in

色が美しい!萩焼の茶碗6選!萩焼の特徴も紹介

色が美しい!萩焼の茶碗6選!萩焼の特徴も紹介

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

Journal編集長
Journal編集長

萩焼って、焼き物の中ではあまり目立たない存在ですが、柔らかい表情の器が多く、可愛らしいのが特徴です。今回は、プレゼントなどにもぴったりな萩焼の茶碗を紹介したいと思います。

萩焼の特徴とは?

山口県萩市を中心に生産されている萩焼。

萩焼は昔から「一楽、二萩、三唐津」と謳われるほど茶人好みの器として有名な焼物であり、細部までこだわりのある質の高い陶器として愛用されてきた伝統工芸品です。

萩焼は400年以上もの歴史があり、土のやわらかな風合いと釉薬が焼かれたときに引き起こされる貫入(かんにゅう)という細かいヒビのような模様が特徴となっています。

萩焼は吸水性が高く、長く使用していると貫入の部分にお茶の成分などが染み込んで風合いが増していくのも萩焼の楽しみのひとつであり、使うほどに味わいの増すその様は「萩の七化け」や「茶馴れ」などとも呼ばれています。

萩焼は全体的に形や装飾も素朴で、絵付けはほとんどありません。

それゆえに土の配合や釉薬の組み合わせや掛け具合、へらや刷毛で付けられた表情、また焼成の炎で偶然に生まれる独特の色合いなど、そのすべてが自然でやわらかな風合いとなって作り上げられているのも、ひとつの特徴となっています。

また、粘土の粒度や成分の変化、釉薬の割合など微妙な違いで同じ焼き方、作り方をしていても色合いがひとつひとつ違ってきてしまいます。

このように同じものがひとつとないという点も萩焼の魅力のひとつであるといえます。

萩焼の歴史について

安土桃山時代に織田信長や豊臣秀吉は千利休を保護して茶の湯を独占的に支配していました。

茶の湯が大きく発展したことから茶器の需要も高まっていき、秀吉の朝鮮出兵の際には多くの朝鮮の陶工たちを連れ帰りました。

後に萩の開祖となる毛利輝元は秀吉から茶の湯に親しむ事を許され、同じ朝鮮出兵の際に朝鮮人陶工である李勺光(リシャッコウ)を、その後に弟の李敬(リケイ)を招きました。

しかし、慶長5年の関が原の戦いに敗れて領土を削られた輝元は当時いた広島から長州にある萩に移ったため李兄弟も共に萩へ移り、萩の松本村に藩の御用窯を開いたのが萩焼の始まりとされています。

萩焼に使われている陶土

萩焼の独特のやさしい味わいを引き出すために、主に大道土(だいどうつち)と見島土(みしまつち)、金峯土(みたけつち)の3種の原土が使われています。

これらを、それぞれの出来上がりの器に合うよう混合し、胎土(たいど)という器を作るための粘土を作るのです。

この3種の土は萩焼にとってとても重要で、大道土は砂れきの多い白色粘土で萩焼の基本的な土味や性質となっています。

見島土は鉄分の多い赤黒色土で、この土のおかげで萩焼の風合いや色彩が多様になり、 金峯土は大道土よりも細かな砂質の白色土で、萩焼の粘性を抑えつつより耐火度を上げるために配合されており、どれも職人の絶妙な配合ですばらしい萩焼が作り上げられています。

萩焼 リズム飯茶碗ペア(化粧箱)

>萩焼 リズム飯茶碗ペア(化粧箱)をもっと詳しく見てみる。

価格:3,240円(税込)

サイズ:φ12×幅12×高さ6.5cm

躍動感のある土と釉を表現した、リズムがはじけるようなこころよい彩りの萩焼です。

萩焼独特のやわらかな雰囲気を大事にしながらも、上に向かって流れるように付けられた釉薬の白が、はずむ音のリズムを表しているような明るい模様となっています。

>萩焼 リズム飯茶碗ペア(化粧箱)をもっと詳しく見てみる。

萩焼 茶碗 mint お茶碗ペアセット 木箱入り

>萩焼 茶碗 mint お茶碗ペアセット 木箱入りをもっと詳しく見てみる。

価格:3,168円(税込)

