【京焼-清水焼】陶葊 花結晶 (白) 小鉢 (蓋物)
Rated 3.5/5 based on 11 customer reviews
販売: 受付中
¥3,850税込
- ポイント獲得
お気に入り
陶葊 土渕 善亜貴土渕善亜貴

透明感のある白色の結晶釉が美しい蓋物です。

入れ物としての機能性と空間装飾性を兼ね備えた仕上がりになっています。料理を盛り付け、薬味入れ、また小物入れとして使用してもよいでしょう。

花結晶は、器の表面に花が咲いたような美しい模様がでるのが特徴です。

結晶釉は、焼窯の中で溶けて冷却する過程で結晶が出る特性を持った釉薬です。

インフォメーション

ブランド 陶葊
原産国 京都府
技法 京焼・清水焼
素材 磁器
サイズ (cm) Φ10.0*H6.5
重さ (g) 250
容量 (ml)
紙箱
注意 電子レンジ OK、食洗器 OK、オーブン NG、直火 NG、IH NG
備考
納期 3~5営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)

ブランド

Brand

清水焼と技術革新

陶葊

  • 1922年 創業
  • 四代目当主 土渕 善亜貴

京都の東山泉涌寺界隈にある陶庵本店

歴史

History

四代続く窯元

現在の当主は四代目にあたります。陶葊の作品を特徴づける華麗な色釉は、独自で研究開発された新しい釉薬によるもので、他が追随できない優れた技術になっています。また、その草花を中心とした絵柄は、デッサンカに裏打ちされ、豊かな表現力をもって見る者の心を打ちます。近年は市場のニーズを適確にとらえた、インテリア装飾品なども手掛け多<の賞賛を得ています。

清水焼制作の様子

特徴

Characteristic

独自の高火度釉薬技術

焼物に使う鮮やかな絵具の多くは、釉薬を施し、本焼成した陶磁器に上絵具で図柄を描き、それを800℃くら いの低温で焼き上げる方法(上絵付)で色を出すのが 一般的ですが、陶葊では30年以上も前から、陶磁器 の素地に先に絵を付け、その上から釉をかけて1200 ℃以上の高温で本焼きする技法(下絵付)にこだわって研究開発を続けてきました。下絵付は高火度で焼くため、多様な色を出すのが難しいと言われますが、高温でも鮮やかに発色する顔料と釉薬の組み合わせを追求することで、まるでガラスコ ーティングしたような透明感あふれる色彩表現を可能にしました。陶葊の高火度釉薬技術は、どこにも負けないという自信を込めた作品となっております。

絵付けの様子

お客様へ

For Customers

釉薬の輝きを楽しんで欲しい

京焼・清水焼の伝統を受け継ぎつつ、常に技術革新に取り組み、他の京焼・清水焼と一線を画する作品を作り続けています。是非手にとって釉薬の輝きを楽しんでください。