メイドインジャパンという最高級と共に

カート

美濃和紙

伝統工芸

Traditional crafts

美濃和紙の歴史や特徴などを詳しく紹介します!

美濃和紙

  • 岐阜県
  • 700年頃
  • 奈良時代

美濃和紙の歴史

History

日本で最も古い美濃和紙は正倉院に収められている702年の戸籍用紙と言われています。中世の頃になると、紙の普及が進むにつれて全国で様々な和紙が生産されていましたが、中でも美濃和紙は京の都を中心にとても評判が高かったようです。京の上流階級たちがこぞって美濃和紙を求めていたという話もあります。この頃の美濃和紙は主に書写や草子用紙などに使われていました。 江戸時代になると、美濃和紙は障子紙や書院紙として幕府に収められています。美濃で一番の豪商と言われた大矢田の小森彦三郎などの紙問屋は幕府から手厚く保護を受けていたとも言われています。その後、明治以降になると美濃和紙をはじめ国内の紙の需要は増加していき、美濃和紙は海外にも輸出されるようになりました。

美濃和紙の特徴

Characteristic

美濃和紙は1300年以上の歴史がある岐阜県の特産品の一つで、丈夫でありながら薄いという特徴を持っている事から、障子紙などの日常的な物以外にも様々な用途で用いられています。職人の技によって作られた美濃和紙は、繊細できめ細やかな特徴もあわせ持っていると言えます。 美濃和紙は、水が違うだけで和紙の質が変わってくるので産地によって微妙に異なってきます。 また美濃和紙には天然の食物繊維が織り込まれているため、インクなどの薬品を用いた洋紙のように長い年月が経つと黄ばんでしまうという事がなく、数百年間保存する事も可能です。現在では日本における代表的な和紙として位置づけられており、日本三大和紙の一つとして数えられています。

美濃和紙の利用シーン・使用上の注意点

Use&Caution

美濃和紙は、はがきや封筒などの加工製品に利用されている他、文化遺産の修復作業や提灯紙などにも利用されています。また夏の時期に活躍する団扇や扇子にも使われており、日常生活においても美濃和紙を身近に感じる事ができると言えるでしょう。他にも部屋の壁紙や屏風などにも美濃和紙が使われている場合があります。さらには名刺にも美濃和紙が使われており、ビジネスシーンにおいても活躍しているだけでなく、変わった所ではドレスなどにも使用されています。 一方、美濃和紙は比較的キズが付きやすいとも言われているので利用する際などは、なるべく和紙が使われていない部分を持ったりさわったりするのが賢明でしょう。また燃えやすい素材でもあるので照明に使われている場合は、特に気を付けましょう。

美濃和紙が見学可能な工房

Characteristic

名称:大光工房
所在地:岐阜県美濃市蕨生725-1
電話:0575-34-0310(要予約)
アクセス:東海北陸自動車道美濃インターICより車で約20分
営業時間:10:00〜16:00
定休日: 土日祝

名称:旧今井家住宅・美濃資料館
所在地:岐阜県美濃市泉町1883
電話:0575-33-0021
アクセス:長良川鉄道越美南線美濃市駅より徒歩約18分
営業時間:9:00〜16:30
定休日: 12月~2月の火曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日、祝日の翌日、年末年始


名称:美濃和紙あかりアート館
所在地:岐阜県本住町1901-3
電話:0575-33-3772
アクセス:長良川鉄道越美南線美濃市駅より徒歩約9分
営業時間:9:00〜16:30
定休日: 火曜日(祝日の場合は開館)、国民の祝日・休日の翌日、年末年始

美濃和紙が体験できる場所

Visit

名称:美濃和紙の里会館
所在地:岐阜県美濃市蕨生1851−3
電話:0575-34-8111
アクセス:東海北陸自動車道美濃インターICより車で約20分
営業時間:9:00〜17:00
定休日: 火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始、祝日の翌日


名称:美濃和紙雑貨体験ショップ石川紙業
所在地:岐阜県美濃市本住町1909-3 うだつの上がる町並み
電話:0575-33-0228
アクセス:長良川鉄道越美南線美濃市駅より徒歩約17分
営業時間:11:00〜16:00
定休日: 月、火、水(ホームページにて随時お知らせ)


名称:大光工房
所在地:岐阜県美濃市蕨生725-1
電話:0575-34-0310(要予約)
アクセス:東海北陸自動車道美濃インターICより車で約20分
営業時間:10:00〜16:00
定休日: 土日祝

選択にマッチする商品が見つかりません。