in

古希祝いにお父さんにプレゼントしたい日本のいいもの5選

Journal編集長
Journal編集長

身内の長寿祝いは嬉しいものです。それは平均寿命が延び、70歳以上の高齢者が増えている今でも祝いたい気持ちに変わることはありません。それが自分のお父さんならなおさらです。

古希祝いは一生に一度だからこそ、心に残るような素敵な品を送りたいとは思うけど、逆にそんな時だからこそ、何を贈ればいいのか迷う人も多いはず。

「古希祝いのプレゼントってどんなものがいいの?」、「プレゼントに適していないものは何?」とお父さんの古希祝いに悩んでいる人の為に、ここではプレゼントとして喜ばれる事間違いなしの日本の伝統工芸品や、職人により一つ一つ丁寧に作られたいい品を5品選び、ご紹介いたします。

古希について知ろう

古希とは、もともと数え年で70歳の時に祝うものですが、最近では満年齢で70歳の時にお祝いするケースが増えています。元々のしきたりでは数え年ですが、その辺はあまり拘らないのが最近の風潮のようです。

古希という言葉の由来は「70歳まで生きるのは古くから稀である」と言うところからきています。

平均寿命が延び、人生100年時代と言われる今では、70歳以上の人も増えて珍しくないと思う方もいると思いますが、それでもやはり、身内が70歳まで生きるとなれば嬉しいですし、立派な事なのでお祝いしたいものですね。

古希祝いを選ぶ際の注意点

長寿のお祝いにはそれぞれ決まったカラーがあります。

有名なものだと還暦祝いは「赤」と決まっていますが、古希祝いの場合は「紫」が定番とされています。

もちろん紫のものでないといけないというルールはないので、ここでは紫以外のものもご紹介します。
古希祝いのプレゼントとしての注意点は、年齢を感じさせるプレゼントは避けるという事。

これは年寄り扱いされる事を嫌がる人もいるからです。

また、古希に限らずハンカチはプレゼントに向いていません。

ハンカチは漢字だと「手巾」と書くので「あなたと縁を切る」という失礼な意味が含まれています。

お父さんへの古希祝いにおすすめ5選

 【宮内庁御用達】moco (サナックス) 本革 スリッパ (クロコ型押しブラック)

  • サイズ:22.0~27.5cm
  • 重量 :300g
  • 備考 :表革・牛革 中革・馬革 裏革・豚革
  • ¥24,500税抜

高橋道直氏が作る高級スリッパは、普通のスリッパと比べ履き心地が全く違います。

その理由は、人間工学に基づき作られた木型と、部位によって3種類の革を使い分ける事にあります。

履いた瞬間から今までとは全く違うフィット感と、体内静電気除去。

防臭防菌効果も備えたこちらのスリッパを作る高橋氏は、宮内庁御用達の靴職人なので、その信頼性は抜群。

イニシャルを入れる事もできるので、お父さんへのプレゼントに喜ばれる一品です。

【有田焼】2016/ ポーリーン・デルトゥア カップ S (セラドン/ホワイト)

  • サイズ:高さ73㎜
  • 容量 :260ml
  • 重量 :230g
  • 2500円

世界的ブランドのデザインを作ってきたポーリーン・デルトゥアが日本の伝統工芸である有田焼にインスピレーションを受け作ったカップがこちら。

デルトゥア特有のフォーマルな形が大きな高台と丸みのある可愛らしいカップとなっています。

その可愛らしさに、有田焼の青磁の発色と白のコントラストが合わさり、見ているだけで心が落ち着くような美しいデザインとなっています。

【津軽びいどろ】北洋硝子 (アデリア) 青空 オイルランプ

  • サイズ:75㎜
  • 重量 :220g
  • 3000円

古希祝いに、ちょっと変わったプレゼントを、と考えている人には北洋硝子のオイルランプはいかがでしょう。

門外不出の独自の調合を、ガラス職人が匠の技を駆使し作り上げる津軽びいどろは、柔らかく、そして温かみのある色合いに仕上がり、そこにオイルランプの煌めきと、緩やかに揺らぐ炎が心を癒してくれます。

職人による手作業に拘る北洋硝子だからこそできる、温かみのある仕上がりは、インテリアとして贈られた人の心を洗い流してくれます。

【和ろうそく】中村ローソク 碇型100匁 鯉

  • 1匁   :3.75g
  • 燃焼時間:約9時間
  • 原料  :木蝋
  • 50000円

植物性の原料を職人による手作りで作られ、西洋ろうそくと比べ油煙が少ない和ろうそく。

そこに京絵師が鯉を描きインテリアとしても美しい一品となっています。

和ろうそくの最大の特徴は何といっても燃え方にあります。

その燃え方は、人の心拍や小川のせせらぎ、蛍の光と同じで、ヒーリングミュージックにも使われている「1/fゆらぎ」という波動と同じで、見る人の心をリラックスさせてくれます。

その理由は、中が空洞になっていて空気の流れを作ることにあります。

これにより風のない所でも大きくゆっくりと炎がゆらぎ、神秘的な雰囲気を作り出してくれます。

【組子】大湊文吉商店 乱れ組子行燈 麻の葉 純国産高級木材「秋田杉」*組子*行燈

  • サイズ:21×21×22.5㎜
  • 重量 :1500g
  • 素材 :本体・秋田杉 塗装・木地仕上げ(防水塗装)
  • ¥85,000

職人による匠の技術で作られた芸術的な組木細工を用いて完成された行燈です。

三ツ組組子に、麻の葉を組み合わせた柄は、普通は平面でとらえる組子を立体にとらえることで、面によって様々な変化を楽しむことができます。

そして内側から優しく照らす光が、不思議な優しさを演出してくれています。

100年以上の歴史を持つ大湊文吉商店が、新潟県「百年物語の」総合プロデュースもする黒川雅之氏と共に作り上げたこちらの行燈は、ただのインテリアではなく、まさに芸術品と呼ぶにふさわしい一品でしょう。

まとめ

古希祝いは誕生日など年に一度のお祝いではなく、一生に一度のお祝いです。

だからこそプレゼントもありきたりなものではなく、他にはない素敵なものを贈りたいですよね。

今まで頑張って生きてきたお礼と、これからも元気に長生きしてほしいという思いを込めて、お父さんに喜ばれるプレゼントを選びましょう。

日本の伝統工芸や職人の手作りで仕上げられた品は、一つ一つが丁寧に作られ、自分へのご褒美にはもちろん、お父さんなど年上の人へのプレゼントとしても間違いのないものばかりです。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

和のテイストがかわいい!ジュエリートレイのおススメ3選

お父さんにプレゼントしたい日本のいいもの6選