【京焼-清水焼】大日 HiBiKi 碧彩 片口
Rated 3.5/5 based on 11 customer reviews

【京焼-清水焼】大日 HiBiKi 碧彩 片口

30,000円(税抜)以上お買い上げで送料無料!



Image
販売中: 在庫あり
¥6,000
お気に入り
大日 竹村 繁男 竹村繁男

空や海を思わせる釉薬が、緋色の下地に映える「片口」の単品です。

青い釉薬が外側に流れ、片口に趣を与えています。

外側に青の釉薬の流れる模様がボウルに変化を与えています。

私が自分で育てたひまわりを灰にし、葡萄や向日葵、無花果などを燃やした灰と混ぜて自然の灰釉を独自に作っています。

昨今、灰作りから自分で釉薬を作る陶芸家は少ないですが、発色に重要な影響を与えるため私たちはこだわりを持っています。

器の奥深さを感じていただけたら幸いです。

ブランド

Brand

自然灰釉の第一人者

大日

  • 1980年 創業
  • 職人 竹村繁男

歴史

History

30年以上にわたり、自ら作った釉薬で作陶

1953年京都山科に生まれ、京都府指定無形文化財保持者の木村盛伸氏に師事し作陶を開始しました。

30年以上にわたり自ら作った釉薬で作品を制作しています。

特徴

Characteristic

自然の「灰」と「炎」がつくる色

杉、葡萄、ひまわりなどの自然の植物を灰にし釉薬をつくります。

灰は一度にはたくさん取ることはできません。

大量の植物や木の枝を集めても、そこから取れるのはたった一握りです。

これを水に溶かして、何度も水を取り替えてアクや不純物を取り除き、長い時間をかけてやっと灰釉ができあがります。

向日葵を燃やして灰にしている様子

お客様へ

For Customers

陶芸へのあくなき探究心

手塩にかけて育て上げた作品は、ひとつひとつ表情が異なります。

陶芸へのあくなき探究心を持ち続け、自らの力で未来を切り開きます。

インフォメーション

ブランド 大日
原産国 京都府
技法 京焼・清水焼
素材 陶器
サイズ cm (約) 片口Φ9.0*H7.5, ぐい吞Φ6.0*H5.0
重さ g (約) 600
容量 ml (約)
電子機器 電子レンジ OK、食洗器 OK、オーブン NG、直火 NG、IH NG
備考
納期 3~5営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)