in , ,

究極のフィット感!皇室御用達スリッパ「moco」

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

BECOS代表
BECOS代表

「一流のビジネスマンを見分けるには足元を見よ」と言われ、BECOS Journal の読者の皆さんは普段から革靴にこだわり、メンテナンスを欠かさない方も多いはず。しかし、家の中ではどうでしょうか?スリッパ(ルームシューズ)にはどれくらいこだわっているでしょうか?今回は、こだわりにこだわり抜いた、唯一無二の最高級スリッパ(ルームシューズ)をご紹介します!実は健康面にも影響が・・・!?

BECOSおすすめの!皇室御用達のスリッパ「moco」

  • 和風総本家やビビットなどで取り上げられた逸品
  • ベテラン職人が一つひとつ丁寧に作り上げる
  • 宮内庁御用達の信頼と安心をお届け

国産最高級スリッパ「moco(モコ)」はどのようにして生まれたのか

ドクタースリッパ

体内静電気除去機能!医師の声から生まれたドクタースリッパとは

スリッパ「moco」は、45年以上の経験を持つ皇室御用達の靴職人、高橋直道氏が生み出した高級スリッパです。

元々は“静電気による不快感を軽減したい”という医師の声に応えるため、静電気を身体に溜めないドクタースリッパとして研究・開発されました。

普段の生活で衣服の摩擦により発生する静電気は、身体にまとわりつき逃げることがありません。

しかし、「moco」は履いているだけで身体に溜まる静電気を放電でき、その効果により血液の流れを正常に整え、足元を軽くする効果が認められています。

また、「moco」に採用されてる体内静電気除去機能を競技用シューズの中敷きにも応用し、一流プロスポーツ選手の記録向上にも役立っています。

皇室御用達靴職人・高橋直道氏とは

靴職人・高橋直道氏

1939年(昭和14年)生まれ、20歳で靴職人の道へ進み、既にキャリアは約60年を数えます。

40歳のときに独立し工房を構え、そこから独自の靴作りへ歩み始めます。最先端の靴作り技術を持つヨーロッパから多くの技術を習得し、更に高橋氏独自の製法を開発することで、道を究めていきます。

そしてドクタースリッパとして開発した「moco」を時代からの要望により進化させ続け、日本で初めて“高級スリッパ(ルームシューズ)”というジャンルを創造しました。

以来、技術力と品質の高さが評価され、皇室御用達の室内履物として天皇家にスリッパを納めてきました。

今日では、度々テレビで特集を組まれたりするなど、活躍の場を広げています。(サナックス企画事務所)

ものづくりへの飽くなきこだわり!「moco」が究極のフィット感を生む秘密

木型を入れる作業
木型を入れる作業

スリッパ作りは、オリジナル木型を作るところから

「moco」履き心地の最初の秘密は、スリッパのベースとなる木型の製作にあります。

人間工学に基づき設計された木型は、もちろん高橋直道氏が自ら手作業で作成し、足とスリッパの究極の一体感を目指していきます。

木型がズレると履き心地が悪く、歩き方が不自然になったり、身体がゆがんだりと悪影響を及ぼします。

木型は足とスリッパの一体感を作り出す、靴職人にとって一番大切な道具なのです。

スリッパの内部

選び抜いた3種類の革が至福の履き心地を生む

革の種類、革のなめし方、染色方法など、スリッパに適した最高の組み合わせ見つけるため試作を繰り返しました。無限に存在するとも言える組み合わせの中から、遂に理想の革の組み合わせを発見しました。

まず外革の役割で大切なのは、スリッパの形が崩れない堅牢さと、脚の動きにもついてくる柔軟性が両立していることです。そこで、成牛になる前の若い牛の革を使うことで、柔らかさと形状をキープすることに成功しました。

次に、スリッパの内革です。人間はどのような環境においても新陳代謝によって発汗するため、足の発汗対策が重要な重要な課題となりました。そこで内革には吸水性に富んでいる馬革を採用しました。

通常は高級革靴にしか使われない素材ですが、スリッパを長時間履いても蒸れることなく、爽快に、快適に過ごせるよう妥協しない素材選びにこだわりました。

最後は、スリッパの底面です。「moco」を末永く愛用していただくために優れた耐久性と、快適な歩行性を生む滑りにくさ・防音性を追求しました。

そこで厚手の豚革に独自の特殊加工を施すことで、一般的な牛革と比べて数倍の強度を誇る素材を生み出しました。

独自の豚革は、歩行時の衝撃を吸収し、床にも優しく足音も軽減させるのでマンションでも使い勝手が良いです。また、土踏まず部分に設置されたソフトパッドは足裏を刺激して疲労回復の効果があります。

