【ジャケット羽織】Lily of da City Valley「憂國」 | 着物 | VEDUTA


価格(税込):
販売価格¥63,800

税込み 配送ポリシーはこちら

在庫:
お取り寄せ品 (注文可能)

【送料】3,980円以上で国内送料が無料

【在庫数が1点以上の場合】2営業日で出荷

500円クーポンプレゼント

お問い合わせ・コンシェルジュ

利用可能なお支払い方法

Mastercard Visa JCB American Express Diners Club PayPay Apple Pay Google Pay Shop Pay Amazon PayPal Paidy FamilyMart 7-Eleven Lawson Ministop お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

作り手からのコメント

VEDUTA 渡邉仁
渡邉仁

【 Suicide Writers 】
model:『憂國』三島由紀夫
statement:『散るこそ花と 吹く小夜嵐(さよあらし)』

かの三島由紀夫氏は述べた。
『日本人は金に目が眩んだ。精神的伝統は滅び、物質主義が蔓延り(はびこり)、醜い日本になった。まるで蛇の呪いにかかっているようだ。』

1970年、日本を憂い、魂を叫び、市ヶ谷(City Valley)にて自決。白無垢は、紅く染まった。生きて筆を取っても伝わらず、大衆の面前で吠えても伝わらず、それならば死をもって百合(Lily)のように散ることで、小さな嵐が吹く未来に懸けたのであろう。

百合の花言葉は『純潔』『誇り』。

『僕が死んでね、50年か100年たつとね、「ああ、分かった」という人がいるかもしれない。それでも構わん。』

あれから50年、遺志は、受け継がれた。

佐渡ヶ島の書道家 岩崎緑風氏とのコラボレーション。文豪の一節を1着、1着、手書きで毛筆しています。

素材は軽量のベルベットを採用。艶やかな陰影に、上質な肌触り。

特に春と秋に活躍してくれるアイテムで、光の当たり具合で花柄が浮かび上がります。

インフォメーション

ブランド VEDUTA
生産地 東京都
技法 着物
素材 ベルベット
サイズ (cm) フリーサイズ(身幅70 * 裄丈70 * 着丈80cm)
重さ (g) 300
容量 (ml) 0
OPP袋(透明)
注意 洗濯機 ×
備考 直射日光に当てて保管しないでください。
納期 3~5営業日程度(在庫切れの場合+3週間)

ブランドの歴史や特徴

ラッピングの選び方やこだわり

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)