メイドインジャパンという最高級と共に

カート

三州鬼瓦工芸品

伝統工芸

Traditional crafts

いぶし銀が美しい「三州鬼瓦工芸品」

三州鬼瓦工芸品

  • 愛知県
  • 1460年
  • 室町時代

三州鬼瓦工芸品の歴史

History

記録によると1460年頃に安城市の藤井家が瓦づくりを始めたとされています。その後江戸時代になって海に近い高浜市や碧南市の方面へと広がっていきました。良質な粘土が採れることと、船での運搬に適した土地だったことで瓦を容易に江戸に運ぶことができたため、瓦づくりの一大産地になっていきました。現在では、日本一の生産量を誇る瓦の産地となっています。

三州鬼瓦工芸品の特徴

Characteristic

釉薬を使わず高温状態の時に酸素を遮断し強制還元を行うことで「いぶし銀」と呼ばれる独特の美しい銀色になります。特に鬼瓦は一つ一つ「鬼師」と呼ばれる職人が手作りし家を守る守り神として今での大切にされています。

閲覧中

フィルタ

絞り込み条件
料金
ブランド
  1. 9

9

降順
  1. 室内に飾る笑鬼瓦:山下敦
    ¥28,000 税抜
  2. 室内に飾る宝珠鬼瓦:服部秋彦
    ¥28,000 税抜
  3. 室内に飾る三面鬼瓦:萩原尚
    ¥28,000 税抜
  4. 室内に飾る鬼瓦:神谷慎介
    ¥28,000 税抜
  5. 室内に飾る鬼瓦:神谷晋
    ¥28,000 税抜
  6. 室内に飾る鬼瓦:神谷延三郎
    ¥28,000 税抜
  7. 室内に飾るからす天狗の鬼瓦:加藤佳敬
    ¥28,000 税抜
  8. 室内に飾る鬼瓦:梶川賢司
    ¥28,000 税抜
  9. 室内に飾る鬼瓦:石川智昭
    ¥28,000 税抜

9

降順