【備前焼】恒枝直豆 (陶芸家) ビールタンブラー (大)
販売: 受付中
¥3,300税込
- ポイント獲得
お気に入り
恒枝直豆 恒枝 直豆恒枝直豆

備前焼のビアマグです。

備前焼のマグにビールを注ぐとクリーム状の泡が生じ、美味しいビールが出来上がります。

質の良い陶土で一点づつ成形し乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わずにそのまま焼き上げました。

窯への詰め方や窯の温度などによって自然に模様が表れるため、同じ模様、同じ色の作品はありません。

全て1点モノになりますので複数購入して違いを楽しむ方も多くいらっしゃいます。

渾身の作品をあなたの日常の中でお楽しみください。

ビールを最も美味しく飲めるタンブラー

備前焼に注ぐととてもクリーミーな泡ができる

備前焼タンブラーの特徴1

ビールを最も美味しく飲めるタンブラー

備前焼のビアマグや備前焼のビールジョッキでビールを飲むと、ビールをおいしく飲むことができます。 備前焼は主原料に干寄(ひよせ)という粒子が細かく収縮力の高い粘土を使っており、ガラス質のツルツルの膜を作るための「釉薬」を一切使いません。

そのため、備前焼の器の表面に微細な凹凸ができ、その凹凸によってビールの泡がよりきめ細かい繊細でクリーミーな泡になります。

 

備前焼タンブラーの特徴2

ビールの炭酸が少し苦手な方には特におすすめ!

日本のビールは海外のビールに比べて炭酸が強いものが多いです。でも、炭酸が苦手な人っていらっしゃると思います。備前焼にビールを注ぐと、備前焼の表面に空いた無数の目には見えない穴により、適度に空気が混ざります。

それによって、ビールをガラスのグラスや缶からそのまま飲むよりも少し炭酸が抜け、まろやかな味わいに変わります。クリーミーな泡とあいまって、とても角が取れた上品な味に感じると思いますのでぜひ試してみてください。

サイズは2サイズ

左が大サイズ 右が小サイズ

備前焼タンブラーの詳細1

大小選べる2サイズ

大サイズは280ml、小サイズは230ml入ります。男性は大サイズ、女性は小サイズがおすすめです。

よりクリーミーな泡を作りたい方へ

350mlのビールの場合は、とても泡立ちが良いので2回以上注ぐことができます。よりクリーミーな泡を楽しむためには3度つぎがおすすめです!

1 グラスをテーブルに置き、グラス底面に当たるように勢いよくビールをグラスの半分まで注ぎます。

2 上部の粗い泡が消えたら、今度はグラスの9分目までゆっくりとビールを注ぎます。

3 粗い泡が消えたら、3度目もゆっくりと注ぎます。グラスの縁から泡が盛り上がるように注ぎ入れたら完成。ビールと泡の比率は7:3が理想的です。

手に馴染む!一生使いたいタンブラー

 

備前焼タンブラーの詳細2

手に馴染む!一生使いたいタンブラー

大サイズは、男性の手だとすっぽりと収まるちょうどよいサイズです。裏には、備前焼作家恒枝直豆さんの陶印が記されています。

表面が少しざらついていて、無骨な印象があるのが恒枝さんの作風です。

飲み物が何でも美味しくなる!普段使いにもおすすめ!

 

備前焼タンブラーのその他の使い方

飲み物が何でも美味しくなる!普段使いにもおすすめ!

ビール以外にも、水や牛乳など普段飲む飲み物を入れても、美味しく飲むことができます。陶器なので、熱がゆっくりと伝わるので、温かい飲み物でもOKです。

ビール好きの方への贈り物には備前焼のタンブラーを

 

備前焼タンブラーを贈る

ビール好きの方への贈り物には備前焼のタンブラーを

贈る相手に合わせて、ラッピングを選んでいただけます。配送の途中で破損等ができる限り発生しないように、万全の梱包にてお届けいたします。

ドライフラワーの花束や手書きのメッセージなども添えることができますので、普段会うことができない方への心のこもった贈り物として最適です。

自然の炎で焼かれる備前焼だから一つひとつに個性がある

 

備前焼タンブラーの注意点

自然の炎で焼かれる備前焼だから一つひとつに個性がある

備前焼の特徴といえば、5日間以上に及ぶ登り窯での「窯焚き」です。窯内の温度が1200℃を超えるような窯を5日間焚き続けます。自然の炎によって、つくられる備前焼は、一つとして同じものが無いと言われています。

また、窯のどのあたりに置いて焼かれたかによっても、表情が全く違うのも面白い特徴です。多少の傷や表面のザラつきがある場合がありますが、備前焼の特徴でもありますので、その傷を楽しんでみてください。

