メイドインジャパンという最高級と共に

カート

赤津焼

伝統工芸

Traditional crafts

緑が特徴の美しい陶磁器

赤津焼

  • 愛知県
  • 800年頃
  • 平安時代

赤津焼の歴史

History

瀬戸窯とともに発展してきた窯で平安時代(800年頃)の開窯と言われています。日本最古である「灰釉」という「釉薬」、「張り付け」、「浮き彫り」などを使った様々な技法を開発し、日本六古窯の一つと言われるようになりました。しかし、戦国時代に瀬戸地方で「瀬戸山離散」と呼ばれる窯屋の廃業が相次ぎ、多くの窯が美濃地方に移り存続の危機を迎えますが、名古屋開府の際に徳川家康が職人を赤津に呼び戻し、再び焼物の産地としての地位を確立し、現在にいたります。

赤津焼の特徴

Characteristic

赤津焼は日本六古窯の中でも、最初に釉(うわぐすり)のかかった本格的な技法を始めたと言われています。7種類の釉薬(灰釉・鉄釉・古瀬戸釉・黄瀬戸釉・志野釉・織部釉・御深井釉)と12種類の装飾技法が今に伝わっています。

選択にマッチする商品が見つかりません。