【木目込み人形】真多呂人形 親王飾り 希
販売: 受付中
¥165,000税込
- ポイント獲得
お気に入り
真多呂人形 金林真多呂金林真多呂

手のひらに乗るほど超・コンパクトな「またろび」シリーズの雛人形です。シンプルかつコンパクトでありながら、究極の様式美が映える雛人形を目指しました。

男雛の衣裳は落ち着いた色合い、女雛の衣裳は華やかな色合いで、互いの存在を引き立てます。お顔のタイプは大人顔。平安時代の姫君を思わせる、気品にあふれたお顔をしています。

黒塗りの台と金屏風は、シンプルだからこそ雛人形自体の美しさが思い切り映える、昔ながらの古き良きスタイルです。

この様式は、最もオーソドックスで真多呂人形らしい組み合わせでもあると言えましょう。

インフォメーション

ブランド 真多呂人形
生産地 東京都
技法 江戸木目込人形
素材 木材・布・石膏
サイズ (cm) W39 * D22 * H20.5 cm
重さ (g) 3000
容量 (ml) 0
桐箱
注意
備考 人形、飾り台、作札
納期 3~5営業日程度(在庫切れの場合+2~3週間)
真多呂人形|木目込み人形のメインイメージ

ブランド

丹念に作り上げられる小さく雅やかなお人形

真多呂人形

  • 1919年
  • 江戸木目込人形
  • 金林真多呂
真多呂人形|木目込み人形の歴史イメージ

歴史

280年の伝統技法を現代に受け継ぐ

1919年(大正8年)創立の真多呂人形は、江戸時代から受け継がれてきた伝統工芸品である木目込み雛人形・五月人形などを制作しています。

「木目込み人形」の始まりは、いまからおよそ280年前の京都、上賀茂神社。

初代・金林真多呂は木目込み人形の正統伝承者として上賀茂神社より唯一認可を受けています。

現在は、人形制作を総合芸術として高めてきた三代目・金林真多呂がその想いを引き継ぎながら、キャラクターとのコラボ人形や、ご自身で制作していただける人形キットなど新商品も開発しています。

真多呂人形|木目込み人形の特徴イメージ

特徴

長いお付き合いだからこそ味わい深く

小さく飾れて小さく収納できる真多呂人形は、確かな"技"で出来ています。

木目込み人形は綺麗な曲線を表現でき、源氏物語に出てくるような上品でしなやかなお顔立ちをしているのが特徴です。

また、平安時代の正確な装束や時代考証を学んだ上での製作を心がけており、そこに創造性豊かなカラーコーディネートを施しています。

人形のボディには天然の桐素材を使用し、海外製の素材やウレタン等の科学素材は、一切使用しておりません。

お人形のご購入後は長いお付き合いになるかと思います。

そのため、真多呂人形は、いつまでも飽きない、眺めれば眺めるほど味わい深い人形づくりを心がけています。

真多呂人形|木目込み人形の商品を使っているイメージ

お客様へ

見て触れて楽しむ伝統工芸

節句人形と言うと赤ちゃんのものと思われがちですが、実は多くの方がご自分用にお求めくださっています。

健やかな成長や、ご自身の幸せ、健康を願うと共に、厄災から身代わりとなって守ってくれると言われています。

また、ご自宅で真多呂の木目込み人形を制作できるキットもご用意しています。

初心者の方でも無理なく制作できるキットから、上級者向けのキットまで種類は様々です。

おうち時間に一人で集中して、または大切な人とご一緒に、人形作りの楽しさを感じていただければと思います。

受賞歴

節句人形コンクール 内閣総理大臣賞を受章

真多呂人形 金林真多呂金林真多呂

手のひらに乗るほど超・コンパクトな「またろび」シリーズの雛人形です。シンプルかつコンパクトでありながら、究極の様式美が映える雛人形を目指しました。

男雛の衣裳は落ち着いた色合い、女雛の衣裳は華やかな色合いで、互いの存在を引き立てます。お顔のタイプは大人顔。平安時代の姫君を思わせる、気品にあふれたお顔をしています。

黒塗りの台と金屏風は、シンプルだからこそ雛人形自体の美しさが思い切り映える、昔ながらの古き良きスタイルです。

この様式は、最もオーソドックスで真多呂人形らしい組み合わせでもあると言えましょう。

インフォメーション

ブランド 真多呂人形
生産地 東京都
技法 江戸木目込人形
素材 木材・布・石膏
サイズ (cm) W39 * D22 * H20.5 cm
重さ (g) 3000
容量 (ml) 0
桐箱
注意
備考 人形、飾り台、作札
納期 3~5営業日程度(在庫切れの場合+2~3週間)
真多呂人形|木目込み人形のメインイメージ

ブランド

丹念に作り上げられる小さく雅やかなお人形

真多呂人形

  • 1919年
  • 江戸木目込人形
  • 金林真多呂
真多呂人形|木目込み人形の歴史イメージ

歴史

280年の伝統技法を現代に受け継ぐ

1919年(大正8年)創立の真多呂人形は、江戸時代から受け継がれてきた伝統工芸品である木目込み雛人形・五月人形などを制作しています。

「木目込み人形」の始まりは、いまからおよそ280年前の京都、上賀茂神社。

初代・金林真多呂は木目込み人形の正統伝承者として上賀茂神社より唯一認可を受けています。

現在は、人形制作を総合芸術として高めてきた三代目・金林真多呂がその想いを引き継ぎながら、キャラクターとのコラボ人形や、ご自身で制作していただける人形キットなど新商品も開発しています。

真多呂人形|木目込み人形の特徴イメージ

特徴

長いお付き合いだからこそ味わい深く

小さく飾れて小さく収納できる真多呂人形は、確かな"技"で出来ています。

木目込み人形は綺麗な曲線を表現でき、源氏物語に出てくるような上品でしなやかなお顔立ちをしているのが特徴です。

また、平安時代の正確な装束や時代考証を学んだ上での製作を心がけており、そこに創造性豊かなカラーコーディネートを施しています。

人形のボディには天然の桐素材を使用し、海外製の素材やウレタン等の科学素材は、一切使用しておりません。

お人形のご購入後は長いお付き合いになるかと思います。

そのため、真多呂人形は、いつまでも飽きない、眺めれば眺めるほど味わい深い人形づくりを心がけています。

真多呂人形|木目込み人形の商品を使っているイメージ

お客様へ

見て触れて楽しむ伝統工芸

節句人形と言うと赤ちゃんのものと思われがちですが、実は多くの方がご自分用にお求めくださっています。

健やかな成長や、ご自身の幸せ、健康を願うと共に、厄災から身代わりとなって守ってくれると言われています。

また、ご自宅で真多呂の木目込み人形を制作できるキットもご用意しています。

初心者の方でも無理なく制作できるキットから、上級者向けのキットまで種類は様々です。

おうち時間に一人で集中して、または大切な人とご一緒に、人形作りの楽しさを感じていただければと思います。

受賞歴

節句人形コンクール 内閣総理大臣賞を受章

かわいいモダンなラッピング

素材にこだわる

最高級素材を使ったギフトラッピング

和紙や水引など日本の最高級素材を使ったおしゃれでモダンなラッピングで結婚祝いや出産祝いなどの人生の大切なシーンや、バレンタインやクリスマスのプレゼントをより一層引き立てます。

技術にこだわる

熟練の職人の技で仕上げる

ラッピングを解いたときに、ふわりと花が開くように、包装紙が広がって見えるよう、できるだけテープを使わず、折り方や水引を組み合わせ、職人の技でラッピングしています。

マナーにこだわる

日本のマナー・しきたりを大切に

慶事用・弔事用ののし紙(掛紙)をご用意しております。御祝や内祝、ご法要など用途やシーンに合わせてお付けいたします。

贈り物を渡す際のマナーなどがわからないといった場合には、お気軽にBECOSのコンシェルジュにご相談ください。最適なマナーをお伝えいたします。

魅せ方にこだわる

感動されるオプションサービス

プレゼントや贈り物を受け取る方へ、贈る方の想いも一緒に届けることができるドライフラワーの花束やメッセージサービスを行っております。

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)