メイドインジャパンという最高級と共に

カート

高岡漆器

伝統工芸

Traditional crafts

富山を代表する伝統工芸「高岡漆器」

高岡漆器

  • 富山県
  • 1609年頃
  • 江戸時代

歴史

History

高岡漆器の始まりは、加賀藩の初代藩主であった前田利長が高岡城を築いた、1609年頃と言われています。利家は城下町に職人を集め、武具の他にも箪笥や膳といった生活用品を作らせました。高岡城自体はわずか5年ほどで廃城になりますが、城下町の職人たちはそのまま残り、日用品をはじめ優れた工芸品を創り続けることになります。その後、朱や黒の漆を何層も重ね塗りしながら彫刻を加える、「堆朱」や「堆黒」といった中国の技法を積極的に取り入れ、徐々に独特の工芸文化を形成していきます。 江戸時代中期頃になると、名工として活躍した辻丹甫により「彫刻塗」が編み出された他、江戸時代末期には中国・明代の漆器を研究していた石井勇助によって「勇助塗」が創出されるなど、その後の高岡漆器を特徴づける代表的な技法が考案されました。それが明治時代の流行を経て、現在の「高岡漆器」と呼ばれる伝統工芸へとつながっていきます。

特徴

Characteristic

高岡漆器は主に3つの代表的な技法によって支えられ、それぞれには独特の特徴があります。 まず1つ目は「彫刻塗」です。これは草花や鳥獣をはじめ、牡丹や孔雀、さらには青海波などを木彫りした本体に、雷文や亀甲の地紋を加え、その上に朱や黒などの漆を塗り重ねていく技法です。木彫りが浮き出るような立体感と、艷やのある光沢感が特徴です。 2つ目は「青貝塗」です。最初にこの技法は、貝殻の光沢のある部分だけを薄く削り取り、「青貝」と呼ばれる菱形や三角形などの細片を作り出すところから始まります。さらにそれを組み合わせながら、漆塗りの上に花鳥風月などの装飾を表現していきます。 一般的にこのような技法は「螺鈿」と総称され、通常は約0.3mmの厚さの貝が素材に使用されますが、高岡漆器の場合には約0.1mmという、さらに薄い貝を使用します。これにより下地の漆が透けて見えると同時に、貝片の光沢が青白く輝いて見えるという、高岡漆器独自の特徴が生まれます。 最後の3つ目は、「勇助塗」と呼ばれる技法です。中塗りや上塗りをした木地の上に唐風の意匠に加え、さらに花鳥風月や人物などを錆漆で描いたり、箔絵や玉石などを施していきます。唐風の優雅な雰囲気と、和風の繊細な装飾が特徴的です。

利用シーン・使用上の注意点

Use&Caution

高岡漆器は食器やお盆をはじめ、化粧道具から重箱まで、日常生活のあらゆるシーンで利用することができます。ただし漆器である以上、お手入れなどを含め、使用する際には幾つか注意すべき点があります。 まず漆器は紫外線に弱いので、陽の当たる場所に長時間放置するのはやめましょう。また直火はもちろん、電子レンジやオーブンに入れるなど、極端に温度が高い状態も避けなければなりません。 さらに漆器はキズが付きやすいので、お手入れの際には、タワシや磨き粉は絶対に使用してはいけません。普段から使用する時にも、陶磁器や金属などの食器とは重ねないように注意が必要です。 漆器を保管する場合には、毎日使用するものであれば直射日光の当たらない棚などへ。また、ときどき使用する漆器であれば、薄い布や揉み紙の袋で包んでから箱などに入れて、気温と湿度の安定した場所に保管しておくといいでしょう。

見学できる工房

Characteristic

名称:天野漆器株式会社
所在地:富山県高岡市波岡245
電話:0766-23-2151
アクセス:あいの風とやま鉄道線「高岡やぶなみ駅」からタクシーで約10分
営業時間:9:00~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日、夏季、年末年始(ただし連絡すれば、時間外・定休日でも可)

名称:アルベキ社
所在地:富山県高岡市出来田38-2
電話:090-8268-1986
アクセス:氷見線「高岡駅」からタクシーで約13分、バスと徒歩で約30分
営業時間:8:00~17:00
定休日:土曜日、日曜日、祝日

名称:(有)中村漆器店
所在地:高岡市守山町18
電話:0766-22-4925
アクセス:氷見線「高岡駅」から徒歩5分、高岡ICから国道8号線を経由して車で約10分
営業時間:9:00~18:00
定休日:年末年始

体験できる工房

Visit

名称:公益財団法人高岡地域地場産業センター
所在地:富山県高岡市開発本町1-1
電話:0766-25-8283
アクセス:あいの風とやま鉄道線「高岡駅」から車で約10分
営業時間:9:00〜18:00(4月〜10月)9:30〜17:00(11月〜3月)
定休日:毎週火曜日、年末年始

名称:高岡市デザイン・工芸センター
所在地:富山県高岡市オフィスパーク5
電話:0766-62-0520
アクセス:JR「高岡駅」よりバスまたはタクシーで約30分
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日

名称:武蔵川工房
所在地:富山県高岡市地子木町1-23
電話:0766-26-0792
アクセス:万葉線「志貴野中学校前駅」から徒歩14分
営業時間:8:30~17:20
定休日:第2・4土曜日、日曜、祝日

伝統工芸品とは

「伝統工芸品」とは、数百年数千年の歴史を超えて脈々と受け継がれている技術や技法を用いて、ハンドメイドで作られた商品を指します。日本では現在、約25,000社、合計140,000人の職人達が、1,200種類もの「伝統工芸品」のものづくりを行っています。

そのような「伝統工芸品」の中には、日本国が特別に指定した「伝統“的”工芸品」が存在します。「伝統“的”工芸品」は、ものづくりが始まってから100年以上の歴史を持つなど、5つの厳しい条件を、商品、技術、文献などの歴史資料を基に、経済産業省が審査を行います。見事、審査をクリアすると「伝統的工芸品産業の振興に関する法律」に基づいて指定されます。

また、同法律に基づき「伝統工芸士」という職人に与えられる国家資格も存在します。「伝統工芸士」は、それぞれの産地固有の伝統工芸の保存、技術・技法の研鑽に努力し、その技を後世の代に伝えていくことが求められます。そのため、「伝統“的”工芸品」の製造に12年以上携わり、知識試験、実技試験、面接試験など、特別な試験をクリアした職人だけに与えられる国家資格です。

日本には現在、特別に指定を受けた「伝統”的”工芸品」が約230種類存在し、日々伝統を受け継ぐため職人達がものづくりを続けています。

「伝統”的”工芸品」としての指定の条件

1. 主として日常生活で使用する工芸品であること。
2. 製造工程のうち、製品の持ち味に大きな影響を与える部分は、手作業が中心であること。
3. 100年以上の歴史を有し、今日まで継続している伝統的な技術・技法により製造されるものであること。
4. 主たる原材料が原則として100年以上継続的に使用されていること。
5. 一定の地域で当該工芸品を製造する事業者がある程度の規模を保ち、地域産業として成立していること。

このように、法律によって伝統工芸を指定、保存している国家は非常に稀で、日本は世界で最も伝統工芸の技術、技法の継承に力を入れています。

そのような伝統工芸品の歴史、技術・技法を詳しく紹介しています。古代から継承されてきた日本のものづくりに触れてみましょう。