水分を吸収する素材の特性上、つけおき洗いなどで長時間水に浸けておくと、汚れ成分を備前焼自体が吸収してしまい匂いがついてしまうことがありますのでご注意ください。

食洗機の使用や電子レンジの使用は控えてください。

インフォメーション

ブランド 恒枝直豆
生産地 岡山県
技法 備前焼
素材 陶器
サイズ (cm) Φ8.0*12.0
重さ (g) 270
容量 (ml)
なし(ラッピングありの場合は紙箱)
注意 電子レンジ NG、食洗器 NG、オーブン NG、直火 NG、IH NG
備考
納期 1~3営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)
恒枝直豆 恒枝 直豆恒枝直豆

備前焼のビアマグです。

備前焼のマグにビールを注ぐとクリーム状の泡が生じ、美味しいビールが出来上がります。

質の良い陶土で一点づつ成形し乾燥させたのち、絵付けもせず釉薬も使わずにそのまま焼き上げました。

窯への詰め方や窯の温度などによって自然に模様が表れるため、同じ模様、同じ色の作品はありません。

全て1点モノになりますので複数購入して違いを楽しむ方も多くいらっしゃいます。

渾身の作品をあなたの日常の中でお楽しみください。

ビールを最も美味しく飲めるタンブラー

備前焼に注ぐととてもクリーミーな泡ができる

備前焼タンブラーの特徴1

ビールを最も美味しく飲めるタンブラー

備前焼のビアマグや備前焼のビールジョッキでビールを飲むと、ビールをおいしく飲むことができます。 備前焼は主原料に干寄(ひよせ)という粒子が細かく収縮力の高い粘土を使っており、ガラス質のツルツルの膜を作るための「釉薬」を一切使いません。

そのため、備前焼の器の表面に微細な凹凸ができ、その凹凸によってビールの泡がよりきめ細かい繊細でクリーミーな泡になります。

 

備前焼タンブラーの特徴2

ビールの炭酸が少し苦手な方には特におすすめ!

日本のビールは海外のビールに比べて炭酸が強いものが多いです。でも、炭酸が苦手な人っていらっしゃると思います。備前焼にビールを注ぐと、備前焼の表面に空いた無数の目には見えない穴により、適度に空気が混ざります。

それによって、ビールをガラスのグラスや缶からそのまま飲むよりも少し炭酸が抜け、まろやかな味わいに変わります。クリーミーな泡とあいまって、とても角が取れた上品な味に感じると思いますのでぜひ試してみてください。

サイズは2サイズ

左が大サイズ 右が小サイズ

備前焼タンブラーの詳細1

大小選べる2サイズ

大サイズは280ml、小サイズは230ml入ります。男性は大サイズ、女性は小サイズがおすすめです。

よりクリーミーな泡を作りたい方へ

350mlのビールの場合は、とても泡立ちが良いので2回以上注ぐことができます。よりクリーミーな泡を楽しむためには3度つぎがおすすめです!

1 グラスをテーブルに置き、グラス底面に当たるように勢いよくビールをグラスの半分まで注ぎます。

2 上部の粗い泡が消えたら、今度はグラスの9分目までゆっくりとビールを注ぎます。

3 粗い泡が消えたら、3度目もゆっくりと注ぎます。グラスの縁から泡が盛り上がるように注ぎ入れたら完成。ビールと泡の比率は7:3が理想的です。

手に馴染む!一生使いたいタンブラー

 

備前焼タンブラーの詳細2

手に馴染む!一生使いたいタンブラー

大サイズは、男性の手だとすっぽりと収まるちょうどよいサイズです。裏には、備前焼作家恒枝直豆さんの陶印が記されています。

表面が少しざらついていて、無骨な印象があるのが恒枝さんの作風です。

飲み物が何でも美味しくなる!普段使いにもおすすめ!

 

備前焼タンブラーのその他の使い方

飲み物が何でも美味しくなる!普段使いにもおすすめ!

ビール以外にも、水や牛乳など普段飲む飲み物を入れても、美味しく飲むことができます。陶器なので、熱がゆっくりと伝わるので、温かい飲み物でもOKです。

ビール好きの方への贈り物には備前焼のタンブラーを

 

備前焼タンブラーを贈る

ビール好きの方への贈り物には備前焼のタンブラーを

贈る相手に合わせて、ラッピングを選んでいただけます。配送の途中で破損等ができる限り発生しないように、万全の梱包にてお届けいたします。

ドライフラワーの花束や手書きのメッセージなども添えることができますので、普段会うことができない方への心のこもった贈り物として最適です。

自然の炎で焼かれる備前焼だから一つひとつに個性がある

 

備前焼タンブラーの注意点

自然の炎で焼かれる備前焼だから一つひとつに個性がある

備前焼の特徴といえば、5日間以上に及ぶ登り窯での「窯焚き」です。窯内の温度が1200℃を超えるような窯を5日間焚き続けます。自然の炎によって、つくられる備前焼は、一つとして同じものが無いと言われています。

また、窯のどのあたりに置いて焼かれたかによっても、表情が全く違うのも面白い特徴です。多少の傷や表面のザラつきがある場合がありますが、備前焼の特徴でもありますので、その傷を楽しんでみてください。

水分を吸収する素材の特性上、つけおき洗いなどで長時間水に浸けておくと、汚れ成分を備前焼自体が吸収してしまい匂いがついてしまうことがありますのでご注意ください。

食洗機の使用や電子レンジの使用は控えてください。

インフォメーション

ブランド 恒枝直豆
生産地 岡山県
技法 備前焼
素材 陶器
サイズ (cm) Φ8.0*12.0
重さ (g) 270
容量 (ml)
なし(ラッピングありの場合は紙箱)
注意 電子レンジ NG、食洗器 NG、オーブン NG、直火 NG、IH NG
備考
納期 1~3営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)

ブランド

Brand

備前焼×シンプルモダン

恒枝直豆

  • 2001年
  • 陶芸家

窯焚きの様子

歴史

History

チャレンジを続ける陶芸家

1971年岡山県倉敷市に生まれ、1997年に備前焼作家の末石泰節に師事し作陶活動を開始しました。

1998年に備前陶芸センター研修生を経て、1999年に備前焼作家の佐藤苔助に師事し、2001年に北海道富良野にて独立しました。

2001年から2016年8月まで北海道にて活動し、2016年に岡山県浅口市に拠点を移し、2017年には穴窯を築窯し初窯を出しました。

活動の場所を移しながら、備前焼の魅力を伝えられるよう常にチャレンジを続けています。

オレンジ色が目に止まる角皿

特徴

Characteristic

明るい「オレンジ色」

備前の土を穴窯で焼き締めた器は、一般的な登り窯で焼くよりも薪で焚いた際の煙の量を抑えることができ、一般的な備前焼よりも明るいオレンジ色の発色が強くなります。

よく縮む粘土の特徴を生かして、普段使い出来るよう薄手で軽い作りであり、また粘土の通気性は水との相性が良いため、キッチンウェアを中心とした作品を多く作っています。

煙、すなわち灰の量で器の色が決まる備前の土は、窯の焚き方次第で、様々な色や風合いになります。

一つ一つ違う色合いを楽しんでいただければ幸いです。

料理を引き立てる器

お客様へ

For Customers

伝統的な素材で普段使いできるものを

伝統的な素材ですが、普段使いできるよう心がけ釉薬を使わない焼しめだから出来る特徴をシンプルに使える器に盛り込んだモノを目指して作っています。

受賞歴

Awards

2003年 第12回花の器コンテスト、第33回全陶展、第26回長三賞ビエンナーレ、第78回道展に入選

2018年 第61回日本伝統工芸中国支部展に入選

札幌、倉敷、富良野、東京、松山にて個展開催

かわいいモダンなラッピング

素材にこだわる

最高級素材を使ったギフトラッピング

和紙や水引など日本の最高級素材を使ったおしゃれでモダンなラッピングで結婚祝いや出産祝いなどの人生の大切なシーンや、バレンタインやクリスマスのプレゼントをより一層引き立てます。

技術にこだわる

熟練の職人の技で仕上げる

ラッピングを解いたときに、ふわりと花が開くように、包装紙が広がって見えるよう、できるだけテープを使わず、折り方や水引を組み合わせ、職人の技でラッピングしています。

マナーにこだわる

日本のマナー・しきたりを大切に

慶事用・弔事用ののし紙(掛紙)をご用意しております。御祝や内祝、ご法要など用途やシーンに合わせてお付けいたします。

贈り物を渡す際のマナーなどがわからないといった場合には、お気軽にBECOSのコンシェルジュにご相談ください。最適なマナーをお伝えいたします。

魅せ方にこだわる

感動されるオプションサービス

プレゼントや贈り物を受け取る方へ、贈る方の想いも一緒に届けることができるドライフラワーの花束やメッセージサービスを行っております。

Customer Reviews

Based on 2 reviews
100%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
s
sima
とても喜んでもらえました

ビール好きの家族へプレゼントしました。
到着まで実物を手に取れないので、それだけ少しだけ不安でした。しかし手に馴染んでとても飲みやすいとのことです!
大事にします。

M
M.M
ずっと欲しくて購入しました。

叔父が備前焼のカップを使用していたのを見て、購入。ビールの泡が滑らかになり口当たりが良い気がします。

Customer Reviews

Based on 2 reviews
100%
(2)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
s
sima
とても喜んでもらえました

ビール好きの家族へプレゼントしました。
到着まで実物を手に取れないので、それだけ少しだけ不安でした。しかし手に馴染んでとても飲みやすいとのことです!
大事にします。

M
M.M
ずっと欲しくて購入しました。

叔父が備前焼のカップを使用していたのを見て、購入。ビールの泡が滑らかになり口当たりが良い気がします。