メイドインジャパンという最高級と共に

カート

美濃焼

伝統工芸

Traditional crafts

日本の陶器の都、国内生産量第一位美濃焼を知っていますか?

美濃焼

  • 岐阜県
  • 600年代頃
  • 古墳時代

美濃焼の歴史

History

美濃焼は岐阜県東濃地区で作られている焼物です。現在の土岐市・多治見市・瑞浪市周辺が、美濃の国と呼ばれていたことから、美濃焼という名が広まったと言われています。美濃焼は5世紀頃に朝鮮半島から、須恵器とろくろ、穴窯が日本に伝えられたことが始まりと言われています。 平安時代には、灰釉(かいゆう)を施した白瓷(しらし)が焼かれるようになりました。平安時代末期は、白瓷(しらし)に変わり一般の人に向けた山茶碗を生産するようになっていきました。安土桃山時代から江戸時代初期までは、茶の湯の流行を受け茶陶に関連した芸術性の高い「志野」「織部」「瀬戸黒」など、美濃焼の代表となる焼物が生まれました。江戸時代中期には、茶陶だけでなく日常雑器が大量に生産されるようになりました。そして江戸時代後半には、白い磁器が登場しました。美濃では長石と珪石を混ぜた土で、磁器が作られるようになりました。明治時代以降、製品別分業制の導入により低コストで美濃焼の作成が実現しました。その後、電気の供給や機械化が進み生産規模が拡大していきました。高級品の需要やタイルの製造が増えていき、生産と技術力の向上が一気に進んでいきました。そして現在は、陶磁器生産量が全国1位を誇る焼物となっています。

美濃焼の特徴

Characteristic

美濃焼は「多種多様の様式を持っている。」ということです。他の焼物が1つの技法を示しているのに対して、美濃焼は伝統的工芸品として15種類指定を受けています。「美濃焼の特徴は、特徴がないことが特徴だ。」と言われることもあります。 15種類の中から有名なのが「美濃桃山陶」と呼ばれている、「織部」「志野」「黄瀬戸」「瀬戸黒」の5つです。これらは焼物としてだけでなく、美術品としても人気があります。 織部は千利休の弟子である古田織部によって確立された焼物です。緑釉が使われ、個性的な形や模様が特徴の焼物です。 志野は、日本で初めての白い陶器と言われています。釉の下から見られる緋色に模様や、表面に見られる柚肌と呼ばれるザラザラとした触り心地や穴が特徴です。志野は桃山時代を代表する焼物と言われています。 黄瀬戸は、透き通るような温かみのある黄褐色を帯びた焼物です。模様には線や花などが施されています。 瀬戸黒は鉄釉を施しており、高温の窯で焼き上げている途中で窯から取り出します。それを「引き出し黒」と言います。その後、水で急速に冷やすことにより黒色の光沢を引き出している焼物です。 美濃焼は種類に応じてさまざまな個性を持つ陶器なのです。

美濃焼の利用シーンと利用の注意点

Use&Caution

美濃焼は長い歴史があり、食器類の生産量が全国の約60%を占めています。 日本の食器として日常的に使われており、私たちの生活に溶け込んでいると言えます。 美濃焼は食器やマグカップ、花瓶などさまざまな形で日常生活に取り入れられています。 近年は、美濃焼の伝統技術を取り入れ、デザイン性が高い製品が登場しています。形や色などの種類が豊富なので、自分好みの美濃焼を気軽に購入することが可能になっています。

美濃焼の見学をできる工房

Characteristic

だち窯やめぐり 岐阜県土岐市駄知町2321-148 0572-59-4188 9:00~16:00

美濃焼の体験をできる場所

Visit

安土桃山陶磁の里 ヴォイス工房 岐阜県多治見市東町 1 丁目 9-17 0572-25-2233 10:00 〜 18:00

選択にマッチする商品が見つかりません。