友禅作家の作品を日常に「Morphoshere|手描友禅」

Morphosphere(モルフォスフィア)

ブランド

日常に一点ものの彩りを

Morphosphere(モルフォスフィア)

  • 2019年
  • 京友禅
  • 染色作家 眞鍋沙智
Morphosphere(モルフォスフィア)

歴史

時代や文化を越えた新しい友禅の楽しみ

私は、小さい頃から絵を描くことが大好きでした。

文学部在学中に友禅に興味を持ち、京都市染色試験場で手描友禅講習を受講しました。

大学卒業後は友禅作家 吉田喜八朗氏に師事し、自身の作品制作を開始、その後、2019年に友禅染めをキーコンセプトにしたものづくりブランド「Morphoshere(モルフォスフィア)」を設立しました。

名前の由来は、染色を始めたころから良く題材としていたモルフォ蝶(Morpho)と、天体や球を意味するスフィア(Sphere)からなる造語です。

Morphosphere(モルフォスフィア)

特徴

工芸xファッションxビジュアルアート

「tint」は「色を纏う」をテーマにした、染と刺繍レースのアクセサリーシリーズです。

あえて世界中の人に馴染みのある花をモチーフを選び、友禅独特の発色の美しさにこだわりました。

素材、デザイン、カラー、何度も試行錯誤と染色実験を繰り返した末にたどり着いた商品です。

友禅を身近に、発色の美しさを1人でも多くの方に知って欲しいという想いから、着物の枠を超え、デザインタイル、風呂敷もご用意しました。

独自の染料調合によって生まれる色で染めた商品は、正に一期一会の出会いです。

Morphosphere(モルフォスフィア)

お客様へ

友禅をもっと身近に感じられる存在に

染と刺繍のアクセサリー「tint」、手描友禅で制作した着物を銅版転写で再現した陶版のタイルや風呂敷。

「観る・着る・飾る」といった多様な作品を展開しています。

それは作品を通し、友禅染めの美しさを知り、色を纏う楽しみを実感していただきたいから。

今後も文化・世代を超えた新たな友禅の活用を模索し、あなたの日常にも取り入れてもらえる作品作りをしていきます。

あなたの日常が、京友禅の美しさで輝きを増し、豊かな毎日が送れますように。

受賞歴

2009年 日本工芸会近畿支部展「楽園への誘い」入選    

2011年 男物洒落着「ケモノデ」が日本新工芸新人奨励賞

2018年 第六回京ものユースコンぺティション 準グランプリ

Morphoshere|手描友禅

フィルター
表示方法
表示 all 25 商品