【有田焼】2016/ サスキア ディーツ ブレスレット ドレーク カフ NO1-1 (ホワイト)


価格(税込):
販売価格¥17,600

税込み 配送ポリシーはこちら

在庫:
お取り寄せ品 (注文可能)

【送料】3,980円以上で国内送料が無料

【在庫数が1点以上の場合】2営業日で出荷

500円クーポンプレゼント

お問い合わせ・コンシェルジュ

利用可能なお支払い方法

Mastercard Visa JCB American Express Diners Club PayPay Apple Pay Google Pay Shop Pay Amazon PayPal Paidy FamilyMart 7-Eleven Lawson Ministop お支払い情報は安全に処理されます。 クレジットカードの詳細を保存したり、クレジットカード情報にアクセスすることはありません

スタッフからの一押しポイント

BECOSコンシェルジュ
コンシェルジュ

鱗のデザインがモダンな有田焼のブレスレット。白磁そのものの良さを生かした、上品なアイテムです。素肌につけてもよし、洋服の袖のうえからつけてもよし!オールシーズン活躍するアイテムですよ。磁器の大ぶりアクセサリーは珍しいので、ファッションにこだわりのある方へのプレゼントにもおすすめです。

ドイツのジュエリーデザイナーが手がける有田焼

ブレスレットの特徴1

ドイツのジュエリーデザイナーが手がける有田焼

陶磁器ブランド「2016/」は、有田焼の歴史と技術を継承するグローバルブランド。2016年、有田焼の発祥400年という節目の年に、世界に散らばる16組の優れたデザイナーと共にスタートしました。異なる文化をそれぞれに持つデザイナー達が、有田焼を再解釈し、有田の職人の技と融合させて世界の日常に寄り添うアイテムを生み出しています。

このブレスレットをデザインしたのは、ドイツを拠点に活動するサスキア・ディーツ。ジュエリーデザイナーとして国際的な評価を得ているアーティストです。2016/においては、毎年変わるファッショントレンドに 左右されない独自のアプローチで個性あふれる作品の数々を作り上げています。

鱗をデザインモチーフにした個性的な磁器のブレスレット

ブレスレットの特徴2

鱗をデザインモチーフにした個性的なアイテム

彼女が注目したのは、日本の文様に多く見られる鱗(うろこ)。日本には象徴的な装飾やモチーフについては強い意味がある一方で、ジュエリー作りに関しては特に豊かな遺産がないのでは…。そう考え、龍や鯉などにみられる鱗をデザインモチーフに取り入れました。

龍は、知恵と徳を意味し、鯉は決意と勇気、そして成功を意味するように、現代的なデザインでありながらもモチーフに深い意味が隠されているのがこのシリーズです。

どんなスタイルにもあうホワイトカラーのブレスレット

ブレスレットの特徴3

どんなスタイルにもあうホワイトカラー

白磁のよさを活かした清らかなホワイトカラーのバングルは、いつものスタイルにほどよいアクセントを添えてくれます。大ぶりで個性的なので使いこなせるか不安、という方もぜひチャレンジしてほしいアイテム。どんな素材・カラーの洋服にもあわせやすいのが魅力です。

夏は素肌に直接つけても素敵ですし、秋冬には洋服の袖の上につけてもおしゃれ。季節を問わず使えるので、きっとお出かけ時には手放せないアクセサリーになるでしょう。

金属のキラキラとした輝きや、宝石のジュエリーが苦手な方にもおすすめしたい逸品。また、モードなファッションスタイルが好きな人にもぴったりのアイテムです。

たっぷりのボリュームと磁器独特の艶が魅力の有田焼のブレスレット

ブレスレットの詳細1

たっぷりのボリュームと磁器独特の艶

バングルの大きさは、内径が約6.5cm、外径が約8.5cm、高さが約4.5cm、重さは約100gと、ボリュームたっぷり。磁器ならではの艶が美しく、高級感にもあふれています。内側はマットな仕上がりでさらりとした肌触り。さりげなく入れられたロゴも上品ですね。

外側は程よい丸みがつけられていて手触りもなめらか。鱗の模様は、凹凸による陰影によって表現されているため、やさしい印象です。肌に触れる内側の部分も外側同様に少し湾曲していて、肌に設置する部分が多くないため不快感なくつけられるのが魅力。

