた時のイメージを思い描きながら、そして家屋や周りの景色・景観とのバランスを考えながら制作している。


レビュー

あなたのレビューを投稿する

レビューを投稿 : 【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾る鬼瓦:神谷延三郎

季節のおすすめアイテム

コンシェルジュサービス

安心してお買い物いただくために
コンシェルジュ

知識豊富なスタッフがギフト時のお悩みにお答え

ラッピング

高級和紙による包装や熨斗の対応が可能

送料無料

33,000円(税込)以上のご注文で送料無料

多様な決済

各種クレジットカード、PayPal、銀行振込