Made in Japan ブランドと繋がるプラットフォーム

カート

【掛け軸】偕拓堂アート 西村欣魚 参之巻
60000

【掛け軸】偕拓堂アート 西村欣魚 参之巻

¥66,000 税込
- +

なし

かる!JIKU忍者

忍者(忍び、しのび)は飛鳥時代から江戸時代日本に存在した、大名や領主に仕えた秘密情報員か傭兵のことです。「隠れたりして、人目を避けること」を意味する「忍び」の名前通り、戦場において敵軍に潜行する情報収集をはじめ、諜報活動、破壊活動、浸透戦術、謀術、暗殺などを仕事としていたとされます。その名は日本国内にとどまらず、世界的にもよく知られ日本の文化の一つとも言えます。

アイテム詳細
その他の情報
ブランド 偕拓堂アート|掛け軸|Kaitakudo Art
品番 S0030-005
商品名 【掛け軸】偕拓堂アート 西村欣魚 参之巻
伝統工芸 掛け軸
寸法 (軸丈)90.0×(軸幅)24.0cm, (軸先)29.5cm,
製品重量 280g / 0.62 lbs
原産国 日本
備考 手描き、和紙:和紙、表具:デザイン表具、裂地:都緞子、収納:桐箱
クリエイター & ブランドの紹介

ブランド

Brand

カケジクアートを世界へ

偕拓堂アート

  • 1970年
  • 掛け軸

歴史

History

創業50年、掛け軸業界のトップランナー

西暦850年頃の平安時代中期、掛け軸は中国から伝来し、鎌倉時代(西暦1,200年頃)に一般的に広く普及し始めました。そのような歴史の中で、日本国内で生産される掛け軸の70%が岐阜県で生産されています。 それは、世界遺産でもある美濃和紙が現代に継承されいること、また長良川の鉄分が少なく良質な水が掛軸作りに欠かせない高品質の糊を生み出すこと、さらに岐阜において和紙や竹細工が栄えて様々な職人たちが技術を磨いたことなどが関係しています。

特徴

Characteristic

現代のライフスタイルと掛け軸

和室、床の間、掛軸という日本文化は非常に需要であり、時代を超えて継承されてきました。それは家の主人の思いを、お客様や一緒に住んでいる家族に伝えていく、それが床の間であり、掛け軸であったのです。 創業50年を迎える偕拓堂アートは、掛け軸の全ての工程で一貫製造を行ってきた業界最大手のメーカーです。

お客様へ

For Customers

掛け軸の新しい楽しみ方

生活様式の変化により和室がある家も減っており、掛け軸を飾ることも少なくなってきました。そこで偕拓堂アートでは、アートやインテリアとして飾れるようなシンプルでモダンな掛け軸をデザイナーや様々な作家と共同開発し、従来の掛け軸をカケジクアートとして進化させることに挑戦しています。


レビュー

あなたのレビューを投稿する

レビューを投稿 : 【掛け軸】偕拓堂アート 西村欣魚 参之巻

季節のおすすめアイテム

コンシェルジュサービス

安心してお買い物いただくために
コンシェルジュ

知識豊富なスタッフがギフト時のお悩みにお答え

ラッピング

高級和紙による包装や熨斗の対応が可能

送料無料

33,000円(税込)以上のご注文で送料無料

多様な決済

各種クレジットカード、PayPal、銀行振込