メイドインジャパンという最高級と共に

カート

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾るからす天狗の鬼瓦:加藤佳敬
28000

【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾るからす天狗の鬼瓦:加藤佳敬

なし

1400年の歴史を持つ鬼瓦は、古来より厄除け、魔除けとして、日本の家屋や家族を守ってきました。しかし、鬼瓦を屋根に飾ることができる家屋が減少しています。そこで現代の建築様式にマッチさせるため、「室内に飾る鬼瓦」という斬新なアイデアを実現した商品です。

 

~鬼師 加藤佳敬~

鬼にはない柔和な表情を

「からす天狗」をモチーフにした異色作。頭には仏教の世界で象徴的に使用される「蓮の花」が。泥水(悲しみや苦しみ)の中で育ち、美しい大輪を咲かせる蓮は「物事を成功させる」といった意味がある縁起ものだ。

¥28,000 税抜
- +

在庫状況:在庫あり
Product ID S0023-007
More Information
その他の情報
ブランド 室内に飾る鬼瓦インテリア、お守り「鬼瓦家守|三州瓦」
商品名 【三州鬼瓦】鬼瓦家守 (新東) 室内に飾るからす天狗の鬼瓦:加藤佳敬
伝統工芸 三州鬼瓦
寸法 14.0×20.0×2.6cm
製品重量 800g
原産国 日本
備考 桐箱入り。箱から取り出す際に鬼瓦を素手で触らないでください。 鬼瓦家守は【壁掛け】、【据置き】の両方の設置が可能です。壁掛けはネジ固定以外に、下地の無い石膏ボード壁でも付属の小鉄で固定できます。
Details

鬼師

Oni Shi

オリジナリティを追求する

加藤佳敬

来歴

History

大学卒業後、窯業機械メーカーで3年間勤務し、窯業の基礎を学ぶ。その後、家業である株式会社丸市に入社。鬼瓦制作、瓦製品の金焼きに従事。京都・知恩院等、有名寺社に作品を納める。

鬼瓦へかける思い

My philosophy

唯一無二の鬼面を求めて

1400年の歴史を持つ鬼瓦の体裁を崩すことなく、どこまで独自の世界観を融合できるか。オリジナリティの追及が一大テーマ。屋根に載せた時の光沢感にもこだわりがあり、緻密な仕上げ作業に一切の妥協はない。他では決して見ることのできない、自分にしか創れない鬼面を作りたい。まだ誰も見ぬそのカタチを彼は今日も追い求めている。

鬼瓦の可能性を広げたい

鬼であっても、鬼らしくない。鬼瓦であっても、鬼がモチーフとは限らない。そんな自由な発想こそ、彼の作品の魅力である。元々はただの土。それがイメージ通りの輪郭、表情へと姿を変えていく工程が「最も気持ちが高ぶる瞬間」である。

こだわり

focus points

瓦文化を世界へ

日本の国宝や重要文化財の復元などを意欲的に手掛けていきたい。また瓦文化を国内外に広めるため、瓦を使用したインテリアとしての作品制作や、エクステリア商品の制作にも注力していきたい、と今後の夢を語る。

お客様へ

For Customers

家紋瓦制作にも歴史あり

家紋瓦の石膏型。一般的な家紋はもちろんだが、寺社仏閣で使用される特殊な紋章も含めるとその数、実に3000以上というから驚かされる。一般的な瓦制作以外に、家紋瓦制作においても30~40年の歴史があるという。