金属アレルギーなどでブレスレットをつけられない人も、安心して使うことができますよ。

シリーズ商品も豊富な有田焼のブレスレット

ブレスレットの詳細2

鱗のタイプもさまざま!シリーズ商品も豊富

サスキア ディーツの「ドレーク カフ」シリーズは、カラーやデザインの種類も豊富。艶のあるカラーやマットなカラー、グラデーションが施されたものやゴールド・シルバーのカラーが使われたものまで実にさまざま。

自身のワードローブにあわせて選べる豊富さがうれしいですね。デザインやカラーによってそれぞれ表情も異なるので、きっと好みの逸品が見つかりますよ。

個性あふれる有田焼のアクセサリーはギフトにおすすめ

ブレスレットを贈る

個性あふれるアクセサリーをギフトに

磁器のアクセサリーはとても珍しく、ファッションにこだわりのある大人の女性へのギフトにぴったり。誕生日プレゼントや記念日のプレゼントに、いつもとはひと味違うアイテムを贈りたいという人におすすめです。

BECOSのラッピングサービスは、和紙や風呂敷など日本ならではの素材を使った和モダンなデザインから選ぶことができます。また、直接手渡しできない時には、メッセージカードのサービスも。大切な日の贈り物に華を添えるラッピングから、お好みのものを選んでくださいね。

作り手からのコメント

2016/ サスキア
サスキア

鱗をモチーフにしたエレガントなブレスレット(ホワイト)です。

日本の伝統的な文様である鱗からインスピレーションを受けた、磁器のブレスレットです。

繊細に計算されたデザインで、大人の女性のシンプルさとエレガントさを引き立てます。

光沢のある白色が美しいアイテムを楽しんでください。

インフォメーション

ブランド 2016/ サスキア ディーツ
生産地 佐賀県
技法 有田焼
素材 磁器
サイズ (cm) φ6.5*H4.5
重さ (g) 100
容量 (ml)
紙箱
注意 電子レンジ NG、食洗器 NG、オーブン NG、直火 NG、IH NG
備考
納期 1~3営業日程度(在庫切れの場合+1~2週間)

ものづくりへのこだわり

デザイナー

Designer

鱗を用いた有田焼のジュエリー

サスキア・ディーツ

2016 collection Saskia Diez produced by HATAMAN TOUEN 2_Photography Kenta Hasegawa

特徴

Characteristic

ドイツを拠点に活動するジュエリーデザイナーのサスキア・ディーツは日本でよく使われているモチーフ、鱗を用いた磁器のジュエリーをデザインしました。

日本の文様に多く見られる鱗は龍、鯉、魚、蛇など様々なモチーフが存在し、これらのシンボルはそれぞれに異なる意味を持ちます。

例えば、竜は、知恵と徳を意味し、鯉は決意と勇気、そして成功を意味するように日本には象徴的な装飾やモチーフについては強い意味がある一方で、ジュエリー作りに関しては特に豊かな遺産がないのではと彼女は指摘しています。

ディーツが作るジュエリーは現代的なデザインでありながらも、モチーフに深い意味が隠されています。

プロフィール

Profile

彼女は金細工や工業デザインを学んだ後、様々なデザイン事務所で経験を積み、自身の事務所を設立しました。

特にジュエリーデザインに活動の注力して活動をしています。

作品は、その国や地域の文化的要素、アート、ファッション、工業デザインなどの要素を引用し、その時代時代の精神を反映させながらも、流行からは一線を画した立ち位置を取ることを特徴としています。

ジュエリーデザインに集中した理由として、ディーツは「ジェリーがどのように機能するのか、ジュエリーを通して人間にどのような影響を及ぼすのかということに興味あがった。ジュエリーは、古来より自分を飾るものとして存在し、人類の存在と同じぐらい歴史のある古いテーマです。」と話している。

彼女は自身のミュンヘンのスタジオにおいて、ジュエリーがどのように体にのっているのか、どのように動くのか、また金やシルバーのリサイクルなど、ジュエリーの様々な製造プロセスに関して研究を繰り返しています。

ブランドの歴史や特徴

ラッピングの選び方やこだわり