サイズ:φ13×高さ6cm

ピンク色の縁取りから移り変わるクールなミント色へのグラデーションが可愛くも美しい、モダンな色合いのお茶碗です。

お茶碗の中も美しいグラデーションとなっており、全体に萩焼独特のやわらかさのある、食卓を優しく彩ってくれるお茶碗です。

>萩焼 茶碗 mint お茶碗ペアセット 木箱入りをもっと詳しく見てみる。

萩焼 茶碗 萩の雫 しずく ・そら 飯茶碗 ペア 化粧箱入り

>萩焼 茶碗 萩の雫 しずく ・そら 飯茶碗 ペア 化粧箱入りをもっと詳しく見てみる。

価格:3,080円(税込)

サイズ:φ12×高さ6.5cm

釉薬のたれが楽しい個性を作り出したお茶碗です。

萩の雫とは、外側の釉薬のたれと内側のガラスだまりが美しい特徴のある萩焼で、見上げる度に違う表情を見せる空と同じように、同じ土や釉薬を使って作っているのに毎回違う美しい模様を浮かび上がらせてくれる萩焼に思いを寄せて作られています。

>萩焼 茶碗 萩の雫 しずく ・そら 飯茶碗 ペア 化粧箱入りをもっと詳しく見てみる。

萩焼 銀灰 組飯碗 化粧箱付き

>萩焼 銀灰 組飯碗 化粧箱付きをもっと詳しく見てみる。

価格:3,718円(税込)

サイズ:

飯碗小:約φ12×高さ5.8cm

飯碗大:約φ12.7×高さ6.2cm

萩焼ならではの、やわらかな色合いでシャープな銀灰色のお茶碗です。

焼いて自然に現れる個性的なにじみが不思議なやさしさをかもし出し、食卓をなごませてくれます。

>萩焼 銀灰 組飯碗 化粧箱付きをもっと詳しく見てみる。

萩焼 萩陶苑 萩むらさき組飯碗 化粧箱

>萩焼 萩陶苑 萩むらさき組飯碗 化粧箱をもっと詳しく見てみる。

価格:4,478円(税込)

飯碗小:約φ12×高さ6cm

飯碗大:約φ12.5×高さ6.5cm

釉薬と土が合わさってできる、鮮やかながらもやわらかな色合いの「萩むらさき」は、萩陶苑を代表する萩焼独特の色合いです。

伝統的な焼き方から生まれる現代的でもある美しく自然なグラデーションは、見ているだけでも癒しのあるようなやさしい色を持っています。

>萩焼 萩陶苑 萩むらさき組飯碗 化粧箱をもっと詳しく見てみる。

萩焼 緋色飯茶碗ペア(化粧箱)

>萩焼 緋色飯茶碗ペア(化粧箱)をもっと詳しく見てみる。

価格:3,240円(税込)

サイズ:φ12×幅12×高さ6.5cm

外側の釉薬をわざとかけずに土の風合いが楽しめるようにデザインされた、萩焼ならではのデザインです。

焼きによって生まれる自然な模様がおしゃれに栄えながらも、内側のやさしい色合いと美しいバランスの取れたモダンなお茶碗となっています。

>萩焼 緋色飯茶碗ペア(化粧箱)をもっと詳しく見てみる。

まとめ

シンプルな焼き物でありながらも、奥深くやさしい色合いが特徴の萩焼。

使うたびに感じるあたたかさは、どこか人の肌のようにほっとする不思議な感覚も持ち合わせており、毎日の食卓に取り入れるだけでテーブルをなごやかにしてくれそうです。

ぜひ美しくモダンな萩焼のお茶碗で食事を彩ってみてください。

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

い草ラグは国産が絶対いい!その理由とおすすめ7選

自由な感性でつくられる「笠間焼」のおすすめ5選

自由な感性でつくられる「笠間焼」のおすすめ5選