人と一緒に革も寝る、制作に時間がかかる秘密

いよいよ、細心の注意を払って制作した木型と厳選しこだわりぬいた革を組み合わせてスリッパを形にしていきます。

本来、平らな形状の革を、人間の足の形に合わせて立体的に加工していくため、少しずつ革を木型になじませては寝かし、なじませては寝かしという工程を繰り返します。

無理やり曲げて加工することなく、45日間という長い時間をかけて制作することで、長時間履いていても違和感がなく、疲れにくい、自然にフィットするスリッパが生まれます。

また縫製する際には、縫い目が外に出ないようタイニング製法を用いることで、見た目にも美しいスリッパに仕上げていきます。

タイニング製法のスリッパ
タイニング製法のため縫い目が見えない

「moco」は正に、人間工学に基づく高度な設計と、高橋直道氏のものづくりの高い技術が融合したからこそ生まれた、最高級スリッパと言えるのです。

足が喜ぶ!究極のフィット感

人間工学に基づき、足の形状に合わせて作る高級スリッパ「moco」は、究極のフィット感を生みます。高橋直道氏がここまでフィット感にこだわるのには理由があります。

それは、“足に負担をかけない”ということ。

スリッパを履くと歩く際にどうしても足腰の骨格や筋肉の使い方に、素足で歩く際には発生しない影響を及ぼします。

足に合わないスリッパは実は健康にも悪影響を与えることがあると、高橋直道氏は考えています。

そこで、ゆがみのない自然な歩き方となるよう、足とスリッパの究極の一体感、裸足に近い歩き方を目指しているのです。

まだまだある国産最高級スリッパ「moco」の機能性

「moco」に採用されている静電気除去機能(特許第2640326号/取得年月日:平成9年5月2日)は、私たちの周りに電子機器が益々増える現在、益々注目をされています。

そのように、春から夏には蒸れることなく爽快な履き心地、感想する秋から冬には体内の静電気を放電する「moco」ですが、それ以外にも優れた点があります。

足の臭いと水虫菌の発生

長時間履いたり、お客様にお出しすることもあるスリッパで気になるのは履き心地だけではなく、臭いや水虫菌の発生です。

「moco」は、特殊繊維糸で縫製することで、足の臭いの元となる水虫金やブドウ菌の発生を抑制する効果があります。優れた防菌防臭効果を備えているため、お客様用のスリッパとしても最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

最後に

お手入れ方法

お手入れをすることで、愛着のある愛用品にしましょう。市販されているブラシやクリームなどを使って、革靴と同じようにメンテナンスをしてください。「moco」に愛情を注ぐことで、革さらにあなたの足になじむようになります。

一年後にはきっと手放せないあたなだけのスリッパに成長していることでしょう。

イニシャルをいれてプレゼントにも最適

イニシャルを入れて贅沢な自分専用のスリッパに、大切な方へのプレゼントにも最適です。

最高級スリッパは「moco」は必ず喜ばれるでしょう。金糸・銀糸で3文字まで刺繍することが可能です。

名入れイメージ

素材・製法にとことんこだわり抜き、長い時間をかけて作られる国産最高級スリッパ(ルームシューズ)「moco」、皇室御用達として、長年、天皇家に選ばれ続けるのも納得の逸品です。

自分へのご褒美に、大切な方へのプレゼントとして、一生モノのスリッパとして、必ず手に入れたい。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」

[/vc_row]

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(ネイビー)

一番人気のネイビー、とてもシックで自宅でも仕事場でも使えます。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(ブラック)

ブラックも男性に人気があります。スーツに合わせると一見革靴に見えますのでオフィスで履いていても違和感は全くありません。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(ワイン)

女性に人気の「ワイン」抑えめの赤が印象的です。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(ブラウン)

使い込むことで革の光沢を楽しむことができます。エイジング好きの方におすすめです。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(レッド)

赤のスリッパに金色の「moco」のロゴが映える高級感のある一足です。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(クロコ型押しブラック)

クロコダイルの型押しのスリッパです。高級感があり来客用におすすめです。

皇室御用達の究極の最高級スリッパ「moco」(クロコ型押しブラウン)

クロコダイルの型押しのスリッパです。高級感があり来客用におすすめです。

Written by 樫村健太郎(BECOS代表)

歴史好きが高じて日本全国の城郭巡りをするうちに、各地の伝統工芸品やものづくりに興味を持ちBECOS(ベコス)を立ち上げる。表面的な事実だけではなく、ものづくりの発祥や伝承などの歴史的背景を絡めた考察や紐解きを得意とする。寺社仏閣、庭園、仏像など日本文化に対して幅広い知識を持つ。好きな戦国武将は豊臣秀吉。

モンブランより日本製の高級ボールペンが熱い!おすすめ3選

【和風総本家】宮内庁御用達!最高級スリッパ moco