in

絶対驚かれる!1万円以内でプレゼントできる高級品一覧

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

Journal編集長
Journal編集長

喜ばれるプレゼントを贈りたいけれど、都合によっては予算を1万円以内に抑えたいということもありますよね。でも予算が決まっているからと言って、残念なプレゼントになることだけは絶対に避けたい…。

1万円以内のプレゼントって難しいですよね。男性なら時計や靴、女性ならバッグや財布を選ぼうとするとちょっと質を落とさなければいけなくなってしまいます。

相手の立場になって、1万円以内でも「それ以上の価値を感じてもらえる素敵な商品」を贈りたいですね。

今回は、贈られた人が思わず「こんな高級品もらっていいの?」と驚くような1万円以内でプレゼントできる選りすぐりのモノを紹介します。

BECOSが厳選する1万円でプレゼントできる高級品

BECOSの厳選ポイント

  • 日本製の中でも特に高品質なものだけを厳選!
  • 職人の手によりひとつ一つ作られたこだわりの品
  • プレゼント用の包装も可能

1万円の予算で高級品を見つけるポイント

プレゼントの予算としては、安すぎるわけでもないけれど、高過ぎるとも言えないのが、1万円という金額です。

そんな1万円分のプレゼントをもらうなら、見るからに安っぽいモノを大量にもらうより、小さくても少なくても、高級品をもらう方が嬉しいですよね。

1万円の予算で高級品を見つけるためのポイントを2つ紹介します。

ポイント1  1万円で普段使いできる贅沢を贈る

趣味などにまとまったお金を使うことはあっても、普段の生活の中でよく使うものには、あまりお金をかけない、かけたくないという人も多いものです。

1万円の予算ならば、ちょっとした生活小物のなかから高級品を選んだり、良質な素材のモノを選んだりして、日常で使うものにあえて「プチ贅沢品」をプレゼントすることが可能です。

プレゼントを贈る相手が普段使うモノにこそ、良質な高級品を選ぶことで、その人を大切に思う気持ちが伝わりやすくなります。

ポイント2 絶対に自分では買えないようなものを選ぶ

日常の中でのプチ贅沢を贈ることに似ていますが「こんなものあるの?」や「これなら長く使えそう!」と驚いてもらうには、普段自分では買えないようなものを選ぶことをおすすめします。

100円均一のお店でも買えるようなものなのに1万円近くする商品などは、自分で買う場合は安いものを買ってしまいがちです。

そういったものであれば、すでに同じものを持っていいても高級品の方を大切に使ってもらえる確率が高くなります。

ポイント3 ハンドメイドのこだわりの逸品を選ぶ

よく知られたお店や、工場などで大量生産されて売られているモノは、手軽に購入できてコスパはよいかもしれません。しかし、そうなると少なからず、他の人と同じモノをプレゼントすることになる可能性が出てきます。

そんな状態を避けつつ、1万円以内で喜ばれるプレゼントをみつけたいなら、大量生産が難しい、職人さんなどがつくる製品の中から選ぶことをおすすめします。

一つ一つ手作りされるモノたちは、素材や製法にこだわってきたために、長い手間や時間がかかります。そうして、量産品とは比べものにならない美しさや魅力を持った高級品が生み出されるのです。

1万円に見えないから贈りたい高級品6選

日本の職人がつくる高級品といっても伝統工芸をはじめ、まだ広くは知られていない作家まで、かなりの広範囲に及んでしまいます。忙しくてゆっくり調べている時間がないという人のために、おすすめを5つ紹介します。

イケヒコの高級い草のヨガマット

  • サイズ:60×180㎝
  • 重量:1,700g
  • 価格:9,800円

日本製の最高級い草でつくられた、カラフルなグラデーションが美しい、畳ヨガマットです。裏面には、通常のヨガマットに使われることの多いPVCゴム仕様になっており、滑りにくくクッション性も抜群です。

い草には吸湿性があり、消臭効果も高いのでヨガで汗を流しても快適に使えます。ヘリの部分はカイハラデニムでほつれにくく、おしゃれな仕上がりなので、ファッションが気になる人にも満足のいくヨガマットです。

SUWADAの最高級つめ切り

  • 熟練の職人が一つひとつ手作業でつくる逸品
  • プロのネイリストも使いたがる最高品質の爪切り
  • 炭素鋼を使用し柔らかな切れ味を実現

有名百貨店でも人気により、入手が困難になってしまうことがあるSUWADAのニッパー型の爪切りです。

金属加工で有名な新潟県三条市にある諏訪田製作所の職人が一つひとつ丁寧に作り上げるため、一つを作るのに1ヶ月以上かかってしまうこともある珠玉の逸品です。

なかなか爪切りで8,000円というと高額ですが、その価値は十分にあります。

プレゼントとして渡せば驚いてくれること間違いなしです。

【金沢箔】箔一 貫入 酒器セット シャンパンゴールド

  • サイズ:徳利:96×86×90mm、ぐい呑み:直径70×高さ50m
  • 重量:600g
  • 価格:10,000円

日本国内の金箔シェア98%を占める金沢箔。そんな金沢箔を贅沢に使い、貫入という技法で生まれた、美しい金箔のひび割れ模様が個性的なのが、この酒器セットです。

金製品は高級品の代表格でもありますが、酒器とグラスの下部に施された金箔は、ギラギラとしておらず、上品で落ち着きのある魅力を放っています。

いつもの晩酌やおもてなしの席など、さまざまなシーンに使いやすいシンプルなデザインがおすすめです。

【松坂牛革】さとり[バンビ]日本製・名刺入れ[硯]

  • サイズ:75×113×13mm
  • 重量:40g
  • 価格:10,000円

ビジネスには欠かせない名刺ですが、サッと取り出す手元に上質な名刺入れが持たれていると、信頼感が増して見えるうえ、とても好印象です。そして頻繁に出し入れしたり、ポケットにしまったりすることも多い名刺入れは意外に劣化しやすいもの。

丈夫で使い込むほどに手にしっくりとなじむ、高級な「さとり」の名刺入れなら、毎日の仕事に邁進するあの人にきっと喜ばれることでしょう。

【陶芸家】藤岡光一 夕映えカップ

  • サイズ:カップ:直径7.0×高さ9.0㎝
  • 重量:150g
  • 価格:8,000円

陶芸家藤岡光一氏作の、まさに夕映えのような赤色が印象的なカップです。手作業によって削り出された絶妙なシルエットは、光の当たり具合でその色が微妙に違って見えるのが特徴的です。

飲み口部分の自然なカーブは、コーヒーを愛する人を満足させる、飲みやすい角度を描いています。そんな藤岡氏の作品は、BECOSでのみ購入できる限定品です。

【京都-清水焼】陶葊 花結晶[白青地]花瓶

  • サイズ:直径10.0×23.0㎝
  • 重量:900g
  • 価格:8,000円

すこし膨らみを帯びた白地をベースに、薄青いグラデーションを描く清水焼の花瓶です。表面にはまるで、氷の花が満開に咲いたかのような、高級感溢れる美しいもようがついています。

これは、結晶釉(けっしょううわぐすり)が焼き窯の中で溶け、焼きあがった器を冷却するときに器の表面に生まれる「花結晶」と呼ばれているものです。

23㎝という使いやすいサイズと主張しすぎない色合いなので、いろいろな花と愛称がよいデザインと言えるでしょう。

まとめ

1万円という予算内でプレゼントを贈るなら、大きさや量ではなく、質のよい高級品を選ぶことが大切です。高級品といっても値段が高いとか、見るからにきらびやかという意味ではありません。

忙しい現代人の多くの人が心から求めているのは、お金では買えない「時間」です。職人たちが丹精込めて作ったモノたちには、材料選びから製品化し、買った人の手元に届くまでに実に長い時間がかかっています。

そんな真の意味での贅沢が形になった高級品を、大切なあの人に贈ってみませんか?

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

日本製の高級ラグ・じゅうたんおすすめ6選

職人の技が光る!日本製ビジネスバッグのおすすめ9選