ましの窯の器

ブランド

粘土を山から削り出し土の声を聞く

ましの窯

  • 2008年
  • 伊賀焼
  • 関龍郎
ましの窯の制作風景

歴史

伊賀焼の伝統を受け継ぐ職人

1991年から笠間、備前、信楽などで作陶の修行をし、2008年に伊賀市猿野に築窯し独立しました。

奈良時代に生まれたと言われる三重県の伊賀焼の伝統を受け継ぎ、灰釉陶器の制作を手掛けています。

ましの窯の食器

特徴

土の声を感じる器

灰釉陶器の制作を手がけています。

伊賀の粘土をつるはしで掘り、軽トラで運び用いています。

釉薬も全て自然の材料でオリジナルに作っています。

土の性質によって色や質感に違いが出ますが、ざらりとした感触は力強く、存在感があり、料理を美味しく演出します。

ましの窯の食器

お客様へ

想いのこもった温かみを感じてください。

手づくりのあたたかみのある器を作っています。

釉薬を施した器は、手作業のため1点1点少しずつ異なった表情を持っています。

それぞれの器に込められた想いやカタチを、手にとってお楽しみください。

飽きのこないデザインは日常使いしやすく、食卓に並べるとほっこりするような器に仕上がっています。

どうぞお気軽にお使いください。

プレゼントとしてもお喜びいただけます。

受賞歴

2013年 めし碗グランプリ陶器部門 最優秀賞

ましの窯|伊賀焼

フィルター
表示方法
表示 all 11 商品