in

京扇子

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

京扇子の歴史

824~833年に建立された御影堂で寺僧と平家の玉織姫が作った「阿古女扇」が、京 扇子の発祥とされています。

扇子の基になったのは、当時貴重だった紙代わりに字を書き記した木の札、木簡です。

木簡に様々な記録が記され最終的に記録帳として綴じた「桧扇」というものがありましたが、そのうち徐々に形が洗練されていき、扇面に絵柄で彩られるようになり普及していきました。

その後竹や木で扇骨を作り、片面に紙を張った蝙蝠扇という紙扇が誕生しました。

扇を広げた様子が羽を広げた蝙蝠に似ていることが由来です。

平安後期になると竹や木の骨に透かし彫りで細工した「皆彫骨」や「切透扇」、「透扇」などが生み出され、よりおしゃれの要素を強めていきました。

両面に紙が張られるようになったのは、中国からの逆輸入によるものです。

鎌倉時代に輸出された日本の扇が改良され、室町時代に「唐扇」として返ってきて、このスタイルが日本でも定着したのです。

京扇子の特徴

京都の伝統工芸品である京 扇子は、職人が一つずつ手作りしています。

他の扇子と見た目が大きく違うことはありません。

しかしよく見ると扇骨の数が多く、扇面の折幅が狭いことがわかります。

そして紙扇と絹扇が貼扇、白檀を主とする香木を重ねた扇が板扇と、大きく種類分けできます。

京 扇子の定義は、京都扇子団扇商工協同組合の加入者が作ったか否か、ということです。

京 扇子は京都で作られ、材料も京都周辺のものを使うようにしています。

特に京 扇子作りに向く竹は、京都丹波地域の真竹とされています。

京 扇子は職人が一つ一つ丁寧に作っているものの、分割した製造工程をそれぞれ専門の職人が受け持つというスタイルが取られているのが特徴です。

この工程は87に分けられており、各工程に特化した職人が手がけることで、より丈夫な製品が出来上がります。

京扇子の利用シーンと利用の注意点

京扇子には、いくつか種類があります。

一般的に利用されているのが、夏扇、別名蝙蝠扇です。

主に暑い時期にあおぐために使われるので、涼しげなデザインであることが多いです。

しかし、夏限定の製品というわけではないため、1年を通して利用可能です。

寒い季節に使うのであれば、温かみのあるデザインの夏扇を選ぶといいのではないでしょうか。

また、夏扇には小さめサイズの女性用と大きめサイズの男性用があります。

それから夏扇に刺繍が施された刺繍扇もありますが、こちらも普段使いできます。

なお、紙製ではなく絹製となり、繊細な技法が駆使されているので贈り物にも最適です。

そして刺繍を施していない京 扇子は、単に絹扇と呼ばれます。絹を用いた手法はヨーロッパからの逆輸入です。

洋装にも合わせやすく、布の丈夫さや絹の高級感も人気の理由となっています。

それに加えて、慶事に使われたり贈られたりする京 扇子に、祝儀扇があります。

絵柄ごとに利用すべきTPOがあるので注意してください。

この他、お茶席で使う小さめの茶扇や舞踊で使われる優美な舞扇、さらに能楽に使われる豪華絢爛な仕事扇などがあります。

いずれにしても、水気や火気のある場所では使わないように気をつけたいところです。

保管する際には購入時に付いていたしめ紙などで固定すると、扇骨の変形を防止できます。

長期保管では特に高温多湿な場所は避け、カビが発生しないように気を付けます。

仕舞う前に扇骨部分は乾拭きして汚れを落としますが、手垢で汚れが気になるようであれば目の細かなサンドペーパーなどで擦ってみてください。

それから、扇面は洋服用のブラシなど柔らかいブラシでホコリを落とす程度に止めます。

汚れがひどい場合のみ、水で濡らし固く絞った布で優しく拭き、しっかりと乾燥させて仕舞います。

京扇子の見学をできる工房

名称:京扇堂
所在地:京都府京都市下京区東洞院通正面上ル筒金町46
電話:075-371-4151
アクセス:JR京都駅より徒歩10分
営業時間:平日9:00〜17:00日祝祭日10:00~18:00
定休日:年末年始
※絵付け体験教室の後に工房見学が可能

京扇子の体験をできる場所

名称:京都ハンディクラクトセンター
所在地:京都府京都市左京区聖護院円頓美町17
電話:075-761-0142
アクセス:京阪本線神宮丸太町駅より徒歩10分
営業時間:10:00~19:00
定休日:1月1日、1月2日

名称:舞扇堂祇園店
所在地:京都府京都市東山区祇園町南側579
電話:075-532-2050
アクセス:京阪本線祇園四条駅より徒歩3分
営業時間:10:00~20:00(体験開始時間は9:00~17:00
定休日:不定休

Written by 赤津 陽一

竹細工職人の祖父を持ち、幼少より伝統工芸やものづくりの現場を見て育つ。日本のものづくりの現状を変えたいとの思いから、BECOS(ベコス)の立ち上げに参画。全国の職人やメーカーに対して取材や撮影、インタビューを行い自分の足で情報を集め、読者へ届けることにこだわっている。

房州うちわ

山鹿